カーキャリアでおなじみスーリーはバッグの分野でも進化を遂げていた!【ハードケースを2名様にプレゼント!】


 ベストカー読者の皆さんは「THULE(スーリー)」と聞いて何を思い浮かべるだろうか?画面の向こう側から「ルーフボックス」「キャリア」という声が聞こえてきた(ような気がする)。バブル世代を中心にウインタースポーツやマリンスポーツ、キャンプの相棒だったという方も多いはずだ。

 そんなスーリーも来年で80周年。最近ではカーキャリアだけでなく、バッグ類も充実するスーリーのブランドの歴史と注目アイテムをご紹介したい。

※巻末に読者プレゼント企画をご用意しました。ぜひご応募ください。

本文/ベストカー編集部、写真/スーリージャパン、ゼット、阿部商会


■キャリアといえば、スーリー

 色々な積載物を機能的かつスマートに積み込むことができるスーリーのキャリアは、アクティビティを楽しむカーユーザーの強い味方。自動車製品の日本総代理店を担当する阿部商会の公式ホームページによると、用途に合わせて積み込める各種キャリアのラインアップはベースキャリアの他7種類が用意されている。

阿部商会 THULE公式ホームページより

 中でも注目は2020年に登場したルーフトップテント「Thule Tepui Rooftop Tent」シリーズ。新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、アウトドアブームが再燃し、商品需要も高まった。耐久性に優れた上質なコットン素材を使用し、快適な6.5㎝厚の高密度マットレスで快適に過ごすことができる。見晴らしのよさと抜群の解放感で、他の車中泊とは差別化し、旅の気分を盛り上げてくれるアイテムだ。

「Thule Tepui Rooftop Tent」

 また、最近ではキャリア以外にも、バックパックなどのアイテムも増え、街中ではスーリーのバッグを持つ若者の姿もよく目にする。もしかしたら最近の若い人はタウンユースのスマートなバッグブランド、というイメージの方が強いかもしれない。

■そもそもスーリーとは?

 スーリーは1942年にスウェーデンで創業、コーポレートスローガン「Bring your life」を揚げ、カーキャリア分野においては世界最大の規模を誇り、140カ国以上で愛されているグローバルプレミアムブランドだ。メイドインヨーロッパにこだわり、ISO規格を上回るタフな耐久試験を行うなど、その品質は折り紙付きだ。

 2010年からバッグの販売を開始。本格的なアウトドアバックパック、デイパック、トラベルラゲッジ、ベビーカーなど多岐に渡る製品を展開中だ。また、デザイン性に優れ、PCなどを安全に運べるビジネスバッグも複数ある。ルーフボックスやカーキャリアの満足度が高かったことをきっかけに、バッグも愛用するというビジネスパーソンも多いだろう。

カジュアルだけでなくビジネスシーンでもリュックタイプのアイテムを使う人が増えた昨今。スーリーのシリーズはラインナップも豊富で、容量や用途に合わせて選ぶことができる

■カーキャリアの技術を生かしたハードケースをプレゼント!

 ここで皆さんに紹介したいのが「Thule Revolve Wide-body Carry On Spinner 39L(¥70,400税込)」というスーリー初のハードケース。ワイドタイプのキャリーオンハードラゲッジ。週末の外出から1週間程度の旅行に最適なサイズ感のアイテムだ。

「Thule Revolve Wide-body Carry On Spinner 39L(¥70,400税込)」

 カーキャリアで培った技術を生かし、内装のコーナープロテクター、堅牢なフレーム、前面のシールドパネルを設計。強化された保護性能は使う人に安心を与えてくれる。

 ホイールはラフな路面でも転がしやすい大型リアホイールを採用。フロントは小型ホイールで内部容量を効率化。また、ガタつきを最小限に抑えた伸縮式ハンドルが、押す力を高効率に伝達してくれるので歩き出した瞬間から楽々と移動可能だ。

 今回はこのスーリーの日本販売代理店ゼットより、このハードケースを2名様にプレゼント。以下へアクセスして、ご応募ください(2021年7月24日20時59分まで)。

■ゼットのスーリー公式ページはこちら

■プレゼントご応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。