アル/ヴェルの「格差」8倍!!? ホンダ登録車販売で2位に! ほか新車投入&クルマ界最新情報

アル/ヴェルの格差拡大!!? ホンダ登録車販売で2位に! ほか新車投入&クルマ界最新情報

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 2020年11月の登録車販売台数は前年同月比6%増で、車名別の販売台数ランキングではトップから7位までをトヨタが独占。

 そんな中で、姉妹車であるトヨタ アルファードとヴェルファイアの販売台数が8倍差に開き、一方でホンダが登録車販売で日産を抜き初の2位に…など、新年から話題が相次いでいる。

 ほか、ランクルプラド2022年夏登場!?! ハスラーVSタフトの熾烈な主導権争い…などなど、今回も最新情報盛り沢山でお送りする。

【画像ギャラリー】ランクルプラド登場で盤石の布陣完成…?? トヨタのSUVラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年12月のものです
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■アルファードがヴェルファイアの8倍売れている理由

 11月はアルファードとヴェルファイアの販売台数に大きな差が出ました。

 アルファードは1万627台で前年同月比75.9%の大幅増となり、車名別ランキングはこれまでで最高の3位を確保。これに対してヴェルファイアは1241台、49.9%減と激減していて順位は41位に大幅後退しているのです。

姉妹車のアルファードとヴェルファイアだが、売れゆきに大きな差ができている。11月はアルファードのほうがヴェルファイアの8倍も売れているのだ

 姉妹車である両車の売れゆきに、明確な違いが生じた要因にはふたつあります。

 ひとつは2019年12月のマイナーチェンジです。フロントマスクのデザインが両モデルとも変更され、それまでヴェルファイアのほうが売れゆきは上だったのが、アルファードに軍配が上がる逆転現象が発生しました。ただしその時点では、両モデルの差はそれほど大きくありませんでした。

 差が開きだしたのは今年5月にトヨタ全系列店で全トヨタ車を併売し始めてからです。全系列店で両モデルを扱うと、人気の高いアルファードにさらに売れゆきが集中する傾向が強まったのです。

 5年後のリセールバリューもアルファードのほうが10万~20万円高くなることが予想され、アルファードへの人気が余計に加速しているのです。

 したがって2022年の世代交代時にはアルファードに一本化し、ヴェルファイアが廃止になるのはほぼ確実な見通しとなっています。

■ランクルプラドは2022年夏の世代交代で調整か

 トヨタは2022年夏にもランドクルーザープラドをフルモデルチェンジする方向で開発を進めている模様です。

 ランドクルーザー300の次期型発売が2021年中であり、その翌年の世代交代となります。

 次期型のプラドはキープコンセプトの一新ですが、新たにTNGAによる開発技術が採用されます。

 さらに、最新の安全装備であるトヨタセーフティセンスや12インチナビが装着可能なディスプレイオーディオを標準装備します。

 パワーユニットは2.5Lガソリンターボと2.8Lクリーンディーゼルを搭載する見込みです。

 これによってトヨタのSUVラインナップはベーシックコンパクトからラグジュアリークラスまで、すべて新世代モデルが整うことになります。

トヨタ ランドクルーザープラド(写真は現行型)

次ページは : ■2020年の登録車販売、ホンダが日産を抜き初の2位に浮上!