再現度高し!! フォーミュラEのRCカーがイケてる所


 最新のF1マシンにハイブリッド技術が搭載され、WRCでも2022年からラリーマシンにハイブリッドが搭載されるなどモータースポーツは世界的に環境性能を重視する方向でレギュレーションを変更しています。そんな中、フォーミュラEは化石燃料を使わない電気自動車のモータースポーツの最高峰として2014年にスタート。

 当初はモーター搭載のワンメイクシャシーのフォーミュラカーでしたが、進化した第2世代の「GEN2」ではタイヤを覆うボディワークを採用。EVなので当然音は静かで、走行中に聞こえるのは駆動系から発せられる高周波音がほとんどです。その様子は、どこかラジコンカーを想起させるものです。

 2020年8月に発売となった、タミヤの10分の1サイズRCカーの新作、TC-01シャーシの「フォーミュラE GEN2」。最大の特徴は、フォーミュラEのボディが搭載できる「TC-01シャーシ」。フロントのサスペンションアームを「魅せる」デザインや、サイドポンツーン前端を絞り込んだ造形などで、これで4WD車だというのだから驚き。

 本キットが発売される際に、ベストカーWEBで紹介記事を書かせていただきましたが、今回はその続編。「実際に購入(もちろん自腹)、製作、走行させてみて気づいたこと」をお伝えしていこうと思います。

文:吉川賢一
写真:エムスリープロダクション、NISSAN

【画像ギャラリー】フォーミュラEの軽快な走りを再現したタミヤの新作RCカーに注目!!


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ