走りか? それとも実用性か? 日本が誇る軽オープンスポーツはどっちが魅力的か

 ダイハツコペンは2014年6月、ホンダS660は2015年3月にそれぞれデビュー。大量生産大量消費の上に成り立っている日本のクルマ界にあって、数が見込めなくても作り続けられている貴重種と言える。

 平成初期のホンダビート、スズキカプチーノ、オートザムAZ-1が形成した軽スポーツカーの平成ABCトリオほどの盛り上がりではないにせよ、ともにオープンで3気筒ターボエンジンを搭載するダイハツコペンとホンダS660は、日本のスポーツカーファンに応える愛すべき存在である。

 それぞれ登場から時間の経っているモデルではあるが、当記事では2台を比べてみた。

文:永田恵一/写真:DAIHATSU、HONDA、SUZUKI、SUBARU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】スポーツタイプだけじゃない!! 日本で販売された軽自動車オープンカー列伝


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ