BRZに続きトヨタ 86の現行型が販売終了! なぜ終売時期に違い?


 スバルの販売店ホームページを見ると、BRZについて「注文受け付けを終了いたしました」と掲載されている。メーカーに尋ねると「国内で販売されるBRZについては、すでに生産を終えている」と返答された。

 しかし、北米など海外のホームページを見ると、従来通り掲載されている。今はコロナ禍の影響もあり、市場によって販売状況が異なる。そこで国内向けは、早期に生産と販売を終えたようだ。

 一方、86については、2020年8月中旬においてBRZのような終了の告知は見られない。メーカーのホームページには、工場出荷時期として「注文いただいてから3か月程度、GRは4か月程度」と掲載されている。

 トヨタ版の86はどうなるのか? 取材により新たな情報が明らかになった。

文:渡辺陽一郎/写真:トヨタ自動車、スバル、池之平昌信/CGイラスト:ベストカー編集部

【画像ギャラリー】惜しまれる販売終了と期待される次期モデル! 86/BRZを写真で振り返る!!


■トヨタの86もすでに受注はストップ

メーカーのホームページにはまだ工場出荷時期が記載されているトヨタ 86。しかしオーダーはすでにストップし、数少ない在庫車を残すのみというのが現状だ

 トヨタの86については冒頭のとおり、メーカーのホームページにはまだ工場出荷時期が記載されている。だが、念のために販売店に尋ねると、まったく違う話を聞くことができた。

 「86はすでにメーカーへの発注が終了している。まず86のGRが終わり、ほかの一般グレードも先ごろオーダーが停止した。現時点で買えるとすれば在庫車だが、86は販売台数が限られることもあって在庫車は少ない。つまり新車の86は、実質的に購入できなくなった」

 今後の展開はどうなるのか、この点も尋ねた。

 「スバルが86の次期型を開発していることは確かだが、今のところメーカーから何の話も聞いていない。従って少なくとも2020年内に発売されることはないと思う」

トヨタ 86よりも先に生産終了がアナウンスされたスバル BRZ。コロナウイルス流行の影響もあり、国内向けは生産・販売とも終えたようだ

 通常は従来型の生産や販売が終わると、時間を置かずに新型車を発売する。車種のラインナップが途絶える期間が生じると、従来型から乗り替えを希望するユーザーも新型を購入できず、ほかのメーカーに移ってしまう心配も生じるからだ。

 そして、トヨタとスバルは、2019年9月に「新たな業務資本提携に合意」したと発表しており、提携の内容に「トヨタ86/スバルBRZ 次期モデル共同開発」が盛り込まれている。

 この項目がある以上、次期86とBRZの開発が進んでいることは間違いない。生産を終えるタイミングがBRZは早く、86は遅かったということだ。

■なぜ86とBRZで終売のタイミングに時間差?

86とBRZで国内での販売終了に時間差が生じたのは販売規模の違いもある。同ラインで製造される両車だが、販売網の規模には10倍ほどの開きがある

 86とBRZで国内の終了に時間差が生じたのは、販売規模の違いもある。

 2020年1~6月はコロナ禍の影響を受けて各メーカーとも売れ行きが下がったが、86は1か月平均で300台少々を登録した。BRZは約80台だ。

 86を扱うトヨタの4系列は全国に約4600店舗、スバルは約460店舗だから10倍の開きがあり、両車種の販売格差も拡大した。

 スバルは販売会社のホームページに、6月頃には「BRZは2020年7月20日をもって注文受け付けを終了致します」という告知を掲載していた。

 早い時期から顧客を募り、販売終了の準備を進めていたわけだ。スバルは販売ネットワークが小規模だから、メーカーも販売網全体の動きを把握しやすく、意思の伝達も容易だ。

次ページは : ■注目の新型86/BRZは排気量アップでアイサイトも搭載予定

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ