ヤリスクロス&ハリアーで盤石!? 国産他社に勝ち目はあるか?

ヤリスクロス&ハリアーで盤石!?  国産他社に勝ち目はあるか?

 ライズ、ヤリスクロス、新型ハリアーなど人気車を相次いで投入! トレンドのSUVを強化するトヨタに国産他社の対抗馬は?

 今まさにトレンドのカテゴリーといえばSUV。近年、国内外を問わず多彩な新車が相次いで投入されてきている。そうしたなかでも、顕著なのがトヨタだ。

 2019年に国内市場へRAV4が復活、人気を集め、小型なライズも投入。2020年6月には人気モデルのハリアーをモデルチェンジし、8月31日にはヤリスクロスが正式発表されるなど、トヨタのSUVラインナップはサイズ・特長も多彩で綿密になっている。

 果たして、国産他社のSUVに付け入る隙はあるのか。モデルごとに検証していきたい。

文:渡辺陽一郎
写真:トヨタ、日産、スバル、スズキ、マツダ、ホンダ、奥隅圭之

【画像ギャラリー】記事で取り上げたトヨタSUV たちをみる


トヨタのSUVモデル群はシティ派から本格派、サイズの大小も充実

初代RAV4(1994年~2000年)
初代RAV4(1994年~2000年)

 以前のSUVは本格オフロード派が中心だったが、1990年代中盤に初代RAV4などが登場して、次第にマイナーな存在になった。

 そして今は前輪駆動ベースのSUVが人気のカテゴリーになり、トヨタは2016年12月に発売したC-HR以降、SUVラインナップ構築に乗り出した。国内販売を一度終えたRAV4も復活させて、好調に売れている。

2019年に復活した現行型RAV4
2019年に復活した現行型RAV4

 トヨタSUV軍団の特徴は、コンパクト/ミドル/Lサイズのそれぞれに、シティ派とラフロード派を設けることだ。トヨタならハリアーやC-HR、ホンダはCR-Vやヴェゼル、マツダならCX-5やCX-30という具合に、シティ派が大幅に増えた。

 この反動もあって、最近はSUVの原点回帰が見られるようになり、外観を悪路走行をイメージさせるデザインに仕上げたラフロード派のライズやRAV4が人気を高めた。

 そのために前述の車種構成が求められ、トヨタはそれを実践するわけだ。SUVの需要を一網打尽にする戦略ともいえる。

ライズの販売は好調で、1月~2月・6月と登録台数首位にたった
ライズの販売は好調で、1月~2月・6月と登録台数首位にたった

 2020年1~7月に国内で販売された新車のうち、31%をトヨタ車が占めた。軽自動車を除いた小型/普通車に限れば48%に達する。綿密なSUVのラインナップは、トヨタだから構築できる。

 そうなると今後のSUV市場は「トヨタSUV軍団VS他メーカー」の構図だ。本格オフロード派のランドクルーザーと同プラドは、実質的にライバル車は不在だから、シティ派とラフロード派で激しいバトルが展開される。

次ページは : 小型SUVのライズ&ヤリスクロスを脅かすライバルの実力は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!