新型カローラクロスはヤリスクロスを超える人気になるか? 意外な死角があるのか??

ヤリスクロスを超える人気になるか? 新型カローラクロスの意外な死角とは

 2020年7月にタイで発表され、日本でも2021年9月14日に発売される予定のトヨタのクロスオーバーSUV、カローラクロス。8月2日に発売される新型ランドクルーザー300を含め、トヨタのSUVのラインナップは、まさに半端ないフルラインナップ状態だ。

 はたして、新型カローラクロスは、ライズやヤリスクロス、RAV4、ハリアーのように大成功するだろうか? さらに新型カローラクロスに死角はないのだろうか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】9月14日発売予定!! 新型カローラクロスはホンダヴェゼルを超えられるか?


■新型カローラクロスは8月下旬に予約受注開始、9月14日に正式発売予定

 2021年内に登場する新型車の中で、特に注目される車種がトヨタカローラクロスだ。2020年7月にタイで初公開され、日本での販売も予定されている。

 販売店ではカローラクロスについて以下のように述べた。

 「カローラクロスに関して、現時点(2021年7月下旬時点)では、8月下旬頃には予約受注を開始して、9月14日に正式発売するスケジュールになるだろう。試乗が可能になるのも9月下旬頃だ。お客様からの問い合わせは多い」。

■カローラクロスの外観、内装を徹底チェック!

カローラシリーズとして新たにラインナップに加わるカローラクロス。発売は2021年9月14日を予定している。予約受注開始は8月下旬と予想される

 カローラクロスは、文字通りカローラとエンジンやプラットフォームを共通化したSUVだ。カローラの「GA-C」と呼ばれるプラットフォームは、現行プリウスで初採用され、今はトヨタ車に幅広く普及した。したがってカローラクロスも、トヨタが用意するさまざまなミドルサイズカーと基本部分は共通化されている。

 カローラクロスのホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2640mmだから、同じプラットフォームを使うC-HR、カローラセダン/ツーリング/スポーツと等しい。現在日本で販売されているトヨタ車で、カローラクロスに最も近い車種はSUVのC-HRだ。

トヨタC-HR(全長4390mm×全幅1795mm×全高1550mm)と同じGA-Cプラットフォームを採用する
カローラクロスのボディサイズは全長4460×全幅1825×全高1620mm、ホイールベースは2640mm。C-HRよりも大きくハリアーよりも小さい

 カローラクロスのボディサイズをタイ仕様で見ると、全長は4460mm、全幅は1825mm、全高は1620mmになる。C-HRに比べると70mm長く、30mmワイドで、70mm高い。ホイールベースは同じだが、ボディサイズはカローラクロスが少し大きい。

 外観は比較的オーソドックスなSUVのスタイルだ。C-HRの外観は、5ドアクーペ風で都会的な印象を強めたが、カローラクロスは前輪駆動ベースのSUVながらも野性的な雰囲気を併せ持つ。既存のトヨタのSUVに当てはめると、カローラクロスのコンセプトやデザインは、RAV4とライズに近い。

インテリアの造形はC-HRを踏襲する

 内装の基本形状はC-HRに似ている。カローラクロスはオーソドックスな上質感を重視するが、各種のスイッチやATレバーの配置はC-HRと共通だ。

 居住空間はホイールベースが等しいためにC-HRに近いが、前述の通り全高はカローラクロスが70mm高い。リアゲートの角度は、C-HRでは寝かされたが、カローラクロスは直立させた。

 そうなると車内の後部はカローラクロスが広い。例えば身長170cmの乗員が座った時、C-HRの後席では頭上に握りコブシが1つ収まらないが、カローラクロスでは余裕が生じる。

カローラクロスのフォルムはクーペよりもむしろステーションワゴンやRVに近い。後席付近のCピラーを立てた設計により室内空間に余裕が生まれる

 またC-HRではサイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたから、ドライバーから見ると斜め後方の視界が悪く、後席に座る乗員も圧迫感を抱く。この点もカローラクロスは外観が水平基調だから、大幅に改善される。後席に座った時の開放感でも差が生じる。

 さらにカローラクロスは、全長がC-HRに比べて70mm長いので、リア側のオーバーハング(ボディが後輪よりも後ろ側へ張り出した部分)も伸びる。そのために荷室面積も少し広い。リアゲートもC-HRのように寝かせずに立てたから、背の高い荷物を積みやすい。

 以上のようにカローラクロスは、全長が4460mmという適度なサイズで、後席を含めた居住空間と荷室が広い。ファミリーカーに最適なSUVに仕上がる。

 エンジンはタイ生産のカローラクロスでは、直列4気筒1.8Lと、1.8Lをベースにしたハイブリッドが用意される。この組み合わせは、基本的にはカローラセダンやツーリングと同じだ。

 日本仕様では、C-HRと同様に1.8Lのガソリンエンジンを1.2Lターボに変更したり、両方を設定する可能性もあるが、価格を割安に抑えるなら1.8Lが有利だ。売れ筋のパワーユニットはハイブリッドで、C-HRでも70~80%占める。

次ページは : ■トヨタのSUV戦略において中心的な存在となるカローラクロス