スズキハスラー対ダイハツタフト 全面対決 売れまくり軽ソフトSUV頂上決戦


 2020年2月に発売されたスズキの2代目ハスラー。去る6月に発売開始されたダイハツタフト。ピッカピカの軽SUV/クロスオーバーモデルとして何かとライバル的関係として取り沙汰される2台だが、実際この2台で悩むな~という方は多いのハズ。

 そこで今回はデザイン、使い勝手、走り、安全装備、空間、ウリ。全方位で比較チェックしてみたぞ!

【画像ギャラリー】元祖「 遊べる軽」と新鋭「青空SUV」! ハスラー&タフトをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:岡本幸一郎、ベストカー編集部/写真:スズキ、ダイハツ、ベストカー編集部/撮影:平野学
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■「似て非なり、非ながら似ている」ハスラー&タフト

 この2台、個性的なデザインとマルチに使える利便性の追求という点では共通するが、その表現の仕方が実に対照的。「遊べる軽」、ハスラーの2代目は、ひと目でわかる容姿を受け継ぎつつ、一方でインテリアには斬新なアイデアを盛り込み全方位で6年分の進化を遂げた。

 対するタフトは、このカテゴリーにダイハツが本気で名乗りを上げる最初の1台として、より直感的にSUVらしさを感じ取れるように仕上げている。

「フォルムはスクエアだけどデザインは丸っこいハスラー。それに対し、タフトは全体的に角ばっているし、パッと見ではだいぶコンパクトに見えるデザイン」と岡本氏

 車内空間の雰囲気も外観とリンクしており、まずハスラーは、とにかく広さと便利さを少しでも高める努力が感じられる。

ヘッドライトが角と丸だし、顔の表情もぜんぜん違う。ボンネットはタフトのほうが少し高い。タフトは全体的にガラスエリアが小さくゴツい雰囲気

 それに対しタフトは充分な広さを確保したうえで、クルマの前半分はドライバーのため、後ろ半分は荷物のためと前後で機能を分けて、それぞれ最適化を図っている。これは画期的なことだ。

タフトは分厚いボディと薄いキャビンが特徴的。タイヤの偏平率が65%と、60%のハスラーより大径で最低地上高は10mm大きい。ちなみに、全長は3395mmと同じだ

 前席の頭上に設けられた「スカイフィールトップ」は、これがないとタフトに乗ってもらう意味がないとの開発責任者の思いから全車標準装備。

 一方、切り立ったフロントウインドウや、車内のいたるところに設定された収納スペース、汚れモノを積んでも簡単に掃除できる荷室など、両車に共通する部分は多い。

 この2台は似て非なり、非ながら似ている……といえそうだ。

タフトはルーフにかけて絞り込んでいることと、車高が低いことが後ろから見るとよりよくわかる

■デザインの印象は?

 同じくタフさや力強さをアピールする軽クロスオーバーのこの2台。でも、個性はそれぞれということがスタイルでわかる。

 初代のアイコンを踏襲しつつ、「遊び心」を随所に盛り込んだハスラーに対し、タフトは「Back pack スタイル」を掲げ、後席&ラゲッジに積みこんで楽しむという、より道具感を強調したコンセプトがある。

幌馬車がイメージのリアに回り込んだ個性的な2トーンカラーを持つハスラー(モノトーンもあり)

 軽自動車初のガラスルーフもタフトをアピールするデザインといっていい。上を向いて気持ちを上げてもらえるように……との思いから生まれた。

スカイフィールトップ(ガラスルーフ)が全車標準装備。最大の強みで最大の魅力! 室内から見るとこんなにも開放的

次ページは : ■乗り心地・走りがかなりいいといわれる2台。両車乗りくらべての印象は?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ