電動化と脱セダンの波 変わる世界のタクシー事情


 「タクシーはその国の顔」とも言われる。日本ではJPNタクシー登場までの約60年間、車名だけで見れば”クラウン”が顔。そのタクシー事情が世界で変わりつつあり、電動化と脱セダンの波が押し寄せている。世界を3つのエリアに分け、レポート!

文/小林敦志
※ベストカー2021年5月10日号より転載

【画像ギャラリー】ニューヨーク、アジア、東南アジアで走るタクシーはコレだ


■ニューヨーク 多数派は今でもセダン

フォードエスケープ。SUVタクシーは乗り降りが大変

 かつては、チェッカー社のタクシー専用セダンも走っていたニューヨーク。やがてGM、フォード、クライスラーなどのアメリカン・フルサイズセダンに取って代わられるようになり、さらに、フォードが最後のアメリカン・フルサイズセダンである、クラウンビクトリアの生産を終了するタイミングで、プリウスが幅を利かすようになった。

RAV4。そもそもHEVのラインナップが多いこともあり、さまざまなトヨタ車がタクシーとして走っている

 ニューヨークタクシー組合では、タクシー車両としての推奨車種をリスト化している。その多くはHEV(ハイブリッド車)となり、プリウス系(含む日本名α)、カムリ、RAV4などのトヨタのほか、日産やフォードなどのハイブリッド車もラインナップされている。そのなかで、現状はカムリがメインとなっている。

トヨタカムリ(手前)。今やNYの顔か!?

 バイデン政権は電動車普及を進めるようだが、アメリカではガソリン価格が安めで安定していることもあり、HEVが自家用としてはなかなか売れず、ニューヨークに在庫が流れて、タクシーになっているともいわれている。クルマのタイプはセダンのほか、SUVやミニバンなどボディタイプは多彩なものとなっている。

トヨタシエナ。スライドドアに慣れていないニューヨークっ子も目立つ

 ほかの全米主要都市ではタクシーの主流はプリウスとなっており(一部カムリ)、セダンは多い。これはニューヨーク市で使ったものが中古として流れているとの話もあるが、電動化は全米レベルでも進んでいるといえよう。

■アジア 中国は中華系メーカー車に一気にシフト

 中国では“脱セダン”の前に、EV(純電動車)タクシーの普及により、中華系メーカー車に一気にシフトした。

広州汽車のMPV型EVタクシーは、乗務員証までデジタルデータ化されていて驚いた

 かつて北京では、北京ヒュンダイ、東風シトロエン、一汽VW(フォルクスワーゲン)、上海では、上海VWなど外資系がメインとなり、中国全土でも上海VWや北京ヒュンダイ車が圧倒的に多かった。

 しかし、今では、上海汽車や広州汽車、BYDなど中華系が増え、リチウムイオン電池を脱着して充電する、北京汽車のEVセダンタクシーが華南地区の広州市でも目立つようになっている。深セン市はBYD、広州市は広州汽車など、地元メーカー車と並び普及が進んでいる。

 現状もセダンがメインだが、MPV(多目的車)や、ステーションワゴンなどのEVタクシーも走っている。

 台湾は’40年までに「販売車両を電動車のみにする」と発表。タクシー車両は、“トヨタウィッシュを世界一愛する地域”とされていた台湾なので、かつてはほぼウィッシュだらけ。台湾でのノックダウン生産が終了すると、さまざまな車種がタクシーとして登場したが、メインはシエンタになろうとしているようだ。ただ、路線バスではすでに中華系BYDのEVバスが台北市内などを走っている。

ウィッシュはラゲッジが広く使い勝手もいい。愛される理由だ

 日本車のタクシーではEV化はなかなか進まないので、この先日本車が排除される可能性も考えられる。

シエンタも走るが、EV化が進まないので中華系に代わるかも!?

 韓国もソウル市内ではEV路線バスが目立っており、EVタクシーも走っている。EV路線バスでは中華系車両が走り出しているようなので、EVタクシーも目立ってくるかもしれない。もともとセダン型がメインで、中華系EVタクシーもセダンメインなので、“脱セダン化”は進まないかもしれない。ヒュンダイがあるのだが、コストの前には中華系に頼らざるを得ないともいわれている。

日本ではクラウンに代わりメインになりつつあるJPNタクシー。電動化と脱セダンを推し進める

次ページは : ■東南アジア トヨタ車、危うし!?中華系BYDのMPV型EVタクシーが増殖中

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ