三菱は今こそ往年の名車 パジェロミニを復活させて再興の足掛かりに!!!

 トヨタからRAV4が出て、ライズ/ロッキーがヒットし、ハリアーが注目を集め、2020年8月にはヤリスクロスが発売となる。

 日産からはキックスが登場し、ダイハツからはタフトが発売、スズキのジムニーは今も納車待ち1年かかっていて、人気が衰える兆しは見えない。日本市場はSUV全盛期と言っても過言ではない。

 そんな状況で思い出すのが、かつて「RVの代名詞」と言われたほど充実したラインアップを誇っていた三菱自動車だ。

 パジェロを筆頭にしたRV(今でいうSUV)ラインアップは他メーカーから頭ひとつ抜け出ていた…はずだった。しかし、いま「SUVといえば三菱」というイメージは、正直いって、薄い。今からそうしたイメージを取り戻すのは難しいかもしれない。

 しかし、たとえば往年の名車「パジェロミニ」だけでも復活させられないものだろうか。

 パジェロミニはかつて日産にもOEM提供しており(「日産キックス」という車名で販売)、現在「NMKV」として協業している三菱と日産ならモデル開発もしやすいはず。

 三菱、日産、両メーカーとも経営状況が厳しい現在、日本国内でしか販売が見込めない軽自動車の新規開発は難しいのは重々承知で、そうした提案はどうか、ファンは喜ぶのではないか、という説を、辛口で評判の自動車ジャーナリスト渡辺陽一郎氏に検証してもらった。

文:渡辺陽一郎、写真:三菱、日産、トヨタ、ダイハツ、スズキ

【画像ギャラリー】このまま復活させるだけでヒットするのでは…往年の名車パジェロミニ艶姿写真集


軽オフロードSUV パジェロミニの魅力

2020年上半期販売台数首位獲得したトヨタ ライズ

 月別に集計される国内販売ランキングを見ると、コンパクトSUVのライズが好調に売れて上位に入っている。

 今は安全装備の充実などに伴って、クルマの価格が全般的に上昇した。ミドルサイズのエクストレイルやRAV4では、大半のグレードが300万円を超える。

 SUVは人気のカテゴリーだが、200万円前後の価格帯から探すと、5ナンバーサイズに収まるコンパクトなライズになるわけだ。割安な上に、運転しやすいメリットもある。

 また最近はハリアーやMX-30のように、都会的なSUVが増えた反動もあり、オフロード感覚のSUVが注目されている。その意味でも野性的な外観のライズが人気を高めた。

 そこで復活を望みたいのがパジェロミニだ。軽自動車のオフロードSUVで、初代モデルは1994年、2代目は軽自動車規格が今と同様に整備された1998年に発売された。

軽自動車のオフロードSUVとして誕生した初代パジェロミニ(1994年~1998年)

 軽自動車でありながら、後輪駆動をベースにした4WDを搭載して、悪路で駆動力を高められる副変速機も備える。3ナンバー車のパジェロと同様、本格的なオフロードSUVであった。当時のライバル車はスズキジムニーだ。

 2代目パジェロミニの1か月の平均届け出台数は、発売から10年を経過した2008年に942台だった。先代ジムニーも1998年の登場で、2008年の届け出台数は1か月平均で1246台だ。

 パジェロミニは、ジムニーに比べると少ないものの堅調に売れたが、2013年に販売を終えた。それでも依然、人気は高い。

パジェロミニ Premium Selection ~Final Anniversary~(2012年)

 現時点で生産を終える直前に売られた2012年式パジェロミニが、中古車になって80~100万円を中心に販売されている。

 新車価格が150万円前後のグレードが中心だから、届け出から8年を経過していることも考えると、高値安定型の部類に入る。今でもパジェロミニに魅力を感じるユーザーが相応にいるから、中古車価格も高い。

3代目ジムニー(1998年~2018年)

 2012年式が80~100万円という中古車相場は、先代ジムニーにも当てはまる。現行ジムニーは今でも納期が約1年を要する人気車だから、パジェロミニも期待に応えるフルモデルチェンジを行って復活をさせれば、同様のヒット商品になる可能性がある。

販売店に聞く今後の三菱販売戦略

 このあたりを三菱の販売店ではどのように考えているのか、問い合わせると以下のような返答だった。

 「パジェロミニを使うお客様は今でも少なくないが、メーカーから復活させる話は聞いていない。当分の間、三菱の軽自動車は、eKクロスとeKクロススペースが柱になる。この2車種は、パジェロミニのような本格的な悪路走行には向かないが、フロントマスクはダイナミックシールドのデザインでSUVに含められる」

 軽自動車は無理でも、コンパクトサイズのSUVは登場しないのか、という点も尋ねた。「コンパクトSUVのRVRは(発売が2010年だから)古くなったが、先ごろ改良を実施したから当分の間はフルモデルチェンジしない。

エクリプスクロスは2020年10月頃に受注を一度打ち切る予定だという

 ミドルサイズのエクリプスクロスは、2020年10月頃に受注を一度打ち切った後、マイナーチェンジを行ってPHEV(充電可能なハイブリッド)を加える。その代わりクリーンディーゼルターボを廃止する可能性もある。

 アウトランダーも2020年の終盤から2021年に掛けて、現行型の生産を終える。この後、次期型にフルモデルチェンジする」。

アウトランダーもエクリプスクロスと同様に2020年終盤から2021年にかけて生産を終了する予定

 三菱の「2020-2021中期経営計画」によると、2020年度中(2021年3月まで)にエクリプスクロスにPHEVを加え、2021年度中(2022年3月まで)にアウトランダーを次期型へフルモデルチェンジする。

 2022年度(2023年3月まで)には、新型アウトランダーPHEVも投入する予定だ。このようにエクリプスクロスとアウトランダーの刷新は明らかだが、コンパクトなRVRは不明で、パジェロミニの復活はプランに入っていないらしい。

2020年6月に発売したダイハツタフト

 しかしスズキハスラーやダイハツタフトに相当する実用性とSUV感覚を兼ね備える軽自動車として、eKクロスとeKクロススペースは用意した。

 堅調に売れているから当面はこのラインナップで十分だろうが、三菱が往年の存在感を取り戻したいなら、老舗のメーカーとしてSUVに一層の力を入れる必要がある。

 そこまで考えると、eKクロスとeKクロススペースだけでは弱い。またエクリプスクロスとアウトランダーは、ボディサイズが重複している。ホイールベースは、RVRまで含めて全車が同じ数値だ。

三菱はどう軽自動車を販売していくべきか

 今のクルマの価格が全般的に高まった状況も考えると、三菱としては、価格を200万円以下に抑えたジムニーとライズに相当する車種が必要だ。それが新しいパジェロミニとRVRになる。

商品企画・車両開発を日産自動車主導で行い、2019年3月に登場したeKクロス

 まず新しいパジェロミニを軽自動車のイメージリーダーに据えて、eKクロスとeKクロススペースは、実用性を高めた売れ筋路線に位置付ける。そうなればパジェロミニの車名も「ハイパークロス」などに変えると良い。

 軽自動車よりも少し大きなコンパクトSUVのイメージリーダーは、新型RVRだ。スズキソリオのOEM車となるデリカD:2にも、SUV風の仕様を加えて(デリカを名乗るなら本来SUV風は不可欠だ)、新型RVRと併せてコンパクトSUVの足場を固める。

 このように軽自動車とコンパクトにそれぞれSUVを2車種ずつ設定すると、国内の販売戦略としてはバッチリだ。

株式会社NMKVから誕生した日産新型デイズ

 軽自動車サイズのSUVを企画した場合、日産と合弁で立ち上げたNMKVが開発を受け持つから、必然的に日産ブランドも用意する。

 軽自動車が新車販売されるクルマの40%近くを占める今、三菱と日産の両方で開発と販売を協力すれば、商品として成立するだろう。

 ただし、以前のパジェロミニのように、軽自動車のサイズで、後輪駆動ベースの4WDを開発することは難しい。

 今では軽自動車専用の後輪駆動プラットフォームを開発するのは、コストを考えると吊り合わないからだ。海外モデルにも、軽自動車に使える小さな後輪駆動プラットフォームはない。

 デリカD:2やミニキャブバン(スズキエブリイのOEM車)の供給を受ける絡みで、スズキジムニーのプラットフォームと駆動系、あるいはエンジンまで含んで利用する方法もあるが、これではジムニーの着せ替え商品になってしまう。

 現実的なのは、eKシリーズやデイズ&ルークスと同じ前輪駆動のプラットフォームを使った新しい軽自動車SUVの開発だ。

スズキ Kei 1998年~2009年)

 1998年にスズキが発売したKeiのような5ドアハッチバックで、少しサイズの大きなタイヤを装着することにより、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を180mm前後に拡大する。

 そのいっぽうで全高を1550mm以下に抑えれば、立体駐車場を使いやすい。なおかつeKクロスに比べて全高が約100mm下がるため、走行安定性と乗り心地のバランスも向上させやすい。

 今はハスラーやタフトのようなSUVスタイルの軽自動車が人気だから、背の高さに応じて選べる3車種を用意すると、「クロスシリーズ」として販売促進も図りやすい。

三菱の今後の展開

 三菱は伝統的にSUVが得意なメーカーで、今はこのカテゴリーが特に注目されているから、ラインナップを充実させて三菱のイメージを高める絶好のチャンスだ。

海外専売車であるパジェロスポーツ

 パジェロが生産を終えたので、海外で販売されるパジェロスポーツ、SUVとミニバンの中間的なエクスパンダーも導入したい。

 さらにデリカD:2、ミラージュ、iミーブにもSUV風の仕様を設ければ、フルラインSUV体制を構築できる。

 そこに新しい軽自動車サイズのSUVも用意して、日産でも姉妹車を扱えば、コスト的に無理をしないで「SUVの三菱」を明確に打ち出せる。

 今ではランサーエボリューションは廃止され、好調に売れて注目度の高い三菱車は、eKシリーズとデリカD:5のみだ。

 「2020-2021中期経営計画」に示されたエクリプスクロスとアウトランダーの刷新だけでは先行きが危ぶまれる。SUVをキーワードに、海外モデルも活用して、車種を充実させるべきだ。

【画像ギャラリー】このまま復活させるだけでヒットするのでは…往年の名車パジェロミニ艶姿写真集

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ