あっという間に一時受注停止に! どんな人が購入しているか? ホンダe予約受注の裏側

 ホンダとしては初となる量産電気自動車である「ホンダe」が、2020年8月27日に発表された。約2カ月遅れの10月30日から発売開始となる。

 そんなホンダeだが、事前予約の段階で第1期の販売予定台数に達したため、あっという間にオーダーストップとなった。それほどまでに人気なのか? 一体どんな人が購入しているのか気になるところだろう。

 しかし取材をしてみると、意外な事実が判明した。今回はホンダeの販売の現場で起きているホントのところをお伝えする。

文/遠藤徹
写真/HONDA、編集部

※当初、ディーラー取材で得た第一期の受注台数が「140台」であるという情報をもとに原稿に作成しましたが、この台数はディーラー展示車に関するものでした。全体の配車台数と誤認していました。追加取材を行ったところ、全体の配車台数は「数百台(実数は非公表)」であるとの事実を得ました。その情報をもとに、本文を修正しました。また、現時点ではオーダーストップとなっていますが、正式発表前後に第二期の生産枠(数百台)の予約受注が開始される見込みです(2020.9.28 20:00)

【画像ギャラリー】シンプルかつモダンなデザインで攻める! ホンダが送り出した次世代EV「ホンダe」を詳しくチェック


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ