テスラの深き悩み VW全固体電池生産で一歩リード? テック系最新ニュース3選

テスラの深き悩み VW全固体電池生産で一歩リード? テック系最新ニュース3選

 本誌『ベストカー』にて、毎号テック系の最新情報や気になる話題をお届けしている「近未来新聞」。

 今回は中国とアメリカの間で揺れるテスラ、VWが全固体電池生産に前身? 東武鉄道が電車の自動運転の検証を開始…などなど、テック系の最新ニュースをお届け!

※本稿は2021年6月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年7月10日号『近未来新聞』より

【画像ギャラリー】最新技術・時事ニュースをギャラリーでクイックチェック!


■米中の間で悩むテスラ 中国で相次ぐイザコザ

 中国での販売が絶好調のテスラだが、足元では喜んでばかりもいられない事態が発生している。

 たとえば中国人民解放軍の動きだ。同軍はテスラの走行データが国外に持ち出されているとして、一部の軍人にテスラ車の使用を禁ずる通達を出した。

 そして多くのメディアも報じた4月の上海モーターショー。テスラのブレーキが効かないと訴える女性が、テスラの展示車両の屋根に上がって取り押さえられたのだが、これに対して出された中国規制当局のコメントが、女性を擁護するような内容だったことも世間の関心を惹いた。

テスラの上海工場。日本や欧州にも車両を輸出しており、その規模は本拠フリーモント工場に次ぐ

 さらには5月11日。ロイター通信が、テスラの上海工場の拡張計画が中止になったと報じた。

 テスラ上海工場は、中国政府が初めて認めた外資単独出資の自動車工場として有名だが、その生産規模は本拠地の米フリーモント工場に次ぐレベルにまで急拡大していた。

 それだけに今回の拡張中止は意外だが、テスラ自身が中国の報復関税などに不安を感じ、投資を見送ったようだ。

 相次ぐテスラへの逆風のニュースだが、その始まりが、3月18・19日にアラスカのアンカレッジで行われた米中外交トップによる会談とほぼ同じである点は注目だ。

 両国の激しいやりとりは読者もテレビなどでご覧になったと思うが、以来、アメリカ製品のシンボルでもあるテスラが、中国国内で恰好のターゲットになってしまっていると分析する専門家は多い。

 今年1~3月の中国でのテスラ車の売り上げは6万9000台に達し、前年同期比3.7倍を記録した。テスラとしてはこの好調ぶりを死守したいはずだが、米中のデカップリングが雪解けの方向に動かない限り、不測の事態は今後もありうる。

 上海製のモデル3を輸入している日本も、今後を注視せねば。

上海モーターショーの騒動が影響したか、中国では4月になりモデル3の売り上げが失速したとか

■全固体電池でトヨタにライバル登場 VWが生産へ?

 トヨタが先行していると期待される全固体電池だが、ライバルのフォルクスワーゲンも動き出した。

 提携先の米電池開発ベンチャー「クアンタムスケープ」社と組んで、年内にもドイツ国内に全固体電池の試験生産ラインを建設し、2024年には商業生産に乗り出すという。

 クアンタムスケープは、大富豪ビル・ゲイツの財団なども出資する注目企業だが、発表によると同社の全固体電池は、体積あたりの走行距離を3割伸ばすことができ、450kmの走行に必要な電力を12分で充電できるという。

 温度変化にも強く、氷点下での動作も余裕でこなすそうだ。

クアンタムスケープのラミネート型バッテリー。トヨタとは異なるアプローチで全固体電池を作る

 フォルクスワーゲンは同社と合弁会社を作り、ハノーヴァー近郊のザルツギッターに全固体電池の試験生産ラインを建設。

 2024年に1ギガワットで商業生産を始め、将来的には20ギガワットまで拡大させるとのこと。1台のEVのバッテリー容量が50kW‌だとすれば、40万台分に相当する生産キャパシティだ。

 フォルクスワーゲンだけではない。BMWとフォードは同じアメリカの全固体電池ベンチャー「ソリッドパワー」への出資を拡大した。

 両社は来年から試験用全固体電池の調達を始めるが、BMWは2025年までに路上試験をスタートさせるという。トヨタの巻き返しに期待しよう。

次ページは : ■日本電産が下剋上! 将来的な車台生産を視野に?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ