今春発表の新型ヴェゼル王座奪還なるか? 一部写真を公式が世界初公開!!


 ついにホンダが、クロスオーバーSUV「新型ヴェゼル」を先行公開。

 ヴェゼルは、2014~2016年、そして2019年のSUVカテゴリにおける新車販売台数ランキング(暦年)で4度の1位を獲得している、大人気モデルだ。

 昨2020年も、1位のライズ(12万6038台)、ハリアー(6万6067台)、RAV4(5万4848台)、C-HR(3万3676台)に続く、5位(3万2931台)にランクイン、すでに8年目に突入したモデルとしては、大健闘している。

 人気モデルとしての実績があるだけに、ヴェゼルが今回の新型で、大ヒット中のヤリスクロスやライズなどトヨタSUV勢の勢いを止められるか、注目が集まっている。

 今回、先行公開されたティザー画像から、新型ヴェゼルがどのように進化するのか、考察したい。

文:吉川賢一
写真:HONDA、ベストカー編集部、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】ついにヴェールを脱いだ!? 新型ヴェゼル 先行公開された全写真をチェック


新型ヴェゼルは一層「クーペSUV」らしく進化

 今回リリースされたホンダのプレス情報によると、新型ヴェゼルは、2021 年春の発表・発売を予定。2月18日には、デザインを世界初公開するワールドプレミアイベントを、オンラインでおこなうという。

 今回は、それに先駆け、5枚のティザー画像が公開された。少ない情報だが、そこから新型ヴェゼルの姿を推測していく。

新型ヴェゼルでは、リアウィンドウの傾斜がなだらかになり、「クーペSUV」の方向性へと進化、リアオーバーハングも伸びているようにも見える
現行型ヴェゼルの同じ角度でのショット。リアウィンドウの傾斜の違いがよく分かる

 まず、現行型ヴェゼルよりも、リアウィンドウの傾斜がなだらかになり、ハリアーのような「クーペSUV」の方向性へと進化しているように見える。

 また、公開された画像では、後輪のセンターが判別しにくいため推測だが、リアオーバーハングが相当長くなったように見える。目測だが、150~200ミリは伸びているのではないだろうか。

 テールランプも、縦方向に薄型になり、シャープなデザインへと進化していることも分かる。

 後席ドアハンドルは、現行ヴェゼルと同じく、リアガラスの後端にブラックアウト化して配置、現行のクロスオーバーSUVテイストを踏襲している。また、後席乗員の頭上までくるほどの、超大型サンルーフが備わっているのもわかる。これほど広い面積だと、車内は相当に明るい雰囲気となるだろう。

後席ドアハンドルは、リアガラスの後端にブラックアウト化して配置 また、後席乗員の頭上までくるほどの超大型サンルーフが備わっている

インテリアはフィットに近い雰囲気に

2020年2月に登場した現行型フィット 大型のナビゲーションモニタをダッシュボード最上段に配置、すっきりとした印象のインテリアだ

 インテリアは、ナビゲーションモニタをダッシュボード最上段へと移動し、周囲にスイッチなどを配置しないことで、すっきりとした印象だ。エアコン温度調整のような、調整ノブが並ぶ様子は、現行型フィットの雰囲気に近いようにも考えられる。

 シフトノブも、ホンダeのようなスイッチ式ではなく、センターコンソールから生えた通常のタイプを踏襲しているようだ。

 また、おそらく後席用のスピーカー(ツイーター?)が、後席ドアのBピラーの傍に配置されている。推測だが、このショットを先行公開画像に選んだホンダの意図としては、後席乗員のためにも良い音質を聞かせる工夫をした、ということだろうか。

ナビゲーションモニタをダッシュボード最上段へと移動した また、シフトノブはホンダeのようにスイッチ化せず、センターコンソールから生えた通常のタイプを踏襲

次ページは : フィットに続く新HV搭載で低燃費も実現

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ