ハチロクの系譜は連綿と続く! 伝説のAE86の後継たちを追う!

ハチロクの系譜は連綿と続く! 伝説のAE86の後継たちを追う!

 80年代の現役時代は通好みのFRマシンとして注目され、90年代に入るとコミック「頭文字D」がきっかけとなって爆発的人気を集めたトヨタのAE86型スプリンタートレノ&カローラレビン。“ハチロク”の人気は2021年の現在でも続いているが、トレノ&レビンシリーズは1987年にAE86の生産が終了した後も後継モデルが開発・販売され、現在でもかたちを変えてハチロクの系譜は続いている。今回は、そうしたAE86の後継モデルを見ていくことにしよう。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ自動車、スバル、FavCars.com

【画像ギャラリー】ハチロクの後継たちのその後をもっと詳しく!


シリーズ初のFFモデルに! 「AE91/AE92型」(1987年-1991年)

ハチロクの系譜は連綿と続く! 伝説のAE86、その後継たちを追う!
先代の特徴でもあったリトラクタブル式ヘッドライトを継続採用したAE91/92型スプリンタートレノ。現役時代にはAE86を上回る販売台数を記録している

 スプリンタートレノ&カローラレビンとしては5代目、カローラでは6代目にあたるAE91/92型は1987年5月に販売が開始された。スプリンターとカローラは先代モデルからFF化されていたが、トレノ&レビンもこのAE91/92型でついにFFモデルに変更。ボディも3ドアクーペが廃止され、2ドアのノッチバッククーペのみとなる。トレノとレビンでヘッドライト形式が異なるのはAE86同様で、トレノはリトラクタブル式、レビンは固定式を採用して差別化された。

 シャシーとエンジンは両車共通であり、違いはほぼボディだけといえる。FF化にともなってフルモデルチェンジされたシャシーには、全面的に新設計されたサスペンションを装備。上級グレードのGT-APEXには電子制御サスペンションのTEMSが標準装備されていた。

 エンジンは1.6リッターDOHC 4バルブ直4タイプ。自然吸気式とスーパーチャージャー仕様を用意し、幅広いユーザー層に対応した。スーパーチャージャー仕様は145psを発生し、ハイオク用後期モデルでは165psにまで引き上げられた。

 FF化などによって汎用性をアップしたAE91/92型は人気を集め、当時のバブル景気とあいまってAE86を上回る新車販売台数を記録した。しかし、AE86ほどの強烈な個性はなく、中古車市場では値崩れを起こしたほど。「デートカー」としても知られたAE91/92型は、バブル景気が終焉を迎える1991年に生産を終了している。

ボディの大型化&大出力化でイメージも変化「AE100/101型」(1991年-1995年)

ハチロクの系譜は連綿と続く! 伝説のAE86、その後継たちを追う!
時代の流れに応じてリトラクタブル式ライトをとりやめ、固定式に回帰したAE100/101型トレノ。サイズの拡大もあって、AE86に比べて大柄な印象を受ける

 1991年にはAE100/101型が登場。このモデルでもトレノとレビンは共通シャシーを使用し、リトラクタブルライトが特徴だったトレノも、AE100/101型から固定式に変更された。先代モデルよりもホイールベースが延長され、あわせて全長、全幅ともに拡大。ボディもよりボリュームのあるデザインとなり、高級志向が強くなっている。

 トレノ・レビンともにFFモデルなのは先代と同様で、大型化に応じてエンジンのパワーアップが図られている。1.6リッター自然吸気直4エンジンは1気筒あたり5バルブ(吸気:3/排気:2)化され、160psを叩き出した。これはスーパーチャージャー仕様の170psに迫るほど。

 サスペンションのチューンも行われ、上級グレードのGT-Zにはセリカで採用された好評だったスーパーストラット・フロントサスペンションを標準装備。GT-APEXにもオプションで設定された。

 開発時期がバブル景気の真っただ中ということもあり、大型化による高級路線へと舵を切ったAE100/101型だったが、先代よりも80kg重くなった車体では、かつての持ち味であった走りの軽快感が減少してしまったという意見もあり、先代や先々代モデルほどの人気を得られずに終わった。

次ページは : 最後のスプリンタートレノ&カローラレビンは原点回帰? 「AE110/111型」(1995年-2000年)