自動運転戦国時代!! 実走テスト 手放し運転が一番進んでいるのは…?

自動運転戦国時代!! 実走テスト 手放し運転が一番進んでいるのは…?

「自動運転」という表現が適切かという論議はあろうが、レベル2でのハンズオフを可能とした「運転支援」システムは、やっぱり「自動運転」と言いたくなる。

 今、その最先端を行く3モデルを同時に走らせて、実際どんな場面で、どんな挙動をするのかをテストした。やっぱり、使ってみないとわからないことだらけだった!!

※本稿は2021年7月のものです
文/鈴木 直也、ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2021年8月26日号

【画像ギャラリー】MIRAI レジェンド スカイラインと自動運転テストの様子をギャラリーでチェック!


■自動運転のレベルとは?

「自動運転」という表現はなかなか難しく、本来の意味で言えば、「自動運転」と言っていいのはレベル3の領域で限定された条件で実現されるもの以上を指す。

 つまり、自動車に搭載されたシステムが運転の主体となって、ドライバーが運転操作に介在することなく、システムが文字どおり、自動で車両の運転制御をする状態だ。

自動運転のレベル分け
自動運転のレベル分け

 今現在、これを実現しているのはホンダレジェンドに搭載される「Honda SENSING Elite」のみ。

 これとて、高速道路などの自動車専用道路上で、前後に他車がいる状態で、30km/h以下になった際(つまり渋滞中)にかぎってシステムが作動。

 流れがよくなって50km/hになった時点でキャンセルされ、運転主体をドライバーにハンドオーバーする。

 しかも、システムを搭載したレジェンドは100台の限定でリース販売のみ。一般的に誰もが購入できるというものではない。

 今回テストに持ち出したのはそのレジェンドに加えて、あらたに「TOYOTA Advanced Drive」と名づけられたハンズオフ機能(手放し)を持った新システムを搭載したMIRAI、さらにハンズオフのパイオニアとも言える「プロパイロット2.0」を搭載するスカイラインの3台だ。いずれも高速巡行時のハンズオフが可能なシステムである。

ホンダ レジェンド
ホンダ レジェンド
トヨタ MIRAI
トヨタ MIRAI
日産 スカイライン
日産 スカイライン

 レベル2以下のシステムはあくまでも「運転支援」で、「自動運転」と呼ぶべきではない……、との声は極めて正しいのだが、ここでは高速巡行時のハンズオフ機能を持つシステムを便宜上「自動運転」と表現する。

次ページは : ■文京区は音羽から木更津までを往復 自動運転の使用感をチェック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ