アフターマーケット激震!? 続々標準装備化 ドライブレコーダーはカーナビの二の舞になるか?

 今やカー用品の救世主とも言われているドラレコ(ドライブレコーダー)。カー用品店やeコマースでも多くのモデルが販売され実際売れている。

 しかし2020年6月に発売を開始した新型トヨタハリアーに設定されたデジタルインナーミラーには前後の録画機能が搭載されており注目を集めている。

 これまで市販モデルを除いたドラレコに関しては基本ディーラーオプションとして設定してきたが、今後はメーカーのライン(工場)で装着されるスタイルに移行するのか? カーナビのように純正品の勢力が拡大するのか? 

 カーナビは後付け市場が活性化して、だからこそ多機能化が進み、独自性の強い商品も多く生まれた。しかし、自動車メーカーが独自開発した純正品が増えたことで、そうした面白いモデルは少なくなってしまった。

 ドラレコもカーナビの歴史を踏襲し、自動車メーカーに市場を食い荒らされてしまうのか。それで既存の後付けメーカーはいいのか? この辺りについて考察していく。

文:高山正寛/写真:TOYOTA、BMW、奥隅圭之、平野学、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】採用車が増殖中!! ルームミラーにリアカメラを映し出すのが今後のトレンドになること間違いなし!!


 

そもそもドライブレコーダーとは言っていない!?

新型ハリアーは今採用するクルマが増えているリアカメラの映像をルームミラーに映し出すデジタルインナーミラーを採用し、前後録画機能を付加

 実は新型ハリアーのデジタルインナーミラーは「前後方向録画機能」と明示されており、はっきりとドラレコ(機能)とは言っていない。

 禅問答のようだがハリアーの試乗会で開発担当者に確認をしても、「あくまでも車両前後の映像を高解像度で記録することを目的としている」と言っている。

 実際ハリアーのシステムはスペックだけで見れば昨今市販で人気のドラレコには追いついてはいない。

 録画された映像はスペック以上の見え方はするものの、画角や解像度、さらに音声の記録ができないことからも、これはドラレコというレベルではなく、あくまでもデジタルインナーミラーに付帯するサポート機能と考えたほうがいい。

BMWはBMWドライブレコーダー「Advanced Car Eye 2」を販売中。MINIにもMINIドライブレコーダーとして設定されている

 また他の自動車メーカーとしてはBMWがADAS用のカメラを活用して独自の「BMWドライブレコーダー」という機能をweb経由のサブスクリプションサービスとして先行して展開している。

 これに関しても「それではもうドラレコは装着しなくてもいいのか?」という問いに対し、そうではなく前後録画も含めて同社で取り扱っている「Advanced Car Eye 2」の装着を推奨される。

 さらに過去を振り返るとカロッツェリア(パイオニア)のサイバーナビが採用した「クルーズスカウターユニット」も初期の頃はドラレコ機能とは言わかったことも記憶にある。

ハリアーはユーザーのニーズに合わせて商品化

 これらに共通しているのは市販ドラレコとの比較云々ではなく、現在(当時も含め)ドラレコが必要とするスペック、さらに予防安全の観点からの必要規準に達していないからと考える。

 また製造物責任の観点からも十分な性能を発揮できるまでは搭載には慎重だったこともある。

ハリアーのデジタルインナーミラーは画素数など今後さらに進化していくことは間違いないと思われる

 それでは結局はオマケ程度の機能なのか、と言えば必ずしもそうではない。ハリアーは実際売れていることからも今後の改良も含めた開発費用は一定以上担保されるはずだ。

 ドラレコの場合、基本の枠組みを作り上げれば、まずレンズや撮像素子などのハードウエア、そして何よりもソフトウエアのアップデートにより従来以上の性能を出すことは可能である。

旧型ハリアー時代に、「後付け感のない、すっきりとした取り付け」のドラレコに対するニーズが高まっていて、新型で商品化に踏み切ったという

 元々ハリアーに関しては前ユーザーなどからもドラレコの標準装備化、言い換えると「後付け感の無い、スッキリとした取り付け」の商品が求められていたと言う。その点では今回のハリアーはまずは第一段階をクリアしていると言っていい。

 デジタルインナーミラーは記録用のSDカードスロットが本体に組み込まれているが、元々熱に弱いSDカードとCPUや液晶ディスプレイ、さらに直射日光による熱は元来相容れないものだ。

 それをディスプレイの冷却用に組み込んだファンを活用しSDカードの温度上昇も抑えるという仕組みは基本設計として今後も十分通用するはずだ。

 つまり第2段階として顧客の声を反映し、高画質映像や音声録画機能などをブラッシュアップするだけで大きく進化することができる。

アフターで販売されているドラレコに比べると性能面では劣るかもしれないが、ドラレコとして十分機能を果たすことができる

本当に重要なのはADASとの連携

 あくまでも予想ではあるが、今のハリアーの順調すぎる受注数から見ても年次改良レベルでのデジタルインナーミラーの機能アップは難しいと感じている。

 受注残をクリアして安定した供給ができるようになった頃に年次改良したのではそれまでのユーザーが落胆するのは目に見えているからだ。

 またトヨタも「デジタルインナーミラーにドラレコ機能を搭載しました」というのは芸が無い、というか、もっと数歩先の戦略を持っているはずだ。

トヨタは日本メーカーとしては初めて前後録画機能付きデジタルインナーミラーを純正採用したが、さらに先を見据え、緻密な連携がされるはず

 それがADAS(先進運転支援システム)との連携である。カメラやセンサー類を効率的かつ高機能化することにかけてはどのメーカーもADASを中心にレベルアップを行っている。なかなか進化が見えない自動運転領域に関しても同様だろう。

 いっぽう、搭載するカメラを活用して「車上荒らし」などの記録もできるモデルも高級車を中心に展開している。

 しかしこれらを見るとそれぞれが登場した時期も含め、スタンドアロン(単独)で作動しているクルマも多い。

 要は今後はADASをコアにドラレコ機能等も統合、さらに通信との連携でセキュリティ面でのレベルを高めることも視野に入れて開発を行っていくはずだ。

日産スカイラインに搭載されているプロパイロット2.0を筆頭に、各メーカーはADASの開発を精力的に行っていて、ドラレコ機能の統合も視野に入れている

 複数機能を高機能なチップを中心に制御することで今までイメージできなかった機能も実装できるようになるはずだ。もちろんこの流れが実際車載された時、瞬間的に車両価格は上昇するだろう。

 ただ量産化により最終的には高機能かつコスパに優れたシステムとして多くのクルマに搭載されていくはずだ。

市販ドラレコはどうなるのか

1990年代にアフターのカーナビが大人気となったが、自動車メーカーが自社開発の純正品を積極的に展開してマーケットの構図が激変した

 過去、市販モデルが市場を牽引していたカーナビにおいて純正モデルの勢力が大きく伸びたことを考えると今回のドラレコも同じような流れになるのではないか?という考えが出てくる。

 最終的にはこれまでの狙いなどからも自動車メーカーが覇権を握ることにはなるだろう。しかし、まだまだ当面は市販モデルの強さは変わらない。

 コロナ禍の影響があり、今年の4~6月期の国内出荷実績は対前年比で見ると約7割程度だ。

 しかし「蜜」を避けたクルマでの移動自体は今後も増えていくなか、昨年の480万台には届かないにしても下半期(10月~3月)は大きく出荷を伸ばすはずだ。

 またドラレコ自体の機能もわずか1年で大きく進化しており、前後カメラから360°録画、さらにレーダー探知機との連携などを考えると当面は市販モデルが市場を牽引すると見ている。

【画像ギャラリー】採用車が増殖中!! ルームミラーにリアカメラを映し出すのが今後のトレンドになること間違いなし!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ