「アルピーヌA110S ビトン リミテ」は日本だけの特別な一台!!


 フランスのスポーツカーブランド「アルピーヌ」が、なんと日本専用限定車を製作。それが「アルピーヌA110S ビトン リミテ」だ。

 限定車のモチーフとなったアルピーヌF1チームで使われるA110から限定車の特別仕様の詳細まで、まるっとお伝えしよう。

文/大音 安弘、写真/アルピーヌ・ジャポン

【画像ギャラリー】限定車「アルピーヌA110S ビトン リミテ」とアルピーヌF1チーム「A110トラックサイドカー」


■アルピーヌF1チーム由来の限定車登場

 アルピーヌ・ジャポンは2021年9月30日、アルピーヌの限定車「A110S BI TON LIMITEE(ビトン リミテ)」を発表し、同日より受注を開始した。限定数は24台となり、価格は906万~916万円となる。

アルピーヌの日本専用の限定車「A110ビトン リミテ」が24台限定で発売された。

 限定車「ビトン リミテ」は、日本のためだけに企画されたモデルで、2021年4月より使用されるアルピーヌF1チームの「A110トラックサイドカー」がモチーフとなっている。

 A110トラックサイドカーは、欧州でのF1開催時でのアルピーヌF1チームのドライバーの移動車で、今シーズン第2戦となるエミリア・ロマーニャGPよりデビュー。F1マシン同様に、フェルナンド・アロンソ選手とエステバン・オコン選手がステアリングを握り、レース開催中の移動の足として活躍している。

F1欧州GPで活躍するアルピーヌA110トラックサイドカー。アロンソ選手とオコン選手のF1マシンと同じナンバーがボディに付けられている

 このトラックサイドカーのベースは、A110で最も高性能なA110Sで、今期より投入されたF1マシン「アルピーヌA521」と同様に、アルピーヌの歴史的なレーシングカラーである青、白、赤のカラーリングが施されている。特にルーフが、市販車仕様にはないブラック仕上げのツートン仕様となる点も大きな特徴だ。

F12021年シーズンより投入された最新型マシン「アルピーヌA521」

■トラックサイドカーのエッセンスを投入

 限定車「ビトン リミテ」は、トラックサイドカーと同じA110Sモデルをベースに、特徴的なブラックメタリック(グリトネールM)のルーフを組み合わせたもの。日本専用車であるため、ステアリング位置も右のみとなる。

 さらに専用仕様として、ブリリアントブラックの18インチホイール(GT RACE)、レッドキャリパー、トリコロールエンブレム、トリコロールエンブレム付きドアトリム、ブルーステッチインテリア、ブルーステアリングセンタートリムを標準化。

 さらに日本でオプションとして用意されるパイオニア製16GBメモリーナビゲーションシステムも備えた充実の内容となっている。

最も高性能なA110Sがベース。ステアリングを握れば、気分はアルピーヌF1チームのドライバーになる!?

 限定車のボディカラーは、3色を用意。アルピーヌを象徴する明るいブルーの「ブルーアルピーヌM」、鮮やかなホワイトの「ブラン イリゼM」、深みのあるブルー「ブルー アビスM」で、全てメタリックカラーとなる。

 ちなみに、カタログモデルの110Sには、色が異なるルーフが存在するが、それはカーボンルーフ仕様であり、2トーンカラーのものは存在していない。

トラックサイドカーを彷彿させるブルーアルピーヌMの限定車。これが一番人気となるかも……

次ページは : ■世界で2番目にA110が売れる日本