新型ハリアーお得なグレード選び 300万円以下の最安グレードに不満はないか?


新型ハリアーは4WDの買い得感が高い

 4WDの価格上昇は、ノーマルエンジンが20万円、ハイブリッドは後輪をモーターで駆動するE-Fourになって22万円となる。

 この4WDの価格は割安な部類に入るので、用途に応じて積極的に選びたい。

 ハリアーの最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は、ノーマルエンジンが195mm、ハイブリッドも190mmと余裕があるから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。

 十分な最低地上高も、4WDシステムとの親和性を高めている。

新型ハリアーはRAV4とプラットフォーム、パワートレーンを共用するため、4WD性能に優れる。キャラクターには似合わないが、強さも持っている

価格差+税金類でパワートレーンを選ぶ

 ハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べると2WDで59万円、4WDでは61万円の上乗せだ。Zのハイブリッドは、この価格差で、おくだけ充電も加わるから少し割安になる。

 ハイブリッドはエンジン排気量も500cc増量されるため、ノーマルエンジンとの価格差が約60万円に拡大した。

 ただし税金は異なる。ノーマルエンジンでは購入時に納める環境性能割と自動車重量税の合計額が2WD・Gの場合で10万5000円になるが、ハイブリッドなら非課税だ。

 この税額の違いを差し引くと、ノーマルエンジンとハイブリッドの実質差額は2WDが49万円に縮まる。

2Lのダイナミックフォースエンジンは回転フィールなどにチープさがないのがいい。ハイブリッドの質感の高さはクラストップレベル

次ページは : ハイブリッドは走りの質感が高い

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ