1位はハイエース?軽トラ? そもそも何台くらい売れてるの?? 商用車 販売ランキング ベスト20

 車の話題といえば『乗用車』がほとんど。2016年末に、日産がノートで1986年9月以来の販売首位を獲得したことが話題になったが、これも乗用車のハナシ。当サイトで取り上げる話題もほとんどが乗用車だ。では、『商用車』の販売台数上位モデルはご存じ? どんな車があるの? どれくらい売れてるの? 人々の生活を支えている、普通免許で乗れる商用車の販売台数ベスト20(2017年1〜6月累計販売台数)をお届けします!!

参考/乗用車部門2017年1〜6月累計販売台数1位はトヨタプリウスで9万1246台、30位がホンダシャトルで1万4539台。
文:ベストカー編集部、渡辺陽一郎/写真:編集部、DAIHATSU、SUZUKI、TOYOTA、HONDA、NISSAN、MITSUBISHI
ベストカー2017年8月26日号


1位〜10位 大接戦の軽商用車頂上決戦はダイハツに軍配!!

1位 ダイハツ ハイゼットトラック/3万8590台

 2位と324台という僅差で、総合1位を獲得したのはダイハツの軽トラック、ハイゼット。『ハイゼットトラック』は、日本の軽自動車の商標としては最も古く、そのプライドを見せた格好だ。

2位 スズキ エブリイ/3万8266台

 現行モデルで6代目。35年の歴史を持つ。日産、マツダ、三菱にOEM供給している。

3位 スズキ キャリイ/3万1118台

 スズキにおいて、現在新車で購入できる車の商標としては最古参の人気モデル。トラックは『キャリイ』、バンが『エブリイ』と車名が異なるのも特徴だ。

4位 ダイハツ ハイゼットカーゴ/3万655台

 トヨタ、スバルにもOEM供給されている人気の軽バン。惜しくもトップ3入りは逃した。

5位 トヨタ ハイエースバン/2万6390台

 耐久性と使い勝手のよさから、ロングセラーとなっているキングオブ商用バン。

6位 トヨタプロボックス/1万6030台

 商用カローラバンの後継モデルとして開発されたライトバン。同カテゴリーのNo.1モデルで、2014年のマイナーチェンジで外観を含め大改良を施した。営業職のニーズが高い。

7位 日産 NV100クリッパー(バン)/1万4452台

 当初は三菱からOEM供給を受けていたが、現行2代目はスズキから供給を受けている。

8位 日産 NV350キャラバン(商用車)/1万1702台

 ワンボックス商用車の雄・ハイエースの対抗馬。マイナーチェンジでVモーショングリルを採用した。

9位 トヨタ レジアスエース/1万1340台

 ハイエースバンの双子車で、ディーラー販売系列を変えるために登場した。ハイエースはトヨペット店、レジアスエースはネッツ店で販売されている。

10位 ホンダ アクティトラック/1万655台

 他社の軽トラとは異なり、エンジンを荷台下、後輪前方にマウントするミドシップレイアウトを採用したトラック。

11〜20位 2tトラックやあのOEMモデルも登場!?

11位 日産 NV150AD/1万380台

 現行で4代目となる日産のライトバン。基本設計はウイングロードと同じだ。

12位 トヨタ サクシード/1万340台

 プロボックスの双子車。こちらもディーラー販売系列を変えるために登場。プロボックスはカローラ店で、サクシードはトヨタ店、トヨペット店で販売される。

13位 トヨタ ダイナカーゴ(1t積み&2t積み)/6210台

 トヨエースの双子車。ディーラー販売系列を変えるために登場。こちらはトヨタ店発売扱いだ。

14位 スズキ アルトバン/5304台

 価格は69万6600円からと、商用軽バンタイプでは最安モデルとなる。

15位 日産 NT100クリッパー(トラック)/5047台

 スズキからOEM供給を受けるモデル。元車はスズキ キャリイ。

16位 三菱ふそう キャンター(GVW 3.5t&5t未満)/4556台

 小型トラックとして世界初の6速DCTを採用した、三菱ふそうの意欲作だ。

17位 ホンダ アクティバン/3946台

 バンは1999年に登場、現在までマイチェンを繰り返し、生産販売している。

18位 スバル サンバートラック/3653台

 スバルの人気車種。2012年からはダイハツからOEM供給を受けている。

19位 トヨタ トヨエースカーゴ(1t積み&2t積み)/3560台

 ディーゼルハイブリッド車を設定するなど、エポックメイキングなモデルでもある。

20位 三菱 ミニキャブバン/3496台

 7代目の現行車はスズキからのOEM供給車となった。エブリイが元車。

プロボックス サクシードは最高の商用バンか?

 ランキングで総合6位に入ったプロボックス/サクシードは、商用ライトバンではトップセールスモデル。ライバルはADバン(日産)くらいしかいないという状況ですが、車の完成度はかなり高いと思います。

 ボディが専用設計されていて、ボディ剛性が高い。その恩恵もあり、ライバルのウィングロードベースのADバンに比べて、プロボックス/サクシードのほうが、走行安定性が高いんです。

 荷室も積み込みやすさを考慮して設計していますので、ライバルよりも一歩先を行っていると言えるでしょう。

 またマイナーチェンジでインパネの使い勝手を向上させるなど、今でも開発が続けられているので、さらによくなると考えられます。現状では最高と言っていいと思います。

【渡辺陽一郎】

2014年に大改良が施されたプロボックス/サクシード(左)。2002年から長らく売り続けられたモデル(右)からフロントフェイスを刷新したほか、ノートPCが置けるようインパネテーブルを大型化するなど、ビジネスユースに応える細かな気配りが満載だ

ハイゼットとキャリイ 永遠のライバルは何が違う?

 ランキングで総合1位に輝いたハイゼットと同3位のキャリイは、他のライバルを寄せ付けない軽トラの2強。永遠のライバルは何が違うのか? 現場でユーザーの声を直に聞く、埼玉県のスズキディーラー営業マンが、その違いを語ってくれた。

◆  ◆  ◆

 どちらもよくできた車で、エアコン性能や価格、燃費性能などトータルで見た場合、差はありません。

 ただ、スズキ キャリイが3速ATを採用するのに対して、ダイハツ ハイゼットが4速ATということで、高速道路をよく使うという方は、静粛性の高いハイゼットを選ばれる傾向があります。

 キャリイは、大きな荷物を積んだ時の応答性がいいので、街中で多く使われる方にはオススメです。

 あとは、ハイゼットのほうが選べるボディカラーが多いというお客様の声もあることはありますが……。

2014年に15年振りにモデルチェンジした現行ハイゼットは、軽トラックで初めて4速ATを採用した

◆  ◆  ◆

 商用車は、乗用車に比べモデルチェンジサイクルが長い。だが、信頼性を筆頭にユーザーの要求は乗用車以上にシビアな面もある。売れてる商用車には、それだけの理由があるのだ。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ