忘れてませんか? 冬前の必須準備なのに案外やらないスタッドレスタイヤの慣らし運転


 今や冬場の必需品でとなっているスタッドレスタイヤ。ウィンターシーズンに向けて、新品を購入した人、以前購入したものをキャリーオーバーで使う人などさまざまだろう。

 降雪地域などの場合は、前もってスタッドレスタイヤに交換するだろうが、非降雪地域、特に都市部などでは、雪が降ってからスタッドレスタイヤに交換するケースが多い。

 サマータイヤでは慣らし運転が常識となっているが、スタッドレスタイヤも慣らし運転は必要なのか?

 スタッドレスタイヤはサマータイヤよりもトレッド面が柔らかいなどデリケートな扱いが必要になるが、慣らし運転の有無で性能が変わるといったことがあるのだろうか?

 スタッドレスタイヤの慣らし運転は必要なのかについて、タイヤのスペシャリストである斎藤聡氏が、自らの経験談を交えながら考察する。

文/斎藤聡、写真/TOYOTA、平野学、池之平昌信、中里慎一郎、Adobe Stock、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】サマータイヤもスタッドレスタイヤも注意点は同じ!! 保管&賞味期限を写真でチェック


ホイールとタイヤを馴染ませる

スタッドレスタイヤは降雪地域、非降雪地域にかかわらず冬場のドライブには必需品。チェーンに比べて手軽だが、注意すべき点も多い

 スタッドレスタイヤも慣らし運転が必要なのか? と聞かれれば、結論から言うと、2つの理由で慣らしは必要です。

 その理由について説明していきましょう。

 ひとつ目の理由は、ホイールとタイヤをなじませるためです。

 これはスタッドレスタイヤに限ったことではありませんが、新たにホイールにタイヤを組む時、タイヤとホイールが噛み合うビード部にビードクリームといわれるものを塗って、タイヤのホイールへの組み込みをスムーズにしています。

 このビードクリームは、一般には石鹸水のような成分が主流で、油脂類ではありませんが、タイヤにホイールを組んだばかりだと、強いブレーキや強い加速でタイヤがホイールの上を滑って(ちょっと大げさですが)組付け位置がずれてしまうことがあります。

サーキット走行後にタイヤとホイールがズレることがある。タイヤを組みつけたばかりの時はそれほど大きな負荷をかけなくてもズレやすいので要注意

 これにはいろいろな理由があって、使うタイヤクリームの成分や、ホイールの精度、タイヤとホイールの相性などにもよりますが、いずれにしてもホイールのリム部とタイヤのビード部の噛み合った部分の水分がなくなるまで、なるべく強い力をかけないほうがいいのです。

ハンドルから伝わってくる振動がサイン

タイヤを組むときは、回転ムラがでないようにバランス取りをするが、タイヤがリム上を回ると、せっかくのバランスが台無しになる( ellisia-stock.adobe.com)

 リムの上をタイヤが回ってしまうと、せっかく取ったホイールバランスが台無しになってしまい、振動も出てきてしまいます。

 ちなみにホイールバランスが狂った時の振動は、80km/hくらいで走行しているときにピークになります。

 50km/hくらいではあまり気にならないことが多いのですが、速度を上げていくにしたがってハンドルから”ぶるぶる”といった振動が感じられるようになります。

 振動の大きさは、ホイールバランスが狂っているタイヤの位置やバランスのずれ量(重さ)によって異なります。

フロントタイヤのバランスが崩れているときは、ハンドルを通して振動が伝わってくる。それに対しリアのバランスの崩れは気づきにくい

 前輪の左右どちらかのタイヤバランスが狂ってしまったときは、ハンドルに直結しているので割とはっきりと”ぶるぶる”といった振動が出ます。

 リアタイヤの場合はボディを振動が伝わってくるので、振動がちょっと小さめなことが多いです。

 前述のとおり、ホイールバランスが狂っているときの振動は80km/hくらいでピークになり、120km/hくらいで小さくなります。

 50km/hくらいから振動が明確に出ていたり、120km/hを超えても振動が収まらない場合は、別の理由で振動が出ていることが考えられるので、しっかした点検が必要です。

次ページは : タイヤ交換時もトラブルの要因のひとつ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ