ホンダe予約受注殺到の裏側! どんな人が購入しているか?

 ホンダとしては初となる量産電気自動車である「ホンダe」が、2020年8月27日に発表された。約2カ月遅れの10月30日から発売開始となる。

 そんなホンダeだが、事前予約の段階で第1期の販売予定台数に達したため、あっという間にオーダーストップとなった。それほどまでに人気なのか? 一体どんな人が購入しているのか気になるところだろう。

 しかし取材をしてみると、意外な事実が判明した。今回はホンダeの販売の現場で起きているホントのところをお伝えする。

文/遠藤徹
写真/HONDA、編集部

※当初、ディーラー取材で得た第一期の受注台数が「140台」であるという情報をもとに原稿に作成しましたが、この台数はディーラー展示車に関するものでした。全体の配車台数と誤認していました。追加取材を行ったところ、全体の配車台数は「数百台(実数は非公表)」であるとの事実を得ました。その情報をもとに、本文を修正しました。また、現時点ではオーダーストップとなっていますが、正式発表前後に第二期の生産枠(数百台)の予約受注が開始される見込みです(2020.9.28 20:00)

【画像ギャラリー】シンプルかつモダンなデザインで攻める! ホンダが送り出した次世代EV「ホンダe」を詳しくチェック


■一般ユーザーには届きにくい理由とは!?

 ホンダは2020年10月30日に初のEV「ホンダe」を発売するが、9月上旬開始した先行予約で第一期の生産枠である数百台(実数は非公表)を受注し、一時受付を休止している。

 こう見ると人気が抜群で、供給が追い付かないほど予約受注が貯まっているという印象だが、実際はそうではない。グローバルの生産販売計画は年間1万台で、うち日本向けは10%の1000台に過ぎない。

ホンダeはエンジンを搭載しない純粋な電気自動車で、モーターの出力は最高出力が113kW(154ps)、最大トルクが315Nm(32.1kgm)。ホンダeの日本での年間販売目標は1000台と決して多くない

 生産枠が少ないので、待ち望んでいたユーザーが真っ先に申し込めば、瞬時に受注済みになってしまうのは当然である。最初のユーザーは一般よりもホンダの販売店である「ホンダカーズ」各社である。それも大手の有力なメーカー資本店に限られ、小規模な地場資本店はほとんどが受注の申し込みをしていない。

 メーカー資本のホンダカーズ店は一般ユーザーに販売するというよりも、展示車、試乗車などのデモカーを取得するのを優先させ、この分だけで、第一期の生産枠がある程度埋まっている状況にある。

■注目のEV「ホンダe」はどんなクルマなのか?

 ホンダeは、2019年秋に開催した第46回東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容で市販化する。キュートな丸目2灯式ヘッドランプの5ドアハッチバックスタイルを採用。

 ボディサイズは全長3895×全幅1750×全高1510mmで、リーフの4480×1790×1560mmに比べるとひと回り小さい。ホイールベースは2530mmと、フィットと同サイズとなる。

 商品ラインアップは街中で使いやすい「ホンダe」と先進スポーティモデルの「ホンダe アドバンス」の2グレード構成。車両本体価格はホンダeが451万円、アドバンスは495万円。

ホンダeは、「標準」と「ADVANCE(アドバンス)」の2グレードをラインナップ。両グレードの価格差は44万円

 専用装備は、ホンダeが16インチアルミホイール、サイドカメラミラーシステム、12.2インチ×2ワイドスクリーン、シート&ステアリングヒーター、シングルペダルコントロール+減速セレクター、フィットと同等のホンダセンシング、上級のアドバンスの専用装備は17インチアルミホイールのミシュランパイロットスポーツ、フロントガラスデアイサー、センターカメラミラーシステム、パーキングパイロット、モーター出力アップなど。

ホンダeはリアモーター・リア駆動のRRを採用。スペース効率はもちろんのこと、開発陣の走りへのこだわりの産物と言われている
ホンダeはサイドミラーがカメラになってのをはじめ、液晶パネルが並ぶなど先進性を感じさせるインパネを採用している

 充電後の航続距離は、WLTCモードでホンダeが283km、アドバンスは259km、30分の急速充電だとこの数値の80%まで。充電設備費用は13万5500円程度となっている。

 ボディカラーは、プラチナホワイトパールはじめルナシルバーメタリック、モダンスティールメタリック、クリスタルブラックパール、プレミアムクリスタルメタリック、プレミアムクリスタルレッドメタリック、チャージイエローの全7色、テーマカラーはプラチナホワイトパール、チャージイエローはホンダの新色。内装色はブラックのみ。

■ホンダeに興味関心を持つのはどんな人なのか?

 現段階ではまだ一般に十分に売られている状況ではないので、明確に傾向をいえる状況ではない。ただホンダはターゲットユーザーをおよそ想定し、傘下販売店に提示している。それによると他者と違うこだわりのあるクルマに乗りたい、可愛らしいデザインに引かれる、次世代、未来のクルマに興味関心があるなどを上げている。

 既納先に強く推奨する条件としては、オール電化、太陽光パネル設置の戸建て住宅で複数保有ユーザー、ホット客はホンダ車の走りが好きで比較的高額車を保有など。新規客はリーフ、プリウスなど他社ユーザーからの代替えを目指すスタンスである。

 ここで紹介している「オール電化、太陽光パネル設置の戸建て複数保有ユーザー」としているのは、これ以外のユーザーには売らないという意味ではなく、あくまで理想の狙いを示している。この条件以外のユーザーでも販売店との相談次第では購入が可能になるともいえる。

ボンネットにある充電ポートはグリルのボタンを押すと回転スライドオープン機構によって開く。左手前が急速充電、右奥が普通充電となる

 傘下ホンダカーズ向けに策定している第1弾のセールスポイント資料を見た限りでは、かなり気合の入った意気込みが感じられる。ただグローバルでの年間生産販売計画1万台に対して国内はわずか1000台であるからあまり期待していないとの受け止め方も伺える。

 当面ニーズが見込めるのは中国やヨーロッパであるから、国内はキャパシティとしては二の次にならざるを得ないと見ていることが伺える。国内はハイブリッドカー第一でほかにFCV(燃料電池車)もあるから、これらとの兼ね合いもあり、未来戦略としてEVを位置づけているということであろう。

■現場が明かすホンダe販売のホントのところ

●証言1:首都圏ホンダカーズ営業担当者
 ホンダeは、ホンダの技術戦略を具現化するクルマのひとつであり、ライバル他社との対抗するために必要という考え方が基本であり、とりあえず日産に次ぐ2番手として国内に投入したといことであろう。

 最初の生産枠は受注済みとなったが、全国で数百台と少ないから当然である。それでも販社にデリバリーできていないのが実情である。最初の受注分は販社のデモカー分が入っているので、一般ユーザーがほとんど成約できていないと見ている。

※編集部注:今回の取材で、正式発売(10月30日)前後に第二期生産分の予約受注が開始される見込みであることがわかった。ホンダeを狙っているユーザーの皆さんは、ぜひともこまめに販売店へ問い合わせてみてほしい。

【画像ギャラリー】シンプルかつモダンなデザインで攻める! ホンダが送り出した次世代EV「ホンダe」を詳しくチェック

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ