アルピーヌA110を試乗!! 「これほしい!! 」と超辛口ドライバーが唸った 

すでに日本市場でも発売開始されいてるアルピーヌA110。これまでは抽選販売となったローンチエディションのみだったが、ついにカタロググレードも日本に上陸。

そんななか「欲しかったのに抽選に外れた」と嘆く大物ドライバーが。その名は鈴木利男氏。ご存じ元レーシングドライバーにして、日産GT-Rの開発ドライバーだ。

A110はすんごく評価が厳しい「利男さん」のお眼鏡にかなうのか!? 今回は試乗会で徹底チェック。A110、ドラテク習得にピッタリって本当ですか?

文:鈴木利男/写真:平野学、池之平昌信
ベストカー2018年11月26日号


■フランスの伝説が再び日本に!!

1995年に活動を休止していたアルピーヌが復活。1970年代に一世を風靡したライトウェイトスポーツ、A110が現代の技術で甦った。

2018年6月に登場したデビュー限定車プルミエールエディションは限定50台のところ1000人以上の応募が殺到。

こちらがプルミエールエディション。オプションなどの差はあれどパワートレインなどはカタログモデルも共通なのでご心配なく

その後、9月にカタログモデルとしてA110ピュアとA110リネージが発売となり、その試乗会に達人・鈴木利男氏が参加。

実は利男氏、デビュー限定車に申し込みながら抽選に外れていたりするのだが、だからこそカタログモデルの登場に興味津々。以下、利男氏の評価コメントを紹介しよう。

■異例なほど長い足回りのストローク

一般道、峠道、サーキットで走らせたアルピーヌA110は二面性を持ったスポーツカーだと思いましたね。

一般道を走っている時はとても普通。でも、ペースを上げるほどにエンジンと足回りのよさが際立ってくるんです。

最大の特徴は車重が1110㎏しかない軽さで、しかもミドシップだからフロントがさらに軽い(前後重量配分は44%:56%)。この軽さがアルピーヌの走りの印象を決めていると言えるでしょう。

こちらが「ピュア」。790万円からの価格はポルシェケイマンとガチンコになりそう。軽さが楽しいA110も「ツウ」な選択肢になりそう

一般道では淒く普通で、スポーツカーに乗っているという感覚があまりありません。乗り心地は硬めですが、チープな突き上げがくるものではなく、足がちゃんと動いている印象。

よく言えば扱いやすいクルマということですが、エンジン(直4、1.8Lターボ)の音も含め、もう少し特別感が欲しいとも思います。

ただ、これは個人的な意見で、この乗りやすさを歓迎する人も多いでしょう。乗り降りもラクだし、買い物や通勤でも気楽に使えそう。これはちょっと意外でしたね。

プルミエールエディションではシートの角度は固定式だったが、リネージはリクライニングが可能。とはいえバケットシートも窮屈さはない

本領を発揮するのはペースを上げてから。軽さはもちろんですが、サスペンションがしなやかなんです。

最近のスポーツカーとしては異例なほどストロークが長く、ロールもけっこうするのですが、足が動いてもタイヤはしっかり路面に接地していて、だから滑り方もスムーズ。唐突な動きがいっさいないから運転が淒く楽しい。

■自分の運転がクルマの動きになって表れる

エンジンもドライバーの意思に忠実にパワーとトルクが出て違和感がありません。

252ps/32.6kgmというスペックは、最近のスポーツカーのなかではそれほどパワフルなわけではありませんが、高回転までしっかりとパワーがついてくるし、実力は充分です。7速DCTのレスポンスも合格。

足もエンジンも合格点というA110。気軽に運転を楽しむというコンセプトがよくわかる運転感。利男さんのようなプロでも、ビギナーでも楽しめる

峠道とサーキットを走って思ったのは、淒くドライビングの練習になるクルマだなということ。

正しく乗れば、正しくスムーズに動いてくれます。自分の運転に対して動きが素直に表われるんですね。

前後左右の荷重をドライバーのかけたいようにかけられて、コーナリング中の高荷重時にステアリングを切り足した時の反応も悪くない。

ハイドロリックコンプレッションストップ(ダンパー内にセカンドダンパーを配し、バンプラバーの代わりにしているシステム)の効果なのか、ストロークの最後の最後にヘタることもありません。

ハイパワースーパースポーツは限界がどこにあるのか探りながらの運転になりますが、このクルマは全開で飛ばしていても楽しくてニヤリとできます。

前後のバランスを取りながら思いどおりに動かせるんです。もちろん軽さも効いていて、慣性を気にせず、思い切って攻められるんですよ。

そうは言っても、根本的にはサーキットでタイムを追求するクルマではないと思います。絶対的な速さよりも挙動を楽しむクルマ。

足を固めてハイグリップタイヤを履き、シャカリキになってタイムを詰めるクルマではなく、もっと気軽に運転を楽しむクルマですよね。

にっこり笑顔の利男さん。1110kgの車重に252psのエンジンはなかなか刺激的だ

競合車はポルシェ718ケイマンでしょう(ベースグレード673万円、ケイマンS849万円)。

普通に走っている時はケイマンのほうがスポーツカーらしさを感じますが、アルピーヌのよく動くサスペンションや軽さはフランス車らしさに溢れています。

抽選に外れたのは残念でしたが、今回乗ってやはり「欲しいな」と思っちゃいましたね(笑)。

【アルピーヌ A110ピュア主要諸元】

全長×全幅×全高=4205×1800×1250mm
ホイールベース=2420mm
車重=1110kg
エンジン=1.8L 直4ターボ
トランスミッション=7DCT
タイヤ=205/40ZR18(F) 235/40R18(R)
価格=790万円~

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ