【奥深き平ボディの世界】平ボディとバンボディのいいトコどりを実現したスペシャルトラックがスゴい!

■荷台内の完全密閉を実現し、雨にも強い

幌は広機器製作所の「ダイクレ・アコーディオンアーチ」の前後収納型を採用。前後どちらからでも開閉可能で、開閉はロープを引っ張って行なう
幌は広機器製作所の「ダイクレ・アコーディオンアーチ」の前後収納型を採用。前後どちらからでも開閉可能で、開閉はロープを引っ張って行なう

 キャブバックには、美川ボデーが同車専用で開発したスリット付きの鳥居を搭載。通常、前側の幌は鳥居の外側に巻きつけて閉じるが、同車はスリット内に幌を仕舞い込むことで、荷台内の完全密閉を実現。

 これなら走行中に雨が降ってきても、雨水が荷台内に入ってくることはないし、スリット内部の溝を伝って雨水を排出する仕組みも備えているので、開けた際に隙間に溜まった水が荷物にかかる、ということもない。

幌付き平ボディはウイング車と異なり、天井部にセンタービーム(支柱)を持たないのが特徴。そのため天井高が高く、天井クレーンによる荷物の積み降ろしも容易に行なえる
幌付き平ボディはウイング車と異なり、天井部にセンタービーム(支柱)を持たないのが特徴。そのため天井高が高く、天井クレーンによる荷物の積み降ろしも容易に行なえる

 また、幌の固定はピンを差し込んだ上でハンドルで固定するダブルロック機構を採用。走行中に振動などで開く心配もなく、防水性と安全性をハイレベルで両立する。

 軽量なふそうシャシーの採用で最大積載量も13200kgとたっぷり確保。すでに現場でも高い評価を得ており、指名も多いため、オーネックスラインでは増車を検討中だ(取材時)。

トラックマガジン「フルロード」編集部
(「フルロード」2018年12月11日発売号より抜粋)

【画像ギャラリー】本文未掲載詳細写真あり!! 平ボディとバンボディの長所を取り入れたスペシャルトラック!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!