タイプR ステップワゴン 完全新規SUVも!! ホンダの2022年は超重要な年!?


■ハイブリッドは2モーター方式に 新型フリード(2022年9月デビュー)

 2016年に登場した現行モデルは2019年秋にビッグマイナーチェンジを受け、人気の高さを維持しているフリード。

 現行モデルのパワートレーンは基本的に先代型フィットと同じ1.5Lのガソリンと1モーター2クラッチ方式のハイブリッドであるi-DCDだったが、新型は新開発のプラットフォームを採用し、ハイブリッドは現行フィット同様の2モータータイプとなるe:HEVに変更される。

5ナンバーサイズの3列シートミニバンモデルというコンセプトは新型でも継承される。使い勝手のよさを新型も追求する(画像はベストカー編集部による予想CG)

 もちろん、先進安全装備のホンダセンシングはソナーセンサーとフロントワイドビューモニターを採用した最新型に切り替わる。

 また、フリードに対してテールゲートパネルとリアバンパーを開口部が広いタイプに変更した派生モデル、「フリード+」も継続して設定。

 低床化を追求し、多彩なシートアレンジをウリとするのも変わらない。

ハイブリッドモデルは現行型のi-DCDから新型では2モーター方式のe:HEVに変更されることになる

■モーター採用で4WDスポーツへ! シビックタイプR(2022年12月デビュー)

 現行モデルは2020年10月にビッグマイチェンを受けているが、2022年にはいよいよ待望の新型タイプRがお目見えする。

新型シビックタイプR。空力特性追求のエアロパーツ装着は最小限となり、現行モデルよりも“大人のスポーツ”に(画像はベストカー編集部による予想CG)

 そのベースとなるシビックはすでに北米で2020年11月、新型セダンのプロトタイプが公開されている。

 日本ではセダン需要が低迷しているため、現行モデルのセダンは販売終了しているが、新型もセダンの日本導入は見合わせとなる可能性が高い。

 日本では2021年8月、ハッチバックモデルが新型に切り替わる予定だ。

 新型タイプRは現行タイプRに比べ、エクステリアではスッキリとした印象に変更となっている。

 これは現行型が装着するダウンフォースを得るための大型リアウイングなどが空力抵抗の増加要因になっていることを反省してのものだという。

フロントマスクもどう猛な表情を見せる現行型よりもスマートでスッキリとした印象のイケメンフェイスに変更される(画像はベストカー編集部による予想CG)

 注目はパワートレーン。直4、2L DOHCのVTECターボはキャリーオーバーとなるのだが、リアについては後輪左右のトルクを制御するモーターを採用し、これまでのFFスポーツから4WDスポーツに進化を遂げることになる。

 2Lターボが320ps/40.8kgmを発揮するのは変わらないが、これに前後計3モーターによるパワーが加わり、システム出力は400psに達するというからそのパフォーマンスは飛躍的に向上することになりそうだ。

 もちろん軽量化も抜かりなく、重量増は最小限となる。

リアウイングは新型でも継承されるが、そのデザインと大きさは若干現行モデルよりも洗練される(画像はベストカー編集部による予想CG)

■本当に出る??? NSXタイプR&NSXスパイダー(2022年デビュー??)

「開発進行中」の情報はあるものの、それ以上の具体的な情報が出てこない「NSXタイプR」と「NSXスパイダー」。

 これまで掴んでいる情報では今年秋~冬にかけて登場する、と言われているのだが……。

NSXタイプR(画像はベストカー編集部による予想CG)

 わかっていることは、「両モデルとも開発は間違いなく進んでいる」ということだが、一方で「マーケティング的判断で、市販化に向けた最終判断が不透明」ということである。

 NSXは標準モデルでも2000万円以上。タイプRとなれば3000万円以上になる。社会情勢との兼ね合いも大きいというのが結論だ。

NSXスパイダー。といったバリエーションは、開発が進められていることは間違いないが……(画像はベストカー編集部による予想CG)

【画像ギャラリー】ステップワゴン フリード シビックタイプR 新型モデル…重要モデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ