ハリアー、それとも…? 質感・満足度の高く「走り」で選ぶ世界SUV選手権

ハリアー、それとも…? 質感・満足度の高く「走り」で選ぶ世界SUV選手権

 今のクルマは非常によくできている。かつては明らかに性能面で劣っている、というクルマが存在したが、現在ではほとんど皆無と言っていい。

 それは走りの性能に関しても言えることで、スポーツ&GTの走行性能が優れているのは当然ながら、そのほかのカテゴリーでも勝るとも劣らない性能を持ったクルマが数多くある。

 クルマを購入する際に何にプライオリティを置くかは人それぞれだが、走りのいいクルマが欲しいと思っている人は少なくない。

 本企画では、今人気ナンバーワンのSUVカテゴリーにおいて、走りのいいクルマを現役レーシングドライバーの松田秀士氏が選び出し紹介していく。

文:松田秀士/写真:PEUGEOT、FCA、TOYOTA、池之平昌信

【画像ギャラリー】走りのいいSUVは走っている姿もカッコいい!! 新型ハリアー、RAV4 PHV、プジョー3008、グランドチェロキートラックホークの共演


走りの質感が高いSUV(快適で満足感が高い!!)

 走りの質感が高いSUVはデビューしたばかりのハリアーだね。

 RAV4と同じ最新のSUV用のプラットフォームを採用しているけれども、明らかに乗り心地も質感も1~2ランク上のフィーリングだ。

 路面を選ばずサスペンションがしっかりと処理するので、ボディへの伝導が少ない。

見た目の美しさに目が奪われがちだが、走りの総合的なポテンシャルがとても高いレベルにある。オンロード/オフロードで質感の高い走りを披露する新型ハリアー
見た目の美しさに目が奪われがちだが、走りの総合的なポテンシャルがとても高いレベルにある。オンロード/オフロードで質感の高い走りを披露する新型ハリアー

 それでいてサスペンションは過度に動き過ぎず、路面のアンギュレーションに対して最小限のホイールストロークで処理するのでオーバーシュートせず、かといって硬すぎることによる振動感も少ない。

 インテリアも刷新されて視認性の良いディスプレーやメータ類、ダッシュやコンソールなどかなり質感を上げている。

 ACCとLTAも採用されて高速でのドライブ疲労を抑えて移動半径が広がるだろう。

RAV4とプラットフォームを共用する新型ハリアーは、一般道、高速道路、サーキット、オフロードで高い走行性能を持っていて、しかも安心して運転できる
RAV4とプラットフォームを共用する新型ハリアーは、一般道、高速道路、サーキット、オフロードで高い走行性能を持っていて、しかも安心して運転できる

 また前後カメラがそのままドライブレコーダーとしても機能。マイクロSDに画像が記録される。が、音声はプライバシーの観点から録音されない。

 そしてパノラマルーフには調光機能が採用され、ボタンひとつで透明と調光が切り替えられる。ハリアーは総合的に見て走りの質感が高いSUVだ。

前後録画機能付きのデジタルインナーミラーをはじめ、最新の運転支援装置も新型ハリアーの走りの質感を高めるのに大いに貢献している
前後録画機能付きのデジタルインナーミラーをはじめ、最新の運転支援装置も新型ハリアーの走りの質感を高めるのに大いに貢献している

次ページは : ハンドリングのいいSUV(走って楽しい!!)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ