中国で発表された謎のクラウンヴェルファイア 日本での発売可能性と新型クラウン最新情報


 2021年4月19日、トヨタと第一汽車の中国合弁会社、一汽トヨタが「上海モーターショー2021」において、クラウンクルーガー(RAV4ベース)とクラウンヴェルファイア(ヴェルファイアベース)を発表した。

 なかでも、話題を集めているのが、クラウンヴェルファイア。日本のヴェルファイアのフロントグリルに王冠マークを付け替えただけのものだが、王冠マークの威力なのか、オラオラ顔の威力が増したように見えるのが不思議。

 現在、日本のヴェルファイアは4月28日の一部改良で、特別仕様車のゴールデンアイズIIのみのラインナップとなり、これがいわば最終モデル。次期アルファードがデビューする2022年末に廃止される見込みだ。

 そんななかにあってのクラウンヴェルファイアの発表。そこで、次期クラウンSUVの最新情報とともに流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/一汽トヨタ

【画像ギャラリー】上海モーターショーに降臨!! 一汽トヨタの新型高級車 クラウンヴェルファイア&クラウンクルーガー 日本発売はあるか?


クラウンヴェルファイアは日本で発売する可能性はあるのか?

一汽トヨタが上海モーターショー2021に出展したSUV、クラウンクルーガー
こちらはクラウンヴェルファイア。日本のヴェルファイアに王冠がついただけだが、なぜか押し出し感が倍増してみえる
2021年4月28日発表、5月10日に発売されたヴェルファイアの特別仕様車”ゴールデンアイズII”。現在はこのグレードだけのラインナップとなる

 今回、一汽トヨタが発表した、クラウンヴェルファイアは、クラウンクルーガーと合わせ、中国市場での高級MPVニーズに向け、高級車としてのブランドバリューのあるクラウンの名をつけて売っていきたいという狙いがある。一汽トヨタのホームページで大々的にアピールしている皇冠=クラウンは、中国名ではファンクァンと呼ばれる。

 ちなみにアルファードはトヨタと広汽集団の合弁会社、広汽トヨタが販売し、さらにアルファードの高級版としてレクサスはLMを販売している。

 クラウンヴェルファイアは全車2.5Lのハイブリッドで、7人乗り仕様。ステアリング中央のロゴはトヨタマークだがディスプレイやメーター内の液晶にはクラウンの王冠マークが表示され、ツインムーンルーフが装着されるなど豪華仕様となっている。価格は83万元~92万元(約1390万~1530万円)の3グレード展開だ。

クラウンヴェルファイアのインパネ。ステアリングとリアのエンブレム以外はクラウンのロゴで統一されている
クラウンヴェルファイアのインテリアは全車7人乗り仕様

 ちなみに一汽トヨタは2002年8月に一汽集団とトヨタが設立した合弁会社で、日本以外で初めてクラウンセダン(ゼロクラウン~)の生産&販売したが、2020年3月には生産を終了している。

 トヨタ関係者および都内の販売店営業担当者に話を聞くと「そうした情報は一切入っていない。アルファードのネーミングを冠するならまだしも、モデルが近く廃止されるはずのヴェルファイアのブランドを使うのは考えられない」と一様に同じようなコメントが返ってきた。

 実際、国内向けの商品展開でクラウン、アルファード/ヴェルファイア関連は2022年秋から年末にかけてふたつの新型車開発プロジェクトが動いているのを確認済みだ。

トヨタは2021年4月28日にアルファードの一部改良を発表。ラインナップが人気グレードに集約されたほか、ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアが全車に標準装備された

 アルファード/ヴェルファイアは2021年4月28日に一部改良が行われた。アルファードは従来通りのグレードを継承しているが、ヴェルファイアは特別仕様車の「ゴールデンアイズII」のみのラインナップとなり、ほかのカタログモデルはすべて廃止。つまりこれが最終モデとなり、ヴェルファイアの廃止が近いことを示している。

 首都圏にあるトヨペット店とネッツ店を数件回ったところ、店頭に置いてあるカタログはひとつにまとめられ、表紙の表題には「アルファード/ヴェルファイア」を併記されていた。ヴェルファイアの特別仕様車と同じ装備内容でアルファードにもS“タイプゴールドIIという特別仕様車が設定されている。

 しかしながら受注ベースでの両モデルの販売実績はすでに90%以上がアルファードで、10%弱がヴェルファイアであり、ヴェルファイアはほとんど売れない状況にある。売れ筋の2.5Lクラスの約3~5年後のリセールバリューはアルファードのほうが20万円も高くなっている。

2022年末の次期アルファード登場時にヴェルファイア生産終了

基本的にキープコンセプトとなる次期アルファードだが、Aピラーは空気抵抗軽減のためより強く寝かされ、前面から見た印象は現行とはかなり異なるという(CGイラストはベストカーが制作したもの)

 現在の最新情報では、次期アルファードのデビューは2022年末あたりが有力。現行モデルの登場が2016年1月26日だったから、約6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 キープコンセプトながら、TNGAによる新開発のプラットフォームを採用一段の上級シフトによる世代交代となる。ボディサイズは全長、全幅はほぼ同じだが、全高を若干引き下げることで、走行安定性を向上させる。

 パワーユニットは2.5L&3.5Lのハイブリッドを搭載する見込み。現行モデルは2.5Lと3.5LのガソリンNAと、2.5Lのハイブリッド(4WD)だが、次期型はすべてハイブリッドとし、ガソリンNAは設定しない見込みである。

 これは近い将来の電動化の流れに先行させるため。中心となる売れ筋の2.5Lハイブリッドは現行モデルでは4WD車のみであるが、次期型では2WD車も設定されるので、リーズナブルな価格設定が可能となる。

 ハイブリッド用のバッテリーは従来のニッケル水素からより高効率&コンパクトなリチウムイオンバッテリーのユニットに切り替えられるので、燃費が大幅に向上するだけでなく、スペース効率も良くなるので、そのぶん、室内居住空間を拡大することが可能になる。

次ページは : 次期クラウンはやっぱりSUVになるのか?