ホンダが自動運転用の「地図作り」を開始! GMと共同でレベル4も2020年半ばに実現へ


課題も多いが移動や物流への活用に大きな期待

自動運転サービスを実現するまでに、信号、歩行者や緊急車両などの交通環境への対応、安全確保、法整備などの課題が多く、道のりは長く険しい(※イメージ画像)

 クルーズオリジンによるモビリティサービスをはじめとした、自動運転によるサービス展開に対する期待はより効率的かつ便利で快適な移動や、物流でも人出不足の解決など非常に大きい。

 その一方で日本であれば信号、緊急車両や人の誘導指示の際の動きといった各国の交通環境への対応、安全の担保など課題も多く、実現までの道のりは長く険しいものとなるだろう。

 そういった非常に難しいテーマを高い技術力を持つ自動車メーカーが取り組むのは大変心強く、技術的に実現できる内容の可能性も幅広い分野でもあるだけに、ホンダが提供するモビリティサービスには利用者がワクワクするものとなることを強く期待したい。

【画像ギャラリー】自動運転レベル3搭載 レジェンドホンダセンシングエリートをみる

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ