スポーツカーの象徴 今こそ安く買える かつて憧れたリアウイングの精鋭 5選


 10年ほど前までスポーツモデルに付くリアスポイラーは高性能の証のようなもので、「大きいほどエライ」というイメージすらあった。

 しかし最近ではスポーツモデルに乗るユーザー層の変化などもあり、あまりに大きいリアスポイラーが敬遠される傾向で、大きなリアスポイラーが付くスポーツモデルは減り、そういった現行車は高い。

 という背景もあり、コミコミ100万円あれば購入できる特徴的なリアスポイラーを持つ中古車をピックアップしてみた。

 こんな古いクルマに100万円は高すぎる、と感じる人もいれば、ピクリと食指の動いている人もいると思う。さて、どんなクルマが登場するか?

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、AUTECH JAPAN、MITSUBISHI、SUBARU、HONDA

【画像ギャラリー】今となっては貴重!! 仰々しいまでのリアスポイラー&リアウイングは高性能の証だった!!


トヨタカローラレビン&スプリンタートレノ(AE110型:マイチェン後のBZ系)

販売期間:1995~2000年(1997年マイチェン)
中古車価格:40万円前後から

1997年のマイナーチェンジでトップグレードのBZ系に大型のリアスポイラーが標準装着された。写真はカローラレビン

 最後のレビン&トレノとなったAE110型のマイナーチェンジ後の名機4A-GEを積むBZ系はなかなか大きいリアスポイラーを装備し、絶対的には高くはないのでピックアップした。

 マイナーチェンジ後のAE110型のBZ系は走りにはそれほど影響ないが、巡航燃費と静粛性の向上には寄与する6速MTを搭載。

 また筆者はAE110系のマイナーチェンジ前のレビンでサーキットをさんざん走った時期があるが、カローラらしい高い耐久性、信頼性を備えており、一度キッチリと整備すれば安上がりで走りまくれるのも魅力だ。

AE111カローラレビンのマイチェン前のリアスポイラーは控えめなタイプ。上のマイチェン後と比べるとイメージがまったく違う

6代目日産パルサーセリエオーテックバージョン

デビュー:1996年
中古車価格:60万円前後から

1996年にパルサーセリエをベースにオーテックジャパンが手掛けたのがオーテックバージョンで、エンジンも1.8Lから2Lに換装されていた
パルサーセリエオーテックバージョンはフロントから見ても巨大なリアスポイラーが目立つ。レーシーな雰囲気がグッド!!

 日本で販売されたパルサーとしては最後になった6代目モデルの3ドアハッチバックはセリエというサブネームを持ち、登場翌年の1996年に日産系のオーテックジャパンが手掛けたコンプリートカーとなるオーテックバージョンが追加された。

 パルサーセリエのオーテックバージョンは通常のスポーツモデルのGTIが1.8Lだったのに対し2Lエンジンを搭載し、トルクフルな走りが魅力だった。

 また本題となるリアスポイラーもオーテックバージョン専用のものとなっており、サイズは大きくマウントされる位置も高く、今見ても色褪せない迫力を持つ。

パルサーセリエの再挙バージョンであるVZ-Rにはルーフエンドにオーテックバージョン風の大型のリアスポイラーを装着

 ちなみにパルサーセリエには1997年にレースを含めシビックをターゲットとした1.6LのVZ-Rというスポーツモデルが追加されるのだが、VZ-Rもオーテックバージョンに近いデザインのリアスポイラーを装着していた。

 ただ残念ながらパルサーセリエはオーテックバージョン、VZ-Rともに中古車の流通は非常に少なく、原稿執筆中に調べたところ中古車検索サイトにはオーテックバージョンが1台あっただけだった。

次ページは : 三菱GTOツインターボ