トヨタミニバン勢&ランクルに新型シャトルはフィット統合か 新型全情報

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今年もあと1カ月。今回はまずトヨタミニバン勢刷新、およびランドクルーザーの最新情報から。来年のフルモデルチェンジが予想されるホンダシャトルのフィット統合? なんていう話題も。

 ほかN-BOX、ソリオ、タントなど、マイナーチェンジ含め年末までに登場するニューモデルの最新情報とともに、盛りだくさんの内容をお伝えします!!!

【画像ギャラリー】ノア3兄弟 アル/ヴェル ランクル…運命の時迫るモデルたちを写真で見る

※本稿は2020年11月のものです
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア、アルファード/ヴェルファイアは2022年フルモデルチェンジ!

 トヨタはノア/ヴォクシー/エスクァイアを2022年初めに、アルファード/ヴェルファイアを同年末あたりにフルモデルチェンジする方向で開発を進めている模様です。

 両シリーズとも、このフルモデルチェンジ時に車種が一本化され、新型では「ノア」と「アルファード」の車名が継続して残ることになります。

 さらに、どちらのモデルもキープコンセプトでの世代交代ですが、新開発のプラットフォームが採用されます。

 ノアは2Lガソリンエンジンのほか、ハイブリッドは従来の1.8Lから2Lハイブリッド(リチウムイオンバッテリー)に切り替えて搭載します。

 またハイブリッドモデルはノア、アルファードともに2WDと4WDの両方の駆動方式が用意されます。

 なお、ヴォクシーのネーミングは消滅しますが、3ナンバーサイズで押し出しの強い個性的なフロントマスクを持つエアロ仕様としてノアに引き継がれる見込みです。

ノア/ヴォクシー/エスクァイアは2022年初めにフルモデルチェンジする予定。車種はノアだけに統一され、カスタム仕様が設定される見込み
画像は次期型ノアのベストカー予想CG

■トヨタ新型ランドクルーザー300は2021年4月頃に発売か

 トヨタは傘下の販売店に、来年4月にも次期型ランドクルーザー300を発売する旨を通達した模様です。13年半ぶりの世代交代となります。

 次期型はトヨタの新しいクルマづくりの考え方である「TNGA」を採用して開発され、フレーム構造を継承しながらパワーユニット、足回り、4WD機構などが全面刷新されます。

 パワートレーンは現行の4.6L V8ガソリンエンジンを廃止し、代わりに3.5L V6ターボ&ハイブリッドと、3.3Lディーゼルターボの2タイプを設定する見込みです。

 弟分のランドクルーザープラドは2022年秋以降にフルモデルチェンジする予定です。

トヨタ ランドクルーザー(写真は現行型)
こちらはランドクルーザープラド(現行型)

■ホンダシャトルは次期型フィットシリーズに合流か?

 今年2月13日に発売した新型フィットですが、トヨタの新型車攻勢にさらされ、苦戦を強いられているように見えます。

 本来であれば登録車の販売ナンバーワンを獲得したいところですが、現状ではライバルのヤリスシリーズに販売台数で2倍以上も引き離されています。

 なお、次期型シャトルは来秋のフルモデルチェンジが予想されます。シャトルは現行型フィットの基本コンポーネンツを流用したステーションワゴンですから、かつてのようにネーミングを「フィットシャトル」に戻すことも予想されます。

 そうすれば販売台数のカウントをフィットに組み入れることも可能になるので、ヤリスに対抗させ、新型ノートとの戦いも優位に展開することができそうです。

ホンダシャトル

■ホンダ 改良型N-BOXは電動パーキングブレーキ採用せず?

 ホンダは12月下旬にN-BOXをマイナーチェンジしますが、N-WGNやN-ONEのようにプッシュボタンによる電子制御式パーキングブレーキを採用せず、従来の足踏み式パーキングブレーキを踏襲するようです。

 電子制御式への改良はフルモデルチェンジのような大幅な構造変更時でないと不可能なためと思われます。

 そのため、12月の改良ではスポーツ&上級バージョンのカスタムを中心にフロントマスクの大幅なデザイン変更を実施し、より個性的な外装となります。

 また、残価設定クレジットは当面、1.9%の低金利を設定して増販攻勢を盛り上げる方針です。

2020年11月20日、ホンダ公式サイトに公開されたN-BOXのティザーサイト

■ソリオはオーダーストップで在庫一掃セールを実施

 スズキは12月25日頃にソリオをフルモデルチェンジしますが、それに先立ち、従来モデルをオーダーストップし、在庫一掃セールをスタートさせます。

 中心グレードの「ハイブリッドMZ」にカーナビ、ETC、ドライブレコーダー、フロアマット、サイドバイザーなどのオプション&付属品を付けた場合では、車両本体とオプション&付属品をからそれぞれ10万円ずつ、合わせて20万円の値引きを基本に販売しています。

 さらに下取り車がある場合は、査定額に5万円を上乗せしています。

 次期型ソリオはキープコンセプトで世代交代しますが、プラットフォームを新開発する見込みです。マイルドハイブリッド車はスタート時のモーターで走る範囲を拡大し、燃費を向上。フルハイブリッド車は廃止となります。

スズキ 新型ソリオ
こちらはバンディット。かなり厳つい印象になった

■ダイハツ、12月1日、タントのスマートアシストを改良

 ダイハツは12月1日、タントを一部改良します。今回はスマートアシストの自動ブレーキの性能を最新モデルのタフト並みに引き上げます。

 ちなみに、従来モデルは10月21日からオーダーストップになり、在庫一掃セールに入っています。

 タントの現行モデルの登場は2019年7月であり、次の比較的大がかりなマイナーチェンジは来年(2021年)末になる見込みです。

 その改良では、内外装のデザイン変更に加えて、軽自動車初のモーター走行可能なフルハイブリッド車の設定を行う方向で開発を進めています。

ダイハツ タント

■日産、キックスの供給改善で納期を大幅に改善

 日産が6月に発売開始した新型コンパクトSUV、キックスの納期が短縮傾向にあります。

 発売直後の納期は来年の4月以降と大幅に遅れていましたが、ここにきて来年1月、ボディカラーやオプション装備などの選び方によっては年内納車も可能になっているのです。

 当初は生産工場がタイであるのと、コロナ禍によるサプライヤーからのパーツ供給遅れなどがネックになっていました。それが、最近になって解消しつつあることで納期が改善されています。

 これまで受注累計は推定1万5000台規模に達しており、供給が改善されれば、月販3000~4000台規模で推移する見込みです。

コロナ禍によるパーツ供給の遅れなどから納期遅れが発生していた日産の新型SUVのキックスだが、最近は納期が早まってきている模様だ

【画像ギャラリー】ノア3兄弟 アル/ヴェル ランクル…運命の時迫るモデルたちを写真で見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ