新型ヤリスが売れている理由「居住性よりも走り!!」 危険な賭けに勝った!??


 2020年2月10日から販売を開始したトヨタの主力コンパクトカーのヤリスは、先代モデルのヴィッツまでとコンセプトを大きく変更して登場。

 ヴィッツが万人受けを狙ったバランス型コンパクトだったのに対し、ヤリスは言ってみれば走りに特化したプレミアムコンパクトだ。

 売れて当たり前、売れないと死活問題の主力モデルのヤリスでトヨタは危険な賭けに出たとも考えられる。

 デビューから4カ月の販売台数を見る限りでは、トヨタはその危険な賭けに勝利しているようにも見えるが、ヤリスが売れている理由について渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA、DAIHATSU、平野学

【画像ギャラリー】ボディサイズはほとんど同じなのにまったく違う印象のヤリスとヴィッツをじっくりと見比べる!!


コロナ禍での登録台数トップの手放しで喜べない理由

プレミアムコンパクトカーを標榜し、潔いまでの割り切ったコンセプトで登場したヤリス。ヴィッツからは車名変更以上の変貌を遂げている

 2020年4月と5月の登録台数を見ると、ヤリスが2カ月連続して小型/普通車の1位になった。国内販売の総合1位はN-BOXだが、2位にはヤリスが入る。小型/普通車の2位は、4月がフィット、5月はライズであった(5月のフィットは3位)。

 ヤリスは2020年1月から予約受注を開始しており(正式発売は2月10日)、1月時点の契約で納期は3カ月に伸びていた。4~5月に登録された車両の多くは、1~2月、遅くとも3月上旬に契約されている。

奇しくもヤリスとほぼ同時の発売開始となったホンダフィットは、同じコンパクトカーとは言え実用性に優れた別ジャンルで独自の進化を遂げている

 コロナ禍で外出自粛が要請される中で、ヤリスがたくさん契約されたわけではない。

 逆に納期が全般的に短い軽自動車の影響は大きく、2020年5月の登録台数は、小型/普通車が40%減に対し、軽自動車は53%の大幅なマイナスになった(前年同月比)。

 そうなると緊急事態宣言によって4/5月の契約が減った影響は、今後の登録と納車に影響を与える。販売店によると、「最近のヤリスの納期は2カ月から2カ月半」なので、緊急事態宣言による受注の落ち込みは、6月から7月の登録台数に響く。

 ヤリスはヴィッツの後継車種だから、乗り替え需要も豊富だ。

コロナ禍の影響を最も受けているのが軽自動車で、人気のスーパーハイトワゴン軽自動車もN-BOXを除き軒並み大幅減となっている

 また2020年5月1日からはトヨタ系列の全店が全車を扱う体制に移行し、今はどこの店舗でもヤリスを購入できる(以前は東京地区を除きネッツトヨタ店のみ)。

 だとすればネッツトヨタ店以外でアクア、カローラ、ポルテ&スペイドなどを購入していたユーザーの乗り替えも考えられる。販売体制の変化で、ヤリスの売れ行きが今後も保たれる可能性もある。

ヴィッツよりもリアの居住性は明らかに劣化

 それにしても従来型ヴィッツからヤリスへのフルモデルチェンジは、一種の「賭け」だったという見方もできる。ヤリスにフルモデルチェンジされて、ヴィッツよりも劣化した機能があるからだ。

 ヤリスで劣化した機能の筆頭は後席の居住性だ。

 身長170cmの大人4名が乗車した場合、ヴィッツの後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分だったが、ヤリスは1つ少々に減った。着座位置も異なり、ヤリスはヴィッツに比べると腰が大きめに落ち込む。

写真で見てわかるとおり、ヤリスのリアシートの居住性はお世辞にもいいとは言えない。前席との距離が近く、腰部分が大きく沈み込む

 この変化を開発者に尋ねると、「ヤリスはヴィッツに比べて、前後席に座る乗員同士の間隔が37mm縮まった。後席の床と座面の間隔も、ヤリスはヴィッツに比べて32mm減っている」という。

 そのためにヤリスの後席は、ヴィッツに比べて足元空間が狭まり、腰が落ち込んで膝は持ち上がる。しかもヤリスでは、サイドウィンドウの下端をヴィッツよりも後ろに向けて大きく持ち上げた。この影響でヤリスの後席は、狭い上に閉鎖感も強い。

 ヤリスはヴィッツに比べて、後席の乗降性も劣化した。

 ヤリスのリア側のドア開口部は、上端部分が下降している。そのために乗降時に頭を下げる度合いが大きい。足元空間も狭まったから、乗り降りする時の足の取り回し性もよくない。

非常にスタイリッシュなヤリスだが、その代償としてリアドアの形状を見てもリアの乗降性に難点があることがわかる

次ページは : 購入時の注意ポイント

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ