新型MX-30をマイルドHVから発売するマツダの狙いと背景

 EVでもロータリーレンジエクステンダーでもなくマイルドハイブリッドから発売!?

 7月31日、マツダはオートモービルカウンシルに新型MX-30を出展。同時に、マイルドハイブリッド(HV)仕様の「e-SKYACTIV G」を世界初公開した。

 MX-30は、先にピュアEV仕様が公開されており、さらにマツダの象徴ともいえるロータリーエンジンを活用したレンジエクステンダー仕様の存在も示唆されていたが、マイルドHVという“第三のパワーユニット”が存在することがわかったのだ。

 それだけでも驚きだが、新型MX-30は今秋、このマイルドHV仕様から発売を開始するというのだ。

 なぜEVでもレンジエクステンダーでもなく、マイルドHVから発売するのか? その背景に迫る。

文:鈴木直也/写真:大音安弘、MAZDA

【画像ギャラリー】EV? ロータリー? いいえ、マイルドHVです! マツダの狙いを新型MX-30で見る!!


■“マツダ初のピュアEV”の新型MX-30ながら発売はマイルドHVから

EVとして発売されると思われていたMX-30だが、日本市場でまず発売されるのはSKYACTIV G+24Vのマイルドハイブリッドシステム仕様だ

 MX-30といえば、2019年11月の東京モーターショーで初公開されたマツダ初のピュアEV。そう認識している人が多いと思う。

 かくいう筆者もその一人。7月31日、幕張メッセで開催中の「オートモビルカウンシル2020」でMX-30の最初の市販モデルが公開されると聞いて、「このコロナ禍にEVを投入するとは攻めてるなぁ」と、ノンキに感心していた。

 ところが、てっきりEV(もしくはレンジエクステンダーEV)だと思っていたそのMX-30、日本市場でまず発売されるのは、SKYACTIV G+24Vマイルドハイブリッドシステム仕様というじゃありませんか。

 「うーむ。やっぱりこのご時世にEVは厳しいか……」と、いま現在自動車メーカーが直面している市場環境の厳しさを、あらためて認識した次第です。

 そもそも、MX-30のEV仕様はいまどきのEVのトレンドに対して「逆張り」ともいえるコンセプトが特徴。電池テンコ盛りで航続距離を競うのではなく、電池容量35.5kWh/WLTCモード航続距離200kmという「ほどほどのEV性能」に留めているのがポイントだ。

100周年記念モデルとして発表されたMX-30。マツダ100周年記念モデルは全モデルがこのカラーで統一されている

 もちろん「いまさら初期型リーフ並みの航続距離かよ」という声が上がるのは百も承知。「航続距離が必要なら、レンジエクステンダーもあるしPHV仕様も用意します。重く高価な電池をテンコ盛りするより、そっちの方がトータル効率がいいですよ」という主張なのだ。

 このあたりは、ほぼ同等のEV性能にしてきたホンダeともあい通じる部分で、筆者はこれを勝手に“EV 2.0”と呼んでいるんだけれど、普通のファミリーカーをEVに置き換るのではなく、限定されたシティユースやセカンドカー向けのEVを狙った企画。 

 マツダやホンダは、そういう用途に限定しないとEVでは現状採算がとれない、そう考えているのだ。

 だから、MX-30というクルマ全体を理解するには、マツダが想定しているバリエーションが全部揃ってからでないと難しい。

■なぜNX-30はe-SKYACTIV Gから発売開始に?

新型コロナウイルスがマツダの開発・販売戦略に少なからず影響を与えたのでは……というのは筆者の考えすぎだろうか

 本来なら、まずCO2排出量規制がいちばん厳しい欧州でEV仕様を出し、しかる後に目玉商品ともいえるロータリー・レンジエクステンダーが華麗にデビュー。

 やっぱり、「マツダといえばロータリーだよね!」という評判を盛り上げたところで、日本や北米でより実用的なハイブリッド仕様を導入する。そういったシナリオを考えていたのではないかと思われる。

 ところが、世の中は未曾有のコロナ騒動でしっちゃかめっちゃか。採算性の厳しいEV仕様の量産化にはものすごい逆風が吹いているし、EVが出なけりゃロータリー・レンジエクステンダーも出しようがない。

 そこで、CX-30と被ってしまうことには目をつぶって、まずはいちばん無難なバリエーションから……。それが、MX-30がマイルドハイブリッド仕様からのデビューとなった理由と思われる(あくまで筆者の想像)。

■懸念はCX-30とのバッティング?

懸念されるのがCX-30とMX-30のユーザー層のバッティングだ。MX-30もCX-30も同じCセグのSUVなので、これを同じディーラーで販売するとしたらどうしても競合せざるを得ない

 ただ、そうなると懸念されるのがCX-30とMX-30のユーザー層がバッティングする問題だ。

 まだ価格が発表されていないからなんとも言えないのだが、MX-30もCX-30も同じCセグのSUV。デザインやドアのアレンジには特徴があるとはいえ、これを同じディーラーで売ったらどうしたって競合せざるを得ない。

 今だって、マツダ3とCX-30の食い合いが指摘されているのに、同じCセグメントにもう一車種投入するのはいかがなものか。最低限ハリアーとRAV4くらいキャラ付けを変えないと、マツダ規模の販売力では1+1=1になりかねない。

マツダは2030年までにすべての生産車に“e-SKYACTIV G”を導入すると公約している。そういう意味では24Vマイルドハイブリッドも重要な技術だが、インパクトに欠けるのは否めない

 技術的にも、マツダ独自の24Vマイルドハイブリッドシステムは、SKYACTIV-Xとの組み合わせてすでに市販されている。

 マツダは2030年までにすべての生産車に“e-SKYACTIV G”を導入すると公約しているから、そういう意味では24Vマイルドハイブリッドも重要な技術ではあるのだが、これだけではちょっとインパクトに欠けるのは否めない。

 また、欧州勢が雪崩を打って48Vマイルドハイブリッドに参入しているのを見ると、マツダ独自仕様という点も気にかかる。

■MX-30は「マツダのエコ志向を代表する役割」

インテリアにもエコロジーな素材を使用するMX-30。マツダのエコ志向を代表する役割を与えたのであれば、それをマイルドハイブリッドでデビューさせてしまうのは少しもったいない気もする

 思うに、いずれにしてもMX-30がマツダに大きな利益をもたらすとは思えないのだから、ここは環境フラッグシップとしての役割に徹する方がベター。

 そのために必要なのは、いちばん話題性のあるロータリー・レンジエクステンダーをなるべく速やかに市販することなのではないだろうか。

 せっかく独自デザイン車種としてMX-30を用意して、マツダのエコ志向を代表する役割を与えたのであれば、それをSKYACTIV G+24Vマイルドハイブリッドでデビューさせちゃうのはもったいない。

 デビュー前にダメ出ししちゃうのは申し訳ないのだけれど、ちょっとボタンを掛け違ってるような気がしてならないのでございます。

【画像ギャラリー】EV? ロータリー? いいえ、マイルドHVです! マツダの狙いを新型MX-30で見る!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ