三菱次期エクリプスクロス&アウトランダーが最激戦区に挑む!!


 三菱自動車は、2020年7月27日に電話会議を通じて行った決算説明会で、2021年に「エクリプスクロスPHEV」と、「アウトランダー」の新型を投入することを明言した。

 エクリプスクロスの戦うSUVカテゴリーには、マツダ「CX-30」やトヨタ「ヤリスクロス」、日産「キックス」といったライバルがおり、三菱の持つ四駆技術で差別化をしている状態だ。とはいえ数字で見ると、ジャンル全体はものすごく売れているのに、エクリプスクロス単体ではそれほど売れてないイメージとなっている。

 三菱内で見ると「デリカD:5」「デリカD:2」に次いで売れているエクリプスクロスなだけに、三菱としてはなんとかテコ入れで追従したいと考えているだろう。

 エクリプスクロスは、2021年の改良でフロント意匠の変更と、PHEVを追加。そしてアウトランダーはフルモデルチェンジすることを明かしているが、その内容はどれほどの武器となるのか? そしてライバルに追いつくために何が必要なのか? 自動車評論家の渡辺陽一郎氏が考察していく。

文/渡辺陽一郎
写真/MITSUBISHI、編集部

【画像ギャラリー】どんなフロントマスクに生まれ変わるのか期待大!! 現行型エクリプスクロスの詳細をチェック!!


■SUVにこだわりを持つ三菱 モデルの古さが販売の枷となる

 最近はSUVの人気が高い。小型/普通車の登録台数ランキングを見ると、上位にはトヨタ「ライズ」「RAV4」「ハリアー」、ホンダ「ヴェゼル」などのSUVが並ぶ。

 そしてSUVを長年にわたって開発してきたメーカーが三菱だ。今は全般的に設計が古く、「RVR」の発売は2010年、「アウトランダー」は2012年、最も新しい「エクリプスクロス」でも2018年になる。三菱の販売店舗数も、今は600カ所弱に減った。トヨタの約4600カ所(4系列合計)、ホンダの2200カ所、日産の2100カ所に比べると大幅に少ない。

 従って売れ行きも落ち込んだ。2020年1~6月の登録台数は、コロナ禍の影響もあり、1カ月平均でエクリプスクロスが400台、アウトランダーは350台にとどまる。

スタイリッシュなデザインに、ランエボの技術を応用したAWD技術を採用し、2018年3月に発表されたエクリプスクロス。2019年6月には、デリカD:5で評価の高い2.2Lディーゼルを搭載したモデルを追加した
プラグインハイブリッド世界累計販売台数ナンバー1(2019年5月末時点)を獲得するなど、世界中で認められているアウトランダーPHEV。三菱の新たなフラッグシップとして新型に大きな期待がかかっている

「デリカD:5」はミニバンながらSUVのアウトランダーと同等の走破力を備え、クリーンディーゼルターボも搭載するから950台に達した。しかしそれ以外の車種は、軽自動車の「eKシリーズ」を除くと低調だ。

ミニバンというカテゴリーで唯一無二の存在感を発揮している「デリカD:5」。ビッグマイナーチェンジで2.2Lディーゼル一本に絞ったが、その戦略が当たり、現在三菱で一番売れているモデルとなった

 ただし、今後は流れが変わるかも知れない。三菱は「2020-2022年度中期経営計画」において、2020年度中にエクリプスクロスにPHEV(充電可能なプラグインタイプのハイブリッド)を加えて、2021年度中に次期アウトランダー、2022年度中に次期アウトランダーPHEVを発売すると発表したからだ。

 またアセアン地域でも、2023年度以降になると、SUVとミニバンの機能を併せ持つ「エクスパンダー」にハイブリッドを加える。このあとはエクスパンダーやパジェロスポーツをフルモデルチェンジする予定だ。従来型のパジェロは、国内に続いて海外でも販売を終えるが、「パジェロスポーツ」などは刷新させる。つまり三菱は今後もSUVに力を入れ続ける。

■販売店が語る期待値と 復調のために求めたいバリエーションの必要性

 気になるのは新型SUVの発売時期で、三菱の販売店では以下のようにコメントした。

「エクリプスクロスは、取りあえず(2020年)11月頃に販売を一度終了する。コロナ禍の影響もあるから確定的ではないが、改めてマイナーチェンジを実施して発売する。この時に新たなモデルとして、エクリプスクロスPHEVも加える予定だ」

「アウトランダーも(2020年)10月頃には終了する。アウトランダーは現行型の登場から7~8年を経過するため、2021年に入ってフルモデルチェンジを受ける」

 ユーザーの反響についても尋ねた。

「エクリプスクロスでは、ディーゼルの注目度が高いが、PHEVを求めるお客様もいる。アウトランダーPHEVはボディが少し大きく、運転感覚も安定性と乗り心地を重視した。スポーティな走りを好むお客様には、エクリプスクロスPHEVが合っている」

 アウトランダーではPHEVの販売比率が高く、2020年1~6月は78%を占めた。またデリカD:5とエクリプスクロスに搭載されるディーゼルも、大切なセールスポイントになる。従って三菱の特徴的なメカニズムは、PHEV/ディーゼル/先進的な4WDとされ、売れ行きを伸ばすためにもこの3点セットを幅広い車種に用意することが必要だ。

 その第1弾がエクリプスクロスのマイナーチェンジになる。エンジンは現在も搭載される1.5Lガソリンターボ、2.2Lクリーンディーゼルターボにプラグインハイブリッドを加えるから、3種類の選択肢が得られる。

 このほかエクリプスクロスではフロントマスクのデザインなども変更するが、売れ行きを積極的に伸ばすには、複数の特徴やバリエーションが必要だ。

 オフロード感覚を強めたグレードは不可欠だろう。今は都会的な雰囲気のSUVが増えており、この反動で、ユーザーの間にSUVの原点回帰が芽生えている。例えばRAV4やライズは、前輪駆動ベースのシティ派SUVに分類されるが、外観は後輪駆動ベースのオフロードSUV風で販売も好調だ。

 エクリプスクロスの場合、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は175mmを確保して悪路走破力も相応に高いが、オフロード感覚と野性味をさらに強めたグレードも欲しい。現行型はスポーティだが、少し背の高いワゴンという感覚でSUV特有のインパクトは弱い。現状のM/G/Gプラスパッケージに、オフロード指向のグレードも加えたい。

一見スポーティなシティユースのSUVかと思うが、三菱自慢のS-AWCなどを搭載しており悪路走破性の高さは特筆すべきものとなっている

次ページは : ■ライバルとの比較で見えてくる価格面の重要性

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ