忘れてませんか? 冬前の必須準備なのに案外やらないスタッドレスタイヤの慣らし運転

 今や冬場の必需品でとなっているスタッドレスタイヤ。ウィンターシーズンに向けて、新品を購入した人、以前購入したものをキャリーオーバーで使う人などさまざまだろう。

 降雪地域などの場合は、前もってスタッドレスタイヤに交換するだろうが、非降雪地域、特に都市部などでは、雪が降ってからスタッドレスタイヤに交換するケースが多い。

 サマータイヤでは慣らし運転が常識となっているが、スタッドレスタイヤも慣らし運転は必要なのか?

 スタッドレスタイヤはサマータイヤよりもトレッド面が柔らかいなどデリケートな扱いが必要になるが、慣らし運転の有無で性能が変わるといったことがあるのだろうか?

 スタッドレスタイヤの慣らし運転は必要なのかについて、タイヤのスペシャリストである斎藤聡氏が、自らの経験談を交えながら考察する。

文/斎藤聡、写真/TOYOTA、平野学、池之平昌信、中里慎一郎、Adobe Stock、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】サマータイヤもスタッドレスタイヤも注意点は同じ!! 保管&賞味期限を写真でチェック


ホイールとタイヤを馴染ませる

スタッドレスタイヤは降雪地域、非降雪地域にかかわらず冬場のドライブには必需品。チェーンに比べて手軽だが、注意すべき点も多い

 スタッドレスタイヤも慣らし運転が必要なのか? と聞かれれば、結論から言うと、2つの理由で慣らしは必要です。

 その理由について説明していきましょう。

 ひとつ目の理由は、ホイールとタイヤをなじませるためです。

 これはスタッドレスタイヤに限ったことではありませんが、新たにホイールにタイヤを組む時、タイヤとホイールが噛み合うビード部にビードクリームといわれるものを塗って、タイヤのホイールへの組み込みをスムーズにしています。

 このビードクリームは、一般には石鹸水のような成分が主流で、油脂類ではありませんが、タイヤにホイールを組んだばかりだと、強いブレーキや強い加速でタイヤがホイールの上を滑って(ちょっと大げさですが)組付け位置がずれてしまうことがあります。

サーキット走行後にタイヤとホイールがズレることがある。タイヤを組みつけたばかりの時はそれほど大きな負荷をかけなくてもズレやすいので要注意

 これにはいろいろな理由があって、使うタイヤクリームの成分や、ホイールの精度、タイヤとホイールの相性などにもよりますが、いずれにしてもホイールのリム部とタイヤのビード部の噛み合った部分の水分がなくなるまで、なるべく強い力をかけないほうがいいのです。

ハンドルから伝わってくる振動がサイン

タイヤを組むときは、回転ムラがでないようにバランス取りをするが、タイヤがリム上を回ると、せっかくのバランスが台無しになる( ellisia-stock.adobe.com)

 リムの上をタイヤが回ってしまうと、せっかく取ったホイールバランスが台無しになってしまい、振動も出てきてしまいます。

 ちなみにホイールバランスが狂った時の振動は、80km/hくらいで走行しているときにピークになります。

 50km/hくらいではあまり気にならないことが多いのですが、速度を上げていくにしたがってハンドルから”ぶるぶる”といった振動が感じられるようになります。

 振動の大きさは、ホイールバランスが狂っているタイヤの位置やバランスのずれ量(重さ)によって異なります。

フロントタイヤのバランスが崩れているときは、ハンドルを通して振動が伝わってくる。それに対しリアのバランスの崩れは気づきにくい

 前輪の左右どちらかのタイヤバランスが狂ってしまったときは、ハンドルに直結しているので割とはっきりと”ぶるぶる”といった振動が出ます。

 リアタイヤの場合はボディを振動が伝わってくるので、振動がちょっと小さめなことが多いです。

 前述のとおり、ホイールバランスが狂っているときの振動は80km/hくらいでピークになり、120km/hくらいで小さくなります。

 50km/hくらいから振動が明確に出ていたり、120km/hを超えても振動が収まらない場合は、別の理由で振動が出ていることが考えられるので、しっかした点検が必要です。

タイヤ交換時もトラブルの要因のひとつ

タイヤ交換時のホイールナットの緩みはタイヤの脱輪の要因にもなり危険。緩んでいる場合は低速でも振動が出るので、増し締めが必要(tkyszk-stock.adobe.com)

 タイヤ交換に関係して考えられるのはホイールナットの緩みです。特に新品のホイールに組み込んだ場合は注意が必要です。

 ボクが経験したのは、ホイールナット穴に中まで塗装が施されていて、走行の熱でナット穴の中の塗装が剥がれナットが緩んでしまったということがありました。

 このケースは、初めにどんなにきつくナットを締めてもダメ。塗装部分をサンドペーパーやリューターなどで削るか、もっと簡単な方法は、数十km走って増し締めすることです。

 こんなこともあるので、ホイールを組んでしばらくの間は、タイヤとリムがなじみ、ホイールの緩みが起こっていないか注意しながら走るのがいいと思います。

スタッドレスタイヤも皮むきが必要

スタッドレスタイヤもサマータイヤ同様に、表面に付着している薄い皮をむかないと、ゴムの柔軟性と吸水機能が発揮できない

 もうひとつの理由はタイヤの皮むきです。こちらは直接タイヤの性能に関わる部分で、慣らしをすべきメインの理由です。

 タイヤは製造過程の最後に過硫という工程を行います。トレッドが刻まれた釜の中にタイヤを入れ、中から圧力をかけながら150℃前後の温度で数十分熱を加えます。

 これによってタイヤにトレッドの凹凸が刻まれるのですが、同時にゴムの強度(柔軟性)を出しています。

 この時タイヤは熱を加えることでトレッド表面に薄い皮ができるのです。文字どおり薄皮程度の被膜ですが、この部分はつるんとして、ゴムの質も少し硬め(メーカーにもよるようです)で、ゴムの柔軟性も少し落ちるし、吸水機能も発揮できていません。

 最近では、ほとんどのスタッドレスタイヤがリブレット加工という、トレッド面表面に細かな凹凸加工を施して対策していますが、これも完全ではありません。

 できればこの凹凸や薄皮がある程度摩耗するまで走って、スタッドレスタイヤ本来の性能が出せるようになるまで慣らし運転をすると、本番の雪道で、そのスタッドレスタイヤ本来の性能を発揮してくれます。

最近のスタッドレスタイヤの表面は見てわからないレベルの凹凸加工が施されている。慣らしの目安は100~200km

慣らし運転時には注意が必要

スタッドレスタイヤのゴム質はサマータイヤよりも柔らかいので、コーナリング時などに大きな負荷を与えると、エッジが削れたりするので注意したい

 こちらはタイヤのゴムの変形を少なめにしてトレッド面全体をまんべんなく摩耗させたいので、加減速でなるべくタイヤに過大な負担をかけないようにスムーズに走らせることをお勧めします。

 ご存じのように、スタッドレスタイヤのゴム質はサマータイヤと比べるとぐっと柔らかいので、サマータイヤのつもりで加速したり、カーブを曲がるとタイヤのエッジがむやみに削れてしまいます。

 スタッドレスタイヤはブロック周辺のエッジやサイプの溝によるひっかき効果がグリップ性能の案外大きな部分を占めているので、ブロックのエッジを削ってしまうとグリップレベルが落ちてしまいます。

フラットでカーブのRが大きい高速道路は、スタッドレスタイヤの慣らしに最適の環境。その際は振動の有無の確認も同時に行うことができる

 冬本番の性能確保のため、そして何より柔らかなスタッドレスタイヤの運転に慣れるためにも、慣らしをお勧めします。

 ちなみに、リブレット加工は200㎞程度走ってもまだ残っていますから消えるまで走るのは大変です。慣らしの目安は100~200km程度を見ておけばいいと思います。

新品ではないタイヤの慣らし運転

2~3年使ったスタッドレスタイヤは、皮むきの必要はないが、立てて保管しているとフラットスポットができている可能性もあるので様子見が必要になる

 では2年目、3年目のスタッドレスタイヤはどうするのか。立てて保管してあったタイヤは自重でトレッド面がつぶれフラットスポットができていることがあります。

 走り出した時多少振動が出たり、パタパタ…とノイズが出たらこれです。空気圧を適正にして50kmくらい走ってやれば消えるはずです。

 長く保管してあったタイヤは、保管場所や保管方法にもよりますが、タイヤ表面のオイルが抜けたり再架橋といってゴム分子の結び付きが強くなってゴムの柔軟性が落ちてしまっていたりします。

 2年目、3年目のタイヤならよほどひどい保管の仕方をしない限りはタイヤ表面のダメージですんでいるはずなので、少し走ってトレッド面に熱を加えてやれば、相応の性能を発揮してくれます。

 気持ち早めにスタッドレスタイヤに履き替えてドライ路面を走ってやれば十分です。

 慣らしと同じかそれ以上にタイヤの扱い方でスタッドレスタイヤの性能劣化を抑えることができます。

 できればサマータイヤと同じような加減速、コーナリングはせず、気持ち丁寧に走ってやるとスタッドレスタイヤの性能が長く持続してくれるはずです。

都市部のドライバーは、いざというときに持てる性能を発揮できるように、前もってスタッドレスの慣らしをしたいところ

【画像ギャラリー】サマータイヤもスタッドレスタイヤも注意点は同じ!! 保管&賞味期限を写真でチェック

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ