ついに捉えた!! 都内で大活躍中 カムリWS覆面パトカーの姿と導入事情


 2020年の4月下旬ごろに東京都内で公道デビューしたカムリWSの覆面パトカー。現在のところ都の独自予算で警視庁にのみに導入されており、交通機動隊に7台の存在が確認されている。

 ハイブリッドエンジンの交通覆面というのは全国的に見ても初となる仕様だ。オマケにTRD製のエアロパーツやオプションのアルミまで装着していることもあり、覆面パトカーと容易に見分けがつき辛い。今回はそのカムリ覆面の詳細について解説する。

文、写真/ベストカーWeb特別取材班

【画像ギャラリー】 秘蔵写真お蔵出し!! よく見分けて安全運転を 新型カムリWS覆面パトカーの全貌

■見分けるポイントはアンテナ

 SNS上のパトカーマニアや車好きの間で話題になっているこのカムリだが、ベースグレードは「WS」で、ボディーカラーはオプション選択となるプラチナホワイトパールマイカ。これにTRDのフロントスポイラーやサイドスカート、トランクスポイラーなどのエアロパーツセットを合算すると約530万円になる。

都内某所で撮影したカムリWSの覆面パトカー。夜間に後方へつかれたら見分けることは不可能か

 これに警察車両への架装費用など諸々を合わせると1台当たりの価格は約960万円であり、7台導入されているので諸経費込みで7400万円ほどの金額で警視庁に納入されたようだ。

 覆面パトカーと判別できる部分は、本来屋根の後方に備わるフィンアンテナの位置に黒色のユーロアンテナに偽装した無線アンテナが備わり、屋根の中央に位置する四角い蓋から出てくる反転式警光灯、前面グリル内に備わる前面警光灯くらいなものだ。

 また、本来の仕様ではマフラーは4本出しとなるが、覆面のカムリは左側の2本出しとなっており、マフラーのない右側スペースにはサイレンのスピーカーが備わっている。

エアロパーツやアルミホイールなどは完全に一般車

 スモークガラスなので一見分かり辛いが、リアトレイにはパトサインと呼ばれるLED表示板に文字を表示させる装置が備わっている(高速隊や交機隊の白黒パトカーや覆面パトカーに基本的に装備されているもの)。東京オリンピックで来日する外国人に加え、都内在住の外国人ドライバーも増加していることから、それらの対策を念頭に英語表示ができる仕様となっている。このパトサインは今後全国的に普及していくかもしれない。

本来なら「止まれ」や「右に寄れ」などの文字列が表示されるLEDが、外国人対応のため英語でも表示される

【画像ギャラリー】 秘蔵写真お蔵出し!! よく見分けて安全運転を 新型カムリWS覆面パトカーの全貌

■湾岸地域や新宿、環八にも出現

 このカムリは交通機動隊(1交機や2交機、4交機など)にのみ配備されているので、目撃された活動場所は平和島をはじめとする東京港臨海道路周辺や、新木場やお台場などに通じる湾岸道路、汐留や銀座、岩本町などの都内中心部に加え、新宿や中野、環七や環八道路、八王子バイパスなど都内のあらゆるところで日夜活動している様子だ。

 2.5Lにモーターを備えたハイブリッドエンジンなので、クラウンなどを扱ってきた隊員からは、「加速が劣る」といった現場からの声が聞かれるが、「我々はあてがわれた車を使うだけなので仕方がない」とのこと。そのいっぽうで「マークXスーパーチャージャー(後述)より居住性が良くなっていて、その点は助かる」との声もあった。 

次ページは : ■2016年にはマークXスーパーチャージャーを配備

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ