ルーミー 最強のナンバー2へ!! ライバル車ソリオと比較し快進撃の理由を探る

いまや最強のナンバー2!! トヨタ ルーミー快進撃の理由

 ここのところ販売台数ランキングトップの常連となっているトヨタ ヤリス。では2位はどうだろうか。2021年に入ってからの1月から6月は全てトヨタ ルーミーが2位となっている。

 ここでは2位のルーミーに目を向け、ライバル車であるスズキ ソリオと比較しながら、ルーミー好調の理由を探っていく。

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部、SUZUKI

【画像ギャラリー】販売台数ランキング2位の常連!! コンパクトで多目的に使えるトヨタ ルーミー


■盤石のツートップ!! トヨタ ヤリス&トヨタ ルーミー

トヨタ ルーミー。2021年の月別ランキングで、1月から5月まで毎月2位となっている

 自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計によると、2021年5月単月の登録車のみとなる販売台数ランキングをみると、トップはここのところ常連となっているトヨタ ヤリス(含むヤリスクロス)となるが、2位を見るとヤリスより5000台ほど少ない、1万1597を販売したトヨタ ルーミーとなっている。

 2021年に入ってからの単月ランキングをみると、ルーミーはいままで、つまり1月から6月まで毎月2位となっている。つまり、登録車のみの販売ランキングでは、ヤリスとルーミーの2トップ状態が続いていることになる。

 ルーミーは兄弟車のタンクとともに、2016年11月9日にダイハツトールのOEM(相手先ブランド供給)としてデビューしている。ちなみに、このほかスバルへも“ジャスティ”の車名で供給されている。

 自販連の販売統計をもとに、2016事業年度締めから、2020事業年度締めまでの、ルーミー、タンクそして、ルーミーのライバルとされているスズキ ソリオのそれぞれ年間販売台数の推移を棒グラフで表してみた。

事業年度別年間販売台数推移

 ルーミーとタンクについては、2016事業年度については2016年11月9日デビューなので、11月もフルカウントとすると、事実上5カ月間の累計販売台数となるが、それぞれ月販目標が3750台なのに対し。ルーミーが月販平均台数約5009台なのに対し、タンクは約5507台となり、タンクのほうが売れていた。

 ソリオは先代モデルが2015年にデビューしているので、2016事業年度はフルカウントの状態となるが、月販目標台数3500台に対し、月販平均台数が約3982台となっている。2016年にルーミー&タンクがデビューするまでは、ガチンコでぶつかるライバルはいなく、よく売れており“我が世の春”を謳歌していた。

 ルーミー&タンクが登場したあとは、ソリオが販売台数で呑みこまれてしまうのではないかという話もあったが、2017事業年度はルーミー&タンクの相乗効果があったようで、年間販売台数で5万台オーバーとなり、その後も年間販売で4.5万台前後をキープしており、ルーミー&タンクの悪影響はほとんど受けていないと考えていいだろう。

 2020年9月のマイナーチェンジのタイミングでタンクは生産終了となり、ルーミーに一本化されている。この時(ルーミーに一本化された時)のルーミーの月販目標台数は8700台。これに対し2020年10月から2021年3月までの半年間の平均月販台数は約1万1464台となっている。

 一方のソリオはこの期間中となる2020年11月にフルモデルチェンジを行っているが、月販目標台数4000台に対し、平均月販台数が約4520台となっており、統計上はルーミーに押されることなく、堅調な販売が続いている。ネットワークなどの販売力の差を見れば大健闘といってもいいだろう。

■ライバル車ソリオにあってルーミーにないもの

トヨタ系ディーラーによると、ルーミーはスズキ ソリオと比較検討するユーザーが多いとのこと

 “トヨタ一強時代”などと呼ばれる最近では、トヨタ系ディーラーのセールスマンに話を聞くと、まずライバルメーカー車のクルマと商談でぶつかることはなくなったとのことである。

 ただし、「ルーミーですと、スズキのソリオとぶつかることが多いですね。値引き競争では自信があるのですが、たまにソリオに注文を持っていかれることがあります。値引きで負けるのではなく、クルマの魅力で負けるのです」と語ってくれた。

 ソリオにあって、ルーミーにないもの、それは“ハイブリッド”というおまじない。ソリオは先代モデルではストロングタイプまでラインナップしていたのだが、現行モデルではマイルドハイブリッドのみとなっているが、新車購入の上で、ハイブリッドというおまじないの効果は大きいようである。

 ルーミーはターボもあるが、NAとともに1000ccエンジンを搭載しており、ソリオの1.2Lエンジンのみに対して、自動車税の安さでアドバンテージがあるのだが、ハイブリッドの存在でかき消されることも多いようだ。

 ルーミーよりも、ヤリスクロス登場までビッグヒット状態であった、やはりダイハツ(ロッキー)からのOEMとなる、コンパクトクロスオーバーのライズとともに、人気車で販売実績もすごいのだが、それでも「ハイブリッドがないからなあ」ということで、契約までにいたらないこともあるとセールスマンから聞いたことがある。

 それでは、ハイブリッドもないダイハツからのOEMであるルーミーが、月販で1万台を超える時もあるほど人気車であり続けられる背景についてみていこう。

次ページは : ■コンパクトMPVの元祖はルーミーではない