BMWアルピナB8グランクーペが上陸 最上級4ドアクーペ!


 BMWをベースとしたコンプリートカーを手がけるアルピナの新型モデル「B8グランクーペ」が、ついに上陸。これは大型4ドアクーペである8シリーズグランクーペをベースとした、スポーティな走りと快適な移動を両立させた贅沢な1台である。

 BMWのフラッグシップクーペとなる現行8シリーズとの性能やキャラクターの違いなどを解説しよう。

文/大音 安弘、写真/ニコルオートモビルズ

【画像ギャラリー】最新のアルピナは4ドアクーペに!BMWアルピナB8グランクーペ


■8シリーズのアルピナの復活

 ニコルオートモビルズは、2021年9月30日、ラージサイズの4ドアクーペ「BMWアルピナB8グランクーペ」のジャパンプレミアを開催し、同日より発売開始することを発表した。

アルピナのニューフェイス「BMWアルピナB8グランクーペ」が日本上陸

 アルピナは、BMWを専門とするコンプリートメーカーで、高性能かつ快適性の高いモデルを作り続けていることで、世界のエンスージャストから高い支持を受けており、日本にも多くのファンを抱える。

 新型車は、1990年に送り出された大型クーペBMW8シリーズをベースとした「B12」シリーズ以来となる第2世代の8シリーズベースとなるモデルだ。現行型8シリーズは、2ドア及び4ドアクーペ、カブリオレと3つのボディタイプを有するが、新型モデルのベースに抜擢されたのは、4ドアクーペの「8グランクーペ」だ。

1990年に送り出されたB12シリーズも、8シリーズクーペをベースとしていた。写真は、92年登場のB12 5.7だ

■本家を超える高トルクエンジンにチューン

 高性能化を示す特徴となるパワーユニットは、8シリーズの最上級モデルであるM850i xDriveやMハイパフォーマンスモデルであるM8と同様に、BMW製4.4LV8ツインターボエンジンを搭載するが、これをアルピナ独自のチューニングを実施。

 最高出力は、621ps/5000~6500rpm。最大トルク800Nm/2000~5000rpmに強化。これはM8最強スペックとなるM8コンペティションが叩き出す最高出力625psに迫るだけでなく、最大トルクは50Nmも高い。その実力は、0-100km/h加速3.4秒、最高速度324km/hと公表されている。

アルピナがチューニングした4.4LのV8ツインターボエンジン。その滑らかな回転フィールは、アルピナらしい味わい深いもの

次ページは : ■快適性を維持したシャシー