ランクル300、アリア、BRZ続々登場!! 2021年国内メーカーニューモデル全情報


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 振り返ってみれば新顔、フルモデルチェンジと大いに盛り上がった2020年の自動車業界。今年2021年も、ランクル300や86&BRZ、アリア、アルトなどの楽しみな注目車が続々と登場・一新される予定だ。

 年末年始に販売店を集中的に取材したところ、現状ディーラーに届いている2021年の新車スケジュールがうっすらと見えてきた。以下、現時点で集まっている情報をお伝えしたい!

【画像ギャラリー】登場が待ち遠しい…!!! 2021年登場予定のモデルたちをギャラリーで総チェック!

※本稿は2021年1月のものです
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■トヨタ、2021年の注目新型車はランクル300、86など5車種!

 トヨタから2021年に登場する新型車は、ランドクルーザー300、86、カローラクロス、それにノアの4車種です。

 いずれのモデルもトヨタの設計思想であるTNGAに基づいて開発され、さらにディスプレイオーディオや最新機能を盛り込んだ先進運転支援システムのトヨタセーフティセンスを採用します。

 ランドクルーザー300は現行型の4.6L V8エンジンから3.5L V6ターボと3.3Lクリーンディーゼルターボに替えて搭載します。

 ノアは、従来のノア/ヴォクシー/エスクァイアをノアに統合します。3ナンバーサイズのエアロシリーズは現行型ヴォクシーのような精悍なデザインテイストを採用します。

 現行型の1.8Lハイブリッドは次期型では排気量を2Lに拡大し、さらにリチウムイオンバッテリーに代え、4WD車も設定します。

世界中で信頼される最強の悪路性能を誇るトヨタのフラッグシップSUV ランドクルーザーが、ついに2021年「300系」へとフルモデルチェンジする(画像はベストカー編集部による予想CG)

■日産の2021年ニューモデル展開は、アリア、エクストレイル、新型スモールEV

 2021年の日産によるニューモデル展開は、6月頃に新型EVの「アリア」、10月頃に次期型エクストレイル、そして年末近くに新型スモールEV、といったラインナップでの登場が予想されます。

 アリアはすでに発表ずみのSUV型電気自動車で、価格は500万円近辺の設定が予想されます。

 エクストレイルはキープコンセプトで三菱自動車の次期型アウトランダーと基本コンポーネンツを共用した姉妹車となります。パワーユニットは2Lハイブリッドが搭載される予定です。

 スモールEVは軽自動車ベースで三菱自動車との共同開発となり、航続距離は150km程度を目標に開発が進められています。このほか2021年中盤にはキックスに4WD車が追加されます。

全長4595mm、全幅1850mm、全高1655mmでホイールベースは2775mmのアリア

次ページは : ■ホンダの2021年のニューモデルはシャトル、ステップワゴンの世代交代

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ