進化したアルピーヌA110は最強スペックとなる「S」と「GT」が登場


 フランスを代表するスポーツカーブランド「アルピーヌ」の復活とともに、リリースされたピュアスポーツカー「A110S」が初となるマイナーチェンジをフランス本国にて実施した。

 嬉しいことに日本への導入の準備が進められていることが、日本法人であるアルピーヌ・ジャポンより発表されている。そこでひと足早く、改良型となるアルピーヌA110の見どころを紹介したい。

文/大音 安弘、写真/アルピーヌ

【画像ギャラリー】マイナーチェンジしたアルピーヌA110は3タイプ有り


■3つの個性を持つ新アルピーヌA110

 アルピーヌは、2021年11月24日、ライトウェイトスポーツカーA110のマイナーチェンジを実施。フランスでは12月1日よりオーダーを開始することを発表した。新価格は、5万9500ユーロからとなる。

 アルピーヌA110は、2017年12月に行われたジュネーブモーターショーで正式デビューし、日本でも2018年より導入を開始している。これまで新モデルの追加や限定車の投入などを実施してきたが、全体的なモデルの改良は、今回が初めてとなる。

 新アルピーヌA110は、標準仕様となる「A110」に加え、より性能を強化したアグレッシブな「A110S」とグランツーリスモの「GT」の合計3タイプから構成される。従来型には、上質さを高めた「リネージGT」という限定車が用意されたが、新GTはカタログモデルとなる。

アルピーヌA110初のマイナーチェンジを実施。ベースとなるA110は正常進化を遂げた

■高性能バージョンのエンジンを強化

 A110のパワートレーンは、ミドシップに搭載された1.8L直列4気筒ターボにゲトラグ製7速DCTを組み合わせることは従来同様。ベースとなるA110のスペックは、最高出力252ps/6000rpm、最大トルク320Nm/2000~4800rpmと数値こそ同等だが、最大トルクが広範囲で発揮できるようになり、ファインチューニングを受けたことがわかる。

 一方、「S」や「GT」には、ハイチューン仕様となる性能が強化された。最高出力300ps/6300rpm、最大トルクは340Nm/2400~6000rpmを発揮。従来型「S」と比べると、最高出力が+8ps、最大トルク+20Nm各々向上されており、やはりトルクバンドの拡大も図られている。

新グレードGTも高出力仕様のエンジン仕様を採用する

次ページは : ■よりアグレッシブかつレーシーに進化した「A110S」

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ