ダイハツタフトvs.ハスラー 熱き軽SUV販売戦線 仁義なき戦い

 6月10日に発売した新型軽クロスオーバーSUV「ダイハツ タフト」が、好調な滑り出しを見せている。

 月販目標を4000台に設定したのに対して、発売1か月後の受注台数はその4.5倍にあたる約1万8000台に達している。流通ジャーナリストの遠藤徹氏によれば、7月中旬現在の納期は3か月待ちの10月中旬となっており、今後は月販5000台以上のペースで売れ続ける見込みとのこと。

 タフトは、従来のキャスト・アクティバ/スポーツの後継モデルとして登場。よりSUVコンセプトに寄せた新型車で直接のライバルはもちろんスズキの「ハスラー」である。

 新型タフト、ハスラーそれぞれの販売現場では早くも熾烈な争いが始まっているのか? 遠藤徹氏が足で稼いだ最前線の最新情報をもとに解説。

文:遠藤徹
写真:平野学、DAIHATSU

【画像ギャラリー】軽SUV戦線に熱い火花!! 新型タフト対ハスラー 画像で対決!


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ