商用車の王者、ハイエースがバイカーたちからも熱い支持を受けるワケ

商用車の王者、ハイエースがバイカーたちからも熱い支持を受けるワケ

 2004年のデビューからすでに17年を経過するというモデル末期ながら、依然として商用車界の王者として君臨し続けるハイエース。販売面もいまだに堅調であり、同じモデルを買い換えるユーザーも多いのだという。

 また、ハイエースはバイクを趣味とするユーザーたちからの人気も非常に高い。バイクを走らせる現地へ運ぶための「トランポ」(トランスポーター)としての使い勝手が圧倒的に優れているのだとか。

 そこで、実際に最近バイクにハマり、そのトランポ用にハイエースを購入したフェルディナント・ヤマグチ氏が、ハイエース人気の理由を考察する!

文/フェルディナント・ヤマグチ
写真/トヨタ、フェルディナント・ヤマグチ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ハイエースの使い勝手を画像でチェック!


「トランポ」を探して

 ハイエースを買いました! 昨年6月、いい年をして二輪の免許を取得したのですが、以来オフロードの魅力にドップリと嵌まり込みまして、毎週末に不整地を求めて山奥に走りに行っています。しかし、楽しい山道は基本的に街から遠い。いきおい高速を利用することになる。

 ところがオフロードを走るように特化して作られたエンデューロバイクは高速を走ることが苦手です。ブロックの大きいオフロード用のタイヤは高速走行に不向きですし、カウルがないから風をモロに受けてジワジワと体力を奪われる(バイクの世界では“風疲れ”なんて言います)。

エンデューロバイクは不整地用の走行に特化している。公道走行用の保安部品が邪魔なため搭載されていないレース用の機種も販売されている

 夏は暑いし冬は寒い。もう往復するだけでヘロヘロです。ですからバイク仲間の多くは、「トランポ」(トランスポーターの略)と称するバイク運搬用のクルマを所有していて、往復の道のりは空調の効いたクルマで快適に移動しているのです。

 しばらくの間は仲間のトランポに便乗していたのですが、いい大人がいつまでも人様に甘えている訳にもいきません。そろそろ自分のトランポを買わなければならない。かくしてクルマ選びが始まりました。

■エンデューロバイク、どう運ぶ?

 ハイエースのような商用バンにするか、価格コンシャスな軽バンにするか。ステップワゴンの後部座席を取り払ってトランポとして利用している人もいる。既存のクルマに牽引装置を取り付けて、トレーラーで引っ張るという手もある。ピックアップトラックの荷台に載せるのもカッコいい。

 うーん、悩みます。友人のツテを辿って、各々の運搬方法を試しもしました。すると……、
1:商用バン:鉄板。価格は思ったより高い。みんなが乗っているので個性がない。
2:軽トラ:車両価格安価で維持費も安い。ただし車内高が低過ぎ。載せる度にバイクのサスペンションを縮める作業が必要でメンド臭い。
3:ミニバン:運転快適。シートを外すと改造申請が必要でメンド臭い。
4:トレーラー:積み込み簡単。運転に技術が必要(特にバック時)。高速料金高い。
5:ピックアップトラック:運ぶ姿がカッコいい。荷台が高く積み下ろしに不便。

 うーむ。どれも一長一短。悩みに悩んだ末に行き着いたのが商用バンです。調べて回る最中に友人がポツリと言った、「結局ハイエースに落ち着くんだからさ」という言葉が心に刺さります。そう。結局ハイエースなのです。

筆者が悩みに悩んだ末に行き着いたのが商用バンであり、ハイエースだった

 もちろんNV350キャラバンとも比較しました。寸法なんてほとんど同じですからね。現行ハイエースのデビューは2004年8月。改良を重ねているとはいえ、すでに17年も経った基本設計の古いクルマです。一方、NV350のデビューは2012年6月。基本設計はハイエースより8年も新しい。

 何しろ先行するハイエースを研究し尽くして開発したクルマですから、その弱点も克服していることでしょう。好き嫌いを除けばクルマなんて新しいほうがいいに決まっていますから、普通に考えたらNV350を選びます。車両価格も少しずつ安いですし。

次ページは : ■リセールバリュー