ハスラー、スイフト…名車続々!! スズキのスキマ商法的名車5選


 スズキは本当に何をしてくるか読めないメーカーだ。よくケチケチ商法などと称されるが、ユーザーをいい意味で驚かせてくれる。そのラインナップはいつの時代も新鮮味にあふれている。

 ライバルに対し敵対心をむき出しにニューカーを出してくることも当然あるが、ライバル不在のスキマを狙ったクルマを巧みに登場させて新ジャンルを構築することのほうが多いのもスズキのマーケティングの極意と言える。

 スキマを狙って成功したスキマ商法的なスズキ車を紹介していく。

文:永田恵一/写真:SUZUKI


初代ハスラー(現行)

【画像ギャラリー】東京モーターショーで公開されるハスラーコンセプトこと新型ハスラー

販売期間:2013年~

本格的にオフロードは走らないけどSUVタイプの軽自動車が欲しいという人にとって最高の1台となるのがハスラー。ありそうでなかった軽SUV

 2013年の東京モーターショーで世界初公開された後、同年12月から販売開始。ショーで公開されたルーフの低いクーペタイプは市販されなかったが、待望の軽SUVとしてデビューするや大ヒット。

 スズキはオフロードを走れる本格SUVとして長きにわたりジムニーを販売しているが、さまざまなジャンルが存在し、あるようでなかったのが軽SUV。

 現在でこそ世界中でSUVがブームとなっていて、ラインナップが恐ろしいほど増えているが、2013年といえば人気はあったがブームと呼べるレベルではなかった。

 ハスラーの登場は早すぎず遅すぎずでこのスキマを狙うタイミングはこれ以外ない、という絶妙なものだった。ライバルのダイハツはキャストを登場させたものの、ハスラーがしっかりとマーケットを構築していて時すでに遅し、という感は拭えなかった。

2013年の東京モーターショーに出展された背の低いクーペタイプは市販されず。スズキだけに市販してくれると期待していたが、新型ベースでの登場に期待

 本格SUVではなくライトSUVを求めている人にとってハスラーは最高のモデルに移ったのは当然で、クルマ雑誌以外のファッション誌にも多数取り上げられ、軽SUVブームというよりもハスラーブームとしたのはスズキのしたたかさだろう。

初代アルト

販売期間:1979~1984年

アルト47万円というキャッチコピーは日本中に浸透し大ヒット。軽ボンバンは物品税が非課税という税制のスキマをついた絶妙な商品として歴史に残る初代アルト

 1979年にスズキの軽自動車の名車、フロンテの姉妹車としてデビュー。フロンテが軽乗用車だったのに対しアルトは軽ボンネットバン(略称軽ボンバン)の商用車だった。

 当時はクルマには物品税がかけられていて、軽乗用車は物品税が15.5%だった。それに対し軽ボンバンは非課税!! 軽ボンバンは車検も軽乗用車と同じ2年(小型貨物は1年)、保険料も安いといいことづくめ。

現代のクルマでは想像もつかないほどシンプルなインテリア。軽ボンバンだからリアシートも極狭だったが、安さによる手軽さが受けて大勝利

 ただし軽乗用車と同様に2人がけのリアシートを備えていたが、かなり狭く大人が乗るには厳しかった。

 税金面での優遇に着目したのが現在のスズキの鈴木修会長で、初代アルトはクルマ自体はオーソドックスな軽自動車ながら、「軽は基本2人しか乗らないから、じゃぁ4ナンバーの軽ボンバンにすれば維持費が安い」という割り切りと着目点がすばらしい。

 1989年に物品税が廃止されるまで、1980年代に軽の主流となった軽ボンバンのパイオニア的存在で、初代アルト登場以降、ダイハツミラクオレなど追従した。

アルトは物品税が廃止されるまで軽ボンバンがメインだったため、2代目アルトに設定されたアルトワークス(初代)も4ナンバー登録だった

 初代アルトは、ライバルのスキマではなく、法律のスキマを狙って登場したスキマグルマと言えるだろう。『47万円アルト』の衝撃は凄いものがあり大ヒット!!

次ページは : 初代スイフト

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ