三菱自動車が新ショールームをオープン!! 実車に触れて感じてほしい!


 三菱自動車工業は、東京都港区の本社に隣接するビル「msb Tamachi 田町ステーションタワーN」に、本社ショールームを9月1日(火)にオープンする。開業する新ショールームは、同ビルの1~2階部分に入る。

 2018年末にビルの建て替えに伴い移転することになり、約1年3カ月ぶりに復活するショールームの愛称は「MI-Playground(マイ プレイグラウンド)」となる。

 三菱自動車はブランドメッセージ「Drive Your Ambition」のもと、「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というユーザーの想いに応えるクルマづくりを推進しているが、このショールームでは、ブランドメッセージを体現した最新の三菱車に触れることができる。

文&写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】新たにオープンする三菱のショールームの全貌をチェックしよう!!


■触れて感じられるショールームエリア

 1階のショールームエリアは、広々としたシンプルな空間に最新の三菱車を展示。そのクルマには自由に触れることができる。

 三菱車に気軽に触れることができ、より身近に感じてもらえる空間を目指し、コーポレートカラーの白と黒を基調色としたシンプルでモダンなデザインに、木目柄をアクセントに用いることで、暖かみのある親しみやすい雰囲気を演出している。

こちらが1階ショールームの入口。三菱マークを前面に押し出さないことで、クルマにそれほど興味のない人にも入りやすい雰囲気を作り出している
ふらりと立ち寄って、休憩や飲食ができるオープンスペース。初代デリカバン(1969年)のキッチンカーの部分には売店が入っている。売店は、コロナ禍によりオープンは2020年内を予定

 入口にあえて三菱のショールームであることを強調しておらず、ワークショップなどに利用できる多目的スペースや売店などを設置することで、より多くの人に気軽に立ち寄ってもらいたいという三菱の考えが反映されている。

 9月1日(火)のオープン時は、「eKクロス」「eKクロススペース」「エクリプスクロス」「アウトランダーPHEV」「デリカD:5」が展示される。

入口を入ってすぐのスペースにはeKクロスを展示
ガラス張りの外光を取り入れたエリアには、デリカD:5(右)とeKクロススペース(左)を展示
中央の広いエリアにはエクリプスクロス(左)とアウトランダーPHEV(右)を展示
こちらはファミリー向けのワークショップや、子供向けのイベントなどに利用できる多目的スペース

■駅直結のサテライトエリアも魅力

 新ショールームの魅力はもうひとつある。

 田町駅からつながるペデストリアンデッキ(歩行者用通路)に面したサテライトエリアでは、オーガニック茶葉とこだわりのドライフルーツを使ったフルーツティーを販売する。

 近隣住民や最寄り駅の利用者に、まずはカフェ目当てでも気軽に立ち寄ってほしいという狙いで設けたものだが、コンセプトカーのミニチュアモデルを展示するなど、三菱を随所に感じることができる造りとなっている。

つながるペデストリアンデッキ(歩行者用通路)に面したサテライトエリア
1階のショールーム脇のエスカレーターを上がっても行くことができる喫茶店。カフェ目当てで気軽に立ち寄るのもアリだ
オーガニック茶葉とドライフルーツを使ったフルーツティーは650円~
コンセプトカーのミニチュアモデルも展示している

次ページは : ■施設概要

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ