いよいよ登場新型アルトワークス!! 次世代スズキの新車戦略全情報

 軽自動車をメインにしながらも、スイフトやイグニス、ソリオなどの小型車も積極的にニューモデルを投入しているスズキ。

 今年はスズキラインナップの「扇の要」ともいえるアルトのフルモデルチェンジが控えている。9代目となる新型アルトが、今後のスズキ車の基礎となるのでこれは大注目だ。

 その他アルトワークス、ワゴンR、エスクードの新型最新情報など、今後2年ほどの間に登場するスズキの新型車たちを紹介!!

【画像ギャラリー】アルト、アルトワークス、ワゴンR… 「次世代スズキ」の新型車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■NEWアルト(2020年12月登場予定)

●原点回帰から初のモデルチェンジで新たな進化

スズキの全モデルの基本となるのがアルトだ。さらにプラットフォームを磨き上げてくる!(画像はベストカー予想CG)

 8代目となる現行型のデビューは2014年12月。無駄を廃した軽量プラットフォームを採用し、原点回帰した。

 9代目は今年12月に登場予定だが、基本的にはプラットフォームをキャリーオーバーしたキープコンセプト。エンジンは最新のR06D型を搭載。

■NEWエスクード(2021年1月登場予定)

●1.4Lターボ48Vマイルドハイブリッド搭載

抑揚感のあるボディラインが特徴的な新型エスクードは来年1月にも登場の見込み(画像はベストカー予想CG)

 2015年に登場した、4代目となる現行型はハンガリー生産となったエスクード。欧州では「ヴィターラ」の名で販売されている。

 来年早々にモデルチェンジが計画されている新型エスクードもハンガリー生産となり、モノコックボディのライトSUVというコンセプトに変化はない。

 エンジンは直4、1.4Lターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた新世代パワーユニットが搭載されることになる。このほかに直3、1Lターボ仕様も設定されそうだ。

■NEWアルトワークス(2021年10月登場予定)

●新開発ターボエンジン搭載でさらに過激に!

基本的にはキープコンセプトながら、細部のブラッシュアップで洗練度が大幅に高まる新型アルトワークス(画像はベストカー予想CG)

 ベースとなるアルトのモデルチェンジは、このページ下段で紹介しているように今年12月の予定。

 ターボエンジンを搭載し、スポーティな走りと内外装をまとったワークスは、新型アルトの登場から約1年後の来年10月頃に登場することになる。

 基本的には現行モデルからの正常進化型だが、エンジンは現在のR06A型からターボとしては初のR06D型へと進化。

 ボア×ストロークが異なる「ベツモノ」で、ロングストローク化されたことでより中速域のトルク特性が改善され、燃費とレスポンスが向上する。

エンジンは、すでにNA版がハスラーなどに搭載されているR06D型のターボ仕様を搭載

■NEWワゴンR(2021年12月登場予定)

●ハイトワゴン軽自動車の新たなスタンダード

ハイトワゴンのパイオニアとして、新たなスタンダードを目指す次期型ワゴンR(画像はベストカー予想CG)

 現行型ワゴンRは2017年2月に登場し、昨年12月にNAエンジンを最新のR06D型に変更するマイナーチェンジを実施した。

 次期型のデビューはアルトのモデルチェンジから1年後の2021年12月。売れ筋ハイトワゴンだけに、使い勝手を重視した室内となる。


【番外コラム】すでにインドで販売!? ジムニー5ドア、日本上陸は?

 相変わらずの人気を博しているジムニーだが、やはり5ドア待望論が根強い。

 過去にインドでマルチスズキが独自にロングホイールベースの5ドア版「ジプシー」を販売していたこともあり、インド製5ドアジムニーの可能性は非常に高いのだ。実際、現在開発最終段階で12月にもマルチスズキより販売が開始されるとの情報もある。

 だがこれが日本にも導入されるかというと、現状その可能性は低そうだ。

需要のありそうな5ドア仕様だが…!?(画像はベストカー予想CG)

【画像ギャラリー】アルト、アルトワークス、ワゴンR… 「次世代スズキ」の新型車たちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ