大災害で自衛隊員がダントツに頼もしいワケ。訓練は「頭でわかった」先からが本番


 東日本大震災などで、自衛隊の災害派遣に携わった元陸自幹部の二見龍氏。近著の『自衛隊式セルフコントロール』では、日常生活から災害対応にまで幅広く役立つ自衛隊のノウハウが盛り込まれており、「背筋が伸びた!」「ハッとした」「すぐに役立つ」などと非常に好評だ。

 いつ襲ってくるかわからない大災害。生き延びるために、準備しておくべき訓練や手順の重要性について語ってもらった。

『自衛隊式セルフコントロール』はこちら

文/二見 龍(ふたみ りゅう) 写真/写真AC 


■訓練はイメージの動きと同じ動きができるまで行う

 頭の中で、「このイメージで動けば上手くいくな」とまとまると、もう自分ではできたように感じてしまいます。

 そのため、多くの人は頭の中でできるイメージが描けたら、次に進もうとしてしまいがちです。しかし、実際は頭の中のイメージでできただけであって、本当にできたわけではありません。イメージと現実には乖離があることを認識する必要があります。

 まず、「訓練は何のために行うのか」ということを理解することが重要となります。訓練は、イメージしたことが現実にできるかどうか確認すること、できなければできるようにするために行うものだからです。

 実際にやってみると身体が上手く動かない、仲間の理解が不足していて連携ができない、思ったよりも時間がかかってしまうなど、実動することによって、多くの気づきが出てきます。

■「その時」に頼りになるのは圧倒的な訓練量

 修正を加えてできるようにするためには、さらに訓練が必要となります。難しい状況を想定し、現実にできるかどうかを本気で追求すればするほど、その効果が上がります。

 これは一般に行われる、避難訓練や防災訓練も同様です。訓練にあたって「実際に逃げる必要があるのか」とか「わざわざ消火器で火を消す体験をする必要があるのか」などと考える人がいますが、他人がやっているのを見ているのと、当事者になって、体験・操作してみるのとでは、経験値に大きな差が生まれます。

 体験できる場が設けられている時は、恥ずかしいとか、面倒くさいなどと思わず、ぜひチャレンジしておいてください。そのうえで、忘れないよう、またスキルをアップできるよう、繰り返し訓練できる場を設けるのが理想でしょう。

 「その時」に生かせるよう練度を高めておきましょう。

次ページは : ■手順無視がケガや事故を生む