ヤリスクロス、レヴォーグ…2020年の新型車9台「魅力」と「気になるトコロ」全調査

実は空前の大豊作年 2020年の新型車9台「 魅力」と「気になるトコロ」全調査

 嵐のように過ぎ去った2020年。だがその一方で、自動車業界はニューモデルやモデルチェンジの話題が相次いだ。

 ここでは、今年2021年も話題になるに違いない2020年登場のニューモデル、マイナーチェンジ車を果たしたクルマたち9台をピックアアップ。

 自動車評論家 国沢光宏氏、渡辺陽一郎氏のお二人ならではの視点で、バリバリのニューモデルたちの魅力と、その一方で気になっている部分についても語ってもらう。

 クルマを買うというのは多くの人にとってとても大きな買い物。その大事な選択の手助けとなれば幸いだ。

●ラインナップ
・スバル レヴォーグ(2020年10月フルモデルチェンジ)
・ホンダ ホンダe(2020年8月登場)
・トヨタ ヤリスクロス(2020年8月登場)
・日産 キックス(2020年6月登場)
・ダイハツ タフト(2020年6月登場)
・マツダ MX-30(2020年10月登場)
・ホンダ オデッセイ(2020年11月マイナーチェンジ)
・日産 エルグランド(2020年10月マイナーチェンジ)
・レクサス IS(2020年11月マイナーチェンジ)

【画像ギャラリー】レヴォーグ ホンダe ヤリスクロス キックス…どれも注目度高し! 2020年のニューモデル9台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2021年1月のものです。各車の「値引き額」は目標値で、流通ジャーナリスト遠藤徹氏調べ。店舗や時期などによりこの金額を引き出せない場合もあります。
文/国沢光宏、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■スバル レヴォーグ(310万2000~409万2000円)

デビュー:2020年10月/全長4755×全幅1795×全高1500mm、ホイールベース2670mm、1580kg、1.8L直4ターボ、177ps/30.6kgm、WLTCモード13.6km/L(STIスポーツEX)

●推せるトコロ…プラットフォームの刷新により、ステアリング操作に対する車両の動きが正確になって安定性も向上した。足回りが柔軟に動き、乗り心地も快適だ。運転支援機能については、アイサイトXの採用で、50km/hの手離し走行も可能になる。内装の質感、後席の居住性も向上した。

●気になるトコロ…1.8Lターボは、回転上昇に伴って加速が活発になる。開発者は「ターボの特性を少し強めた」と述べるが、違和感が生じる場合もある。斜め後方の視界も少し悪化した。アイサイトX作動中に運転者の異常を検知すると、自動停止するが、この時にSOSコールを自動発信する機能はない。

●人気グレード
1)STI Sport EX
2)GT-H EX
3)GT-H

●値引き目標額:13万円 →→→ 値引き引き締め傾向

■ホンダ ホンダe(451万~495万円)

デビュー:2020年8月/全長3895×全幅1750×全高1510mm、ホイールベース2530mm、1540kg、モーター、154ps/32.1kgm、WLTCモード259km(アドバンス)

●推せるトコロ…何と言っても街中でひと際目立つ素敵なデザインでしょう! しかもボディパネルの精度(パネルとパネルの隙間管理など)ときたら、日本車で最も丁寧な仕上がり。雰囲気だけで欲しいと言う人も出てくると思う。今や世界的に希少となった「小さくても高級なクルマ」ですね。

●気になるトコロ…液晶のドアミラーの使い勝手が厳しい。後続車との距離感、まったく掴めません。高いコストなんだろうから、鏡のミラーの性能を大きく超えてから採用すべきだった。やがて出てくるARIYAは500万円くらいになるらしい。ホンダeの500万円近い価格、どう考えたって高い。

●人気グレード
1)Advance
2)標準

●値引き目標額:5万円 →→→ 値引き引き締め傾向

次ページは : ■トヨタ ヤリスクロス(179万8000~281万5000円)