400Rは往年の「スカG」的!? 俺たちのスカイラインは蘇ったのか

400Rは往年の「スカG」的!? 俺たちのスカイラインは蘇ったのか

 スカイラインはV35以降大きく方向性を変えた。それを残念がっているファンは多い。これはもう走り云々ではなく、そもそも日本市場を軽視した姿勢に原因がある!

 ……などと強気なことを言っても、クラウンでさえSUV化が云々される時代だ。スカイラインが日本市場を軽視している! と叫んだところで、空しい。

 なにせクラウンは日本市場専用に開発され、しかも現行モデルはスポーツ指向に大きくシフトした。その姿は一昔前のスカイラインに近い。

 それが、トヨタの販売力をもってしても売れないのだから、スカイラインが原点に回帰したところで、無理があるのは想像に難くない。

 しかし、それでも伝統あるスカイラインだ。もうちょっとなんとかならないだろうか?

文/清水草一、写真/日産、INFINITI、撮影/平野学、池之平昌信

【画像ギャラリー】スカイライン史上最高の400馬力をもつスカイライン400Rをみる


V35以降のスカイラインがファンの心に響かない原因は?

 個人的には、V35以降のスカイラインが我々の心に響かない最大の原因は、デザインにあると考えている。

 V35以降のスカイラインは、本来インフィニティG35(現行スカイラインはインフィニティQ50)。それにスカイラインのバッヂをつけただけで、それまでのスカイラインとはまったくつながりが感じられない。

V35スカイライン セダンのデザインは、インフィニティのデザイン「ダブルウェーブ」が採用されている(販売期間:2001~2007年)

 V35およびV36のクーペに関しては、流麗でスタイリッシュなフォルムが美しかったが、主流のセダンはヌエ的に丸みを帯びた、正体不明のクルマにしか見えなかった。

 そして現行スカイラインだが、これは先代のV36のフォルムをさらにくどくうねらせ、厚化粧を施したイメージだ。

 現在インフィニティのデザインテイストは、この「くどい脂身テイスト」で統一されていて、数年前までは北米や中国でそれなりに人気があったが、日本では最初からさっぱり人気がない。フーガともども、このくどいデザインテイストは、日本人の好みとは真逆に近い。

2019年7月に行われたビックマイナーチェンジにて、日産エンブレムが復活した。またVモーショングリル、丸目4灯のテールランプなどに変更となった

 ただ、2019年7月に実施されたビッグマイナーチェンジでは、日本市場向けにフロントグリルやテールランプを変え、日産エンブレムも復活して、スカイラインらしさをアピールしている。

 フォルムはそのままだから小手先の変更ではあるが、できる範囲で頑張ったことは認めたい。実際、以前よりはスッキリしたイメージになっているし、スカイラインの面影もわずかに感じることはできる。

 また、プロパイロット2.0を真っ先にスカイラインに投入したことも、日産がスカイラインを見捨てていない証左となった。

現在のスカイラインでベストといえる400R

V6ターボエンジンを搭載し、史上最高の400馬力を実現したスカイライン400R(WLTCモード10km/L)

 プロパイロット2.0の機能については、法律の限界もあってそれほど魅力的には感じないが、プロパイロット2.0が搭載されない400Rのほうは、驚くほど魅力的なモデルだ。

 とにかくV6ターボエンジンの「ドッカーン!」と炸裂するパワー感がスバラシイ。かつての「スカG」を思わせる、ちょっと野蛮なフィーリングが心に刺さる。それでいて低速トルクもたっぷりあり、ドライバビリティには文句のつけようがない。燃費が悪い(WLTCモード10km/L)のは当然だし、ご愛敬だろう。

 400Rの電子制御ショックアブソーバー(インテリジェント ダイナミックサスペンション)は、驚くほどフワッとした乗り心地だが、コーナーではしっかり粘る。走りを忘れられないけれど、快適性も捨てられない中高年にとっては、最高に近い足回りだ。

インテリジェント ダイナミックサスペンションは、快適性と走る楽しさをうまく両立させた

 ただ、1760kgという車両重量はどうにもならない。かつてのスカイラインとは比べようもないほど重いが、ドイツのスポーツセダンも同レベルにあり、時代を考えると、それを責めることはできない。

 「5ナンバーのスカイラインが復活したら買うよ」と言うファンもいるかもしれないが、いまあえて小型FRセダンを開発するなんて、ドイツ勢含めどんなメーカーにも不可能だ。

 つまり、現行スカイラインの、特に400Rに関しては、日産は国内市場のためにベストを尽くしたと評価するしかない。

 それで販売は上向いたかというと、マイチェン直後の2019年9月は、久しぶりに月販1000台を超え(1066台)、前年同月比602%をマークしたが、以後すぐにほぼ元のペースに戻り、今年は10月までの累計で3397台と、前年割れしている。

 むしろ、そんなわずかな台数のために(?)、かなりの投資をした日産に対して、申し訳ない気持ちさえ沸いてくる。

次ページは : “俺たちの”スカイライン復活の道は?