スポーツカーの象徴 今こそ安く買える かつて憧れたリアウイングの精鋭 5選


三菱GTOツインターボ

販売期間:1990~2001年(超大型リアスポイラーは1998年8月以降)
中古車価格:80万円台から

ドランク開口部の関係で独特のステイ形状のGTOの超大型リアスポイラー。そびえたつという表現がピッタリの存在感を持っている

 1990年に登場したGTOはR32型のスカイラインGT-Rに代表される当時の日本最速車争いを盛り上げた1台である。

 GTOはスポーツカーというにはエンジン横置きのFF車ベースで、ツインターボは4WDということもあり車重は約1700kgと重く、強引な成り立ちではあったが、それも個性的だった。

 ツインターボのリアスポイラーは初期モデルがアクティブエアロシステムと呼ばれる車内から電動で角度が変えられるものだった。

 アクティブエアロシステムは比較的早い段階で廃止されたが、その代わりリアスポイラーは改良のたびに大きなものとなり、特徴的なリアスポイラーだったのは確かだ。

初期モデルはアクティブエアロシステムを採用し、室内から電動でリアスポイラーとフロントスカートの角度が変更できた

三菱ランサーエボリューションVII GT-A

デビュー:2002年(2000台限定)
中古車価格40万円台から

エボシリーズ初の2ペダルモデルとして登場したエボVII GT-Aは標準状態ではやや控えめなリアスポイラーが装着されている

 ランサーエボリューションとしては3代目のボディとなるVIIに追加されたGT-Aは2000台限定となるランサーエボリューション史上初の2ペダル車である。

 GT-Aは5速ATにAT用にチューニングされた2Lターボ(272馬力)を組み合わせ、フロントのLSDが付かない点以外はブレンボのブレーキをはじめMTのランサーエボリューション7にかなり近く、サーキットのラップタイムも速かった。

 リアスポイラーはGT-Aのアダルトなイメージも考慮し、小型のものを標準にリアスポイラーなしとランサーエボリューションVIIと同じ大型のものが選べるのは面白かった。

オプションでエボVIIと同じ大型のリアスポイラーを選択することができた。見栄えがいいため、購入者の多くが大型タイプを装着

 GT-Aはリアスポイラーなしがあるという点と2ペダルという点で最後のランサーエボリューションとなったXの布石のようなところもあるモデルとも言える。

 その割に高値安定のランサーエボリューションの中では中古車価格は安いので、「とりあえずランサーエボリューションに乗ってみたい」というなら狙い目かもしれない。

仰々しいのは嫌という人や後付けでオリジナルのウイングタイプのものを装着したい人にはリアスポイラーレスも選択できた

次ページは : 2代目スバルインプレッサWRX STIプロドライブスタイル

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ