コペン、S660…軽オープンスポーツは走りと実用性のどっちが魅力的か?


運転する楽しさ

 これはS660の圧勝だ。サーキットのラップタイムに代表される絶対的な速さはS660のほうが速いようだが、どちらもたいして速くない。

 しかしそんなこと以前にS660はミドシップらしい鋭い回頭性を持ちながらもFR車のような安心感も備える高レベルのハンドリングを実現し、シフトとクラッチの操作感も良好、ブレーキのフィーリングもガッシリとしており、まとめると軽ながらも本物のスポーツカーである。

S660はスポーツ走行しても挙動が安定しているので運転していて安心感がある。回頭性がいいので運転していて楽しい

 さらに動力性能が強烈ではないだけに常識的な範囲の運転でもアクセルを深く踏める点など、「自分がクルマを走らせている」という感覚が非常に濃厚で、S660が与えてくれる楽しさはS660にしかないものだ。

 対するコペンのドライブフィールは標準系だと軽乗用車のスポーツモデルに近く、MTだとシフトとクラッチの操作感が今ひとつなのもあり、CVTのほうが似合うという印象だ。 

 ただGRスポーツは前述したボディ補強や専用サスペンションなどの効果により、全体的にクルマが引き締っており、S660には及ばないものの軽オープンスポーツの名に恥じないスポーツ性と乗り心地に代表される快適性を得ている。

GRスポーツはノーマルのコペンに比べて足回りが締め上げられていて、スポーティな走りを堪能することができる。トヨタでも販売している

まとめ

 この2台の価格はコペンのほうが安い傾向だが、この種のクルマは完全に趣味のものだけに好みや用途に合った方を選べばいい。

 またこの2台は同じジャンルでも得手不得手がハッキリしている、つまりキャラクターがまったく被らないだけに、検討はするにしても最終段階まで迷うということは少ないのではないだろうか。

コペンは5MTとCVT、S660は6MTとCVTをラインナップ
コペンはCVTよりも5MTが高いが、S660は6MTとCVTは同価格

【画像ギャラリー】スポーツタイプだけじゃない!! 日本で販売された軽自動車オープンカー列伝