軽はずみでお試し厳禁!! クルマにまつわる危ない疑問


 クルマの運転に危険は付き物だ。事故することもあれば、クルマが壊れることもある。

 そのいっぽうで、走行中にエンジンをきったらどうなる? といったちょっと危ないけど、クルマがどうなるのか疑問に思えることはいろいろある。

 本企画は、危険を回避する、安全運転につなげる意味で、自分では試したくないけど、その真偽を知りたい、という疑問を取り上げ、永田恵一氏が考察していく。

文/永田恵一、写真/ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】クルマのSOSサインを見逃すな!! 絶対に覚えておきたいクルマの警告灯 


走行中にエンジンを切る

燃費を稼ぐために長い下り坂でエンジン切って走行するのは大変危険。ステアリングは重く、ブレーキも数回踏むと激しく重くなり事故の要因となる

 昔は燃料節約するエコドライブとして、下り坂や赤信号になる直前、走行中にエンジンをカットするドライバーもいると聞いたものだが、走行中にエンジンを切るのは、危険を伴うのでクルマが暴走した時以外はやってはダメ。

 では、実際にどうなるのか?

 当然ながらアクセルが効かなくなる。

 エンジンが止まることで油圧や電動のアシストが作動しなくなるため、パワステが効かなくなる。パワステがなくても操舵することはできるがかなりの力が必要で、パワステなしの重いステアリングで、パニックになることも充分にある。

 そしてブレーキ。ブレーキの踏力をアシストしてくれるサーボは、エンジンが切れた状態でも2~3回踏む程度のアシストは残っているが、それ以降はフットレストを踏んでいるのかというほどブレーキが重くなり大きな踏力が必要になる。

 ノンアシストのステアリング、ブレーキとも急な飛び出しなどに対して即座に対処できるレベルではないので非常に危険だ。

 現在はエンジンのオン/オフはスターターボタン式が主流になっているが、昔ながらのキーを捻るタイプのクルマの場合は、走行中にエンジンを切る時に一気にキーを捻るとアクセサリーポジションを飛び越えてロックポジションとなり、ステアリングロックされて操作不能になるので特に注意が必要だ。

キーを捻るタイプは写真のとおり、0:オフ、I:アクセサリー、II:オン、III:セルモーター始動の4ポジションある。IIから一気に0にするとハンドルロックとなり操作できなくなる

パーキングブレーキをかけたまま走り続ける

レバーを引くタイプのパーキングブレーキは、完全にリリースしてない状態で走行するケースが起こりうる。慣れないクルマの場合は特に注意が必要

 これは故意でやる人はいないだろうが、意外なほどウッカリやってしまいがち。特にレンタカーなど自分のクルマではないクルマを運転する時は要注意だ。

 パーキングブレーキをかけたまま、つまり解除せずに走行すると、リアのブレーキが効いた状態なので当然加速が鈍くなるし、燃費も悪化する。

 そんな状態で走行を続けると、ブレーキが過熱してフェード状態になったり、ベーパーロック現象の原因にもなり、ブレーキの利きが悪くなる。この頃には車内にも焦げ臭いが侵入してきているハズ。

 さらに走行を続けるとブレーキ系統が壊れる可能性があるだけでなく、最悪のケースはブレーキの過熱がさらに進行して発火(車両火災)の恐れもある。

 パーキングブレーキが作動したまま走行すると、メーターパネルに『!』マークのブレーキ警告灯が点灯されるので、要確認のこと。

パーキングブレーキが作動した状態ではこのブレーキ警告灯がメーターパネルのどこかに点灯。パーキングブレーキを完全にリリースできているか要確認

次ページは : オイル警告灯が点灯しても放置