ついに登場新型86/BRZ! 世界初公開の様子からFRスポーツならではの魅力を徹底検証!


 ついにその時がきた! 2021年4月5日13時、新型GR86と新型BRZが登場した。いずれも右ハンドルの日本仕様プロトタイプで、トヨタとスバルとの共同開発で誕生したFRスポーツ。

 初代86/BRZデビューから9年を経て、いよいよその2代目モデルがお披露目と相成った!

●新型GR86&BRZ 日本仕様
・新型GR86……2021年秋デビュー
・新型BRZ……2021年夏デビュー

※本稿は2021年4月のものです
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA、SUBARU 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』 2021年5月10日号

【画像ギャラリー】役者は揃った!!! 新型GR86&BRZをギャラリーでチェック!!!!


■満を持してワールドプレミアされた新型GR86

 2代目の86がついに登場した。86の車名の前に「GR」とつくのは、スープラ、そしてヤリスとTOYOTA GAZOO Racing(TGR)が展開するスポーツカーシリーズである「GR」のグローバルモデル第3弾だからだ。

ワールドプレミアされた新型GR86。形状はBRZと同じだが、色がマットブラックになる86の18インチホイールは215/40R18タイヤとなる。これはBRZも同じで前後ともに同サイズだ
フロントグリルにはGRヤリスと同様、GRブランド専用となる「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用することで、機能性とエモーショナルさの両立を表現しているという。フロントフェンダー後方にはBRZと同様、スバルWRX系のようなエアアウトレットを採用
エクステリアでは、ベルトラインから水平に通ったフェンダートップにより、FRらしい車両姿勢を目指したという。水平に通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みにより、ワイドなスタンスと低重心を実現
パッケージやサイズ感は初代を継承してほぼそのままとし、全高とヒップポイントを低く抑えることでさらなる低重心化と回頭性向上を図り、86に求められるキビキビとした走りをさらに追求したという
水平に構成されたGR86のインパネ回り。メーターは7インチTFTディスプレイを採用し、始動時には水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにしたオープニングアニメーションの演出が見られる

 初代は2012年に誕生し、足かけ9年で世界累計20万台を超える人気モデルとなったが、新型はさらにその初代の「直感ハンドリングFR」というコンセプトを昇華させた。

 今回、新型86とBRZ共同開発の特徴として挙げられるのが、クルマのベースを共有しながらも各々の個性を引き伸ばすことに注力したこと。

 BRZ側の開発陣と切磋琢磨した結果、86はスポーツ性能に特化したさらに高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走りを実現。

 これに対し、BRZでスバルは「誰もが愉しめる究極のピュアFRスポーツカー」を実現させた。

スバル新型BRZ。ひと目見ただけで高い走行性能を予感させる、躍動感を持ったスポーツカーらしいデザインをねらっているという。グラマラスな外観だ
アルミホイールのデザインは実はGRヤリスRZのものとデザインが酷似している。これはGR86も同じだが、GRヤリスとは細部が違うという
サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方のエアアウトレットなどといった、デザインにアクセントをもたらし、かつスポーツカーとしての性能を最大限に引き出す空力アイテムを多数採用

 ボディサイズは両車ともに全長4265×全幅1775×全高1310mm、ホイールベース2575mm。6MT車の車重も1270kgとまったく同じだ。

 ちなみに初代86/BRZは全長4240×全幅1775×全高1320mm、ホイールベース2570mmだから、全高が10mm低くなり、リアのトレッドも片側5mmずつ拡大して安定感を増した。

シンプルな水平基調のBRZのインパネ。メーターバイザーが低く設置されていることで、広い視界を確保している。また、デジタルメーターに7インチTFT液晶タイプを採用するのは86と一緒。運転に集中できるように配慮されたインテリアだ

 昨年11月、北米で新型BRZの北米仕様車が公開されているが、日本仕様のパワートレーンも直噴のFA24型水平対向2.4L DOHCを採用。最高出力235ps、最大トルク25.5kgmを発揮する。

 初代の2L NA(6MT車で207ps/21.6kgm)から排気量を400ccアップさせ、パワーで28ps‌、トルクで3.9kgm上乗せされた。

 これにより、新型の0-100km/h加速は初代の7.4秒から6.3秒にまで向上。

エンジンは初代の2Lから新開発の2.4Lに排気量をアップ
そのスペックは最高出力235ps、最大トルク25.5kgmとなり、好レスポンスを誇る

■両車ともに徹底した軽量化と低重心化により走りを進化

 86/BRZともにシャシーは初代モデルをキャリーオーバーしているが、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)の知見を採り入れ、インナーフレーム構造を採用。

 フロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上させている。

 開発当初は初代比で+75kgだった車重も、ルーフやフェンダー、フードの素材に軽量アルミを採用してほぼ初代なみに。

ルーフ、フェンダー、ボンネットはアルミ合板を採用。SGPの知見を採用して大幅に進化している
高いホールド性とフィット感をもたらしてくれるスポーツシートを採用。スバルとGRのシートへのこだわりには並々ならぬものがあり、疲れにくく運転に集中できる環境を提供する

 スチールボディにアルミルーフを組み合わせた量産車は極めて珍しい。さらに約5mmの低重心化も実施し、操る愉しさとキビキビした走りを進化させた。

 また、見逃せないのは両車の6AT車に先進安全装備のアイサイトがついに標準採用されたこと。

 全車速追従機能つきクルーズコントロールと衝突被害軽減ブレーキのある安心感は大きい。

86、BRZともに6AT車には先進安全装備のアイサイトを標準装備。これは嬉しいポイントだ

 発売開始はBRZが今年夏、86が今年秋と、先にBRZがデビューすることになる。

 排気量が上がることで気になる価格だが、新型も初代の約250万~約400万円からさほど上がらない見込みだ。期待して発売を待とう!

初代モデル同様に6MT車を用意している。ベースとなったのはアイシン製のAZ6だった
トランク容量は初代と同じ容量を確保。タイヤ4本を積載可能だ

●トヨタ新型GR86 & スバル新型BRZ 主要諸元
・全長:4265mm
・全幅:1775mm
・全高:1310mm
・ホイールベース:2575mm
・車重:1270kg
・エンジン:水平対向4気筒DOHC
・総排気量:2387cc
・最高出力:235ps/7000rpm
・最大トルク:25.5kgm/3700rpm
・トランスミッション:6MT/6AT
・駆動方式:FR
・サスペンション:F)ストラット R)ダブルウィッシュボーン
・タイヤサイズ:215/40R18
※現時点で6MT車と6AT車のスペック差は発表されていません

【画像ギャラリー】役者は揃った!!! 新型GR86&BRZをギャラリーでチェック!!!!

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ