【もし武将がクルマを選んだら】武田信玄、徳川家康、大谷吉継は何に乗る?


 一番最初に申し上げておきますと、当企画は完全なる独断と偏見と思い入れによって構成されており、(特定の分野に詳しい方は特に)読んでいると「いやいやこの人はそうじゃない」、「待て! あいつはこれだろう!!」と言いたくなってくる可能性が多々あります。

 ですので、「こういう意見もあるな」ですとか「変なことやってるなー」と心安らかに読める皆さまへ向けてお送りする企画となっております。

 その点、大変ご面倒ではありますが、ご了解いただけますと大変幸いです。それでは独断と偏見と思い入れたっぷりの企画、ご笑覧ください!(by編集部)

文:以下、清水草一
ベストカー2017年10月26日号より


■戦国黎明期編

 先般、光岡自動車はわずか4台の限定で『ヒミコ 乱』なるクルマを発売した。戦国武将をイメージし、内外装に金をあしらっている。

 戦国時代は超マッチョ趣味の時代。目立ったもん勝ちのギトギトハデハデのなかにワビサビ……みたいな時代であった(たぶん)。

 そんな時代、もしもクルマがあったなら? 戦国武将たちはどんな愛車を選んだであろうか? 読者諸氏もしばし戦国時代のド庶民となり、華やかかつ血と汗のほとばしる、武将たちの世界に思いを巡らせていただきたい……。

■北条早雲 →トヨペットクラウン

 戦国時代の夜明けは、伊勢新九郎こと北条早雲の国盗りから始まった。成り上がり者が国を盗る。そんな下克上の時代は、知謀に長けた老獪な武将・北条早雲が、伊豆の国を奪ったのが嚆矢であった。

 そんな早雲公がクルマを選ぶとしたら、初の国産乗用車であるトヨペット・クラウン以外あるまいて。至極順当也。

次ページは : ■武田信玄 →トヨタ 初代セリカ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ