熟練営業マンの読みも外れた!? 売れそうで売れなかった新車 5選

営業マンも売れると思ったのに…!! 期待を裏切った新車 5選

 新型車やフルモデルチェンジを受けるクルマは、ユーザーのみならず、販売店スタッフの心も躍らせる。そして販売店の営業マンは、新車の情報を見て、「これは売れそうだ」、「販売台数が伸びるだろうな」という予想をしながらデビューを待つ。

 筆者も、販売店の営業マンとして仕事をしながら、たくさんの新型車に出会ってきた。そのなかで、売れるだろうと予想していたのに、フタを開けたら、売れ行きが微妙だったクルマはいくつかある。

 そこで本稿では、営業マンも見当違いを起こしてしまった、人気車になると思ったのに、販売が振るわなかったクルマを紹介していきたい。

文/佐々木亘
写真/TOYOTA、DAIHATSU、MAZDA

【画像ギャラリー】未掲載写真含む26枚 本稿で紹介した売れなかった5台の内外装をチェックする


レクサス RC

レクサス RC/2021年6月販売台数:75台

 2014年5月にIS Cの販売が終了し、レクサスからクーペ・コンバーチブルが姿を消す。同年10月、RCが登場し、レクサスにクーペが復活した。

 そもそもクーペやコンバーチブルは、台数が伸びるカテゴリーではない。しかし、求めるユーザーは一定数いて、コンスタントに販売台数は上がる。レクサスでも当時、SCやIS Cは、一定の人気を維持し続けていた。

 RCの投入後、SCやIS Cからの乗り換え需要を含め、販売現場は大きく期待した。メーカーも研修に力を入れ、大きくプロモーションをおこなったが、RCはSC・IS Cオーナーから乗り換えてもらうことが少なく、盛り上がりに欠けるクルマとなってしまう。

 伸び悩んだ一つの原因は、コンバーチブルモデルがないという点だろう。SCもIS Cも開閉式ルーフを備え、オープンカーとしても使用できる。レクサスの2ドアクーペは歴代、コンバーチブルだったが、RCだけには開閉式ルーフが与えられなかった。ここには兄弟モデルRC Fの影響もあるのだろう。

 現在、レクサスのフラッグシップクーペであるLCは、RCの2倍近くの月販台数を誇る。LCとRCの大きな違いはコンバーチブルの有無だ。レクサスのクーペは、コンバーチブルが用意されているほうが、支持が集めやすい。

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア/2021年6月販売台数:1007台

 大人気ミニバンの、ノア・ヴォクシー兄弟の追加モデルとして登場したのがエスクァイアだ。

 当時、ドル箱カテゴリーだった5ナンバーサイズのハイトミニバン。エスクァイアは、ノアを高級路線に変更して、トヨタ・トヨペット店で扱うことになる。両チャネルのスタッフは、筆者も含めて「これは売れる」と思ったはずだ。

 しかし、内装の質感を高めたものの、「手頃さ」や「ファミリー感」が薄れ、売れ筋5ナンバーミニバンのイメージから外れてしまう。さらに、ノアの「Si」、ヴォクシーの「ZS」のような、人気の中心だった3ナンバーエアロ仕様もなく、販売も手詰まりになった。

 クルマのコンセプトは悪くなかったので、マークII・クレスタ・チェイサーのように、しっかりと3兄弟として売り出してほしかったクルマだ。エスクァイアに3ナンバーモデルがあれば、ユーザーの印象は大きく変わったはずである。

次ページは : ダイハツ ウェイク

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ